ロードバイクの情報を発信しています!

タディ・ポガチャルがツール・ド・フランスで使用したDTMシューズにダイヤモンドをちりばめてオークションに

機材情報
Photo by Tahlia Doyle on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

タディ・ポガチャルが2022ツール・ド・フランス最終ステージで使用したDTMのシューズがオークションにかけられる。

シューズには、合計 3.62 カラットの重さがあると言われている 138 個の天然ブラック ダイヤモンドが取り付けられている。

3.62カラットのダイヤモンドの通常買い取り価格は、平均で1千万円だ。オークションではどれくらいの値段がつくだろう。

 

スポンサーリンク

収益の85%はタディ・ポガチャルがん研究財団に

 

DTMのカスタムシューズは、ツール第7ステージでも使われていた。

 

オークションで得られた収益の85%はタディ・ポガチャルがん研究財団(Tadej Pogačar CancerResearchFoundation)に送られる。

上記動画のNFTも、オークションの落札者に送られる。

落札者には、2022ツール・ド・フランス最終ステージでタディ・ポガチャルが使用したシューズの物理的モデルも受け取ることができる。

 

ブラックダイヤモンドがついている Image credit: italianft

 

良くみると、DTMのロゴの部分にダイアモンドが取り付けてある。ダイヤモンドをつけたままタディ・ポガチャルが最終ステージを走ったとはちょっと考えられない。

もし、落車してダイヤモンドが落ちたら探すのが大変ですしね。走った後からダイヤモンドを取り付けたのでしょう。

138個のブリリアントカット、総カラット数3.62カラットのジュエリーは、がん研究のためにデザインされている。

最終的に、どれくらいの金額になるのかはわからないけど、がん研究のために使われるのは良いことだと思う。

オークションの詳細は以下のサイトで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました