ロードバイクの情報を発信しています!

マーク・カヴェンディッシュは、ツール・ド・フランスに向けてスロベニア・ツアーに出場

海外情報
https://twitter.com/markcavendish

マーク・カヴェンディッシュ(Dimension Data)は、13回目のツール・ド・フランスの準備として、ツアー・オブ・スロベニアに参戦します。

マークは、ツール・ド・フランスで30勝しており、エディ・メルクスの34勝まであと4勝です。これはベルナール・イノーと並んで歴代第2位の記録。

彼にとっても、チームにとっても、なんとしても勝利が欲しいところです。

スポンサーリンク

Tour of Slovenia

https://twitter.com/markcavendish

マークのツール・ド・フランスへの準備は2016年からツアー・オブ・スロベニアを使っています。

ただ、相性が悪いのか勝利したことはありません。

勝利に近かったのは2017年の最終ステージでサム・ベネット(Bora-​​Hansgrohe)についで2位になったのが最高。

 

今回の出場メンバーは

スタートリスト
  • ロマン・クロイッツゲル (KREUZIGER Roman) 33歳 クライマー
  • マーク・カヴェンディシュ (CAVENDISH Mark) 34歳 スプリンター
  • エドワード・ボアッソンハーゲン (BOASSON HAGEN Edvald) 32歳 スプリンター
  • ルイ・メンチェス (MEINTJES Louis) 27歳 クライマー
  • ジュリアン・ボェルモト (VERMOTE Julien) 30歳 ルーラー
  • ベルンハルト・アイゼル (EISEL Bernhard) 38歳 スプリンター
  • ベン・キング (KING Ben) 30歳 クライマー
  • レイナルト・ヤンセファンバーグ (JANSE VAN RENSBURG) 30歳 スプリンター

 

なんとスプリンターを4人も揃えました。

コースプロフィールを見ると、第1ステージと最終第5ステージだけがスプリント勝負できそうです。

https://tourofslovenia.si/storage/app/uploads/public/5ca/b83/9ad/5cab839ad1b7b540379319.pdf#zoom=100

第1ステージ

第1ステージは3級山岳がありますが、ゴールまで50キロ程度あるので最後はスプリント出来そうです。

 

https://tourofslovenia.si/storage/app/uploads/public/5ce/576/4b0/5ce5764b042ab052129054.pdf#zoom=100

第5ステージ

第5ステージもゴール手前30キロに3級山岳があります。下りで追いつけばゴール勝負にからめそうです。チームは頑張ってマークを牽引しないといけませんね。

 

キス病から回復

https://twitter.com/markcavendish

マーク・カヴェンディシュは、少なくとも2年間、彼を苦しめてきた感染性単核球症(キス病)から回復してきたと発表しています。

カリフォルニアツアーの記者会見で、血液検査の結果、過去2年間で数値が最も良くなったと報告しています。

「ここ数年、私は病気のため調子が良くなかった。やっと元気になり人間的になった」

 

ツアー・オブ・カリフォルニアのレースでは、全くレースにからめず。

スプリンターステージが少なかったのもあります。最終ステージてはDNF。そんなに簡単にはいかないようです。

 

 

彼は146回の勝利を収め、ツールでは30勝。ジロで15勝。2009年ミラノ~サンレモ獲得。

2011年にはコペンハーゲンで世界チャンピオンと輝かしい成績を収めてます。

まだまだ、活躍して欲しい選手です。ツールでの活躍を期待したい!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました