ロードバイクの情報を発信しています!

エベレストチャレンジ最速記録をだしたローラン・マクラフランの5.5kgの驚異的なバイクが公開される!

機材情報
Photo by Roman Synkevych on Unsplash
この記事は約15分で読めます。

エベレストチャレンジの最速記録を20分も塗り替えた、ローラン・マクラフラン(RonanMc Laughlin)。

その脅威の記録を打ち立てたバイクが公開されている。これは以前にエベレストチャレンジで記録達成したリア3速のS-Works Tarmac SL6とは違う。

今回記録を更新したバイクは、更なる軽量化がはかられて重量は5.5kgに抑えられている。詳しくみてみよう。

 

スポンサーリンク

記録達成への綿密な計画

The fastest ever Everesting – Breaking a world record

 

上記のビデオでは実際に走っている様子が記録されている。この記録を達成するまで、かなり綿密な計画がされていることがわかる。

コンポーネントの重量、計算、以前のエベレストからのラップタイム、ギア比、理論上のビルドオプションの膨大なスプレッドシートがあった。

これらのデータは、現在シークレットシープクラブと名付けたグループからのサポートと提案と組み合わされて、今回使用したフランケンバイクに最終的に進化する出発点となっている。

エベレストチャレンジでは見過ごされがちだが、イベントの半分は下り坂となっている。だから、ローラン・マクラフランは下りで速く降下できるようにバイクを再設計している。

 

Giant TCR Advanced SL 2021

photo cyclingtips.com

バイクは、ジャイアントTCR Advanced SL 2021フレームセットを選択。

冬の間に、Speedplayのクリートをできるだけ後ろに動かし、自分自身をより小さなフレームに適合するようにZwiftでトレーニング。

タイムトライアルでCdA(抗力)の削減を達成するためによく使用される戦術だが、フレームを小さく、シートポストの長さを短く、ハンドル位置が低く、正面の面積が小さいこともエベレストチャレンジには役立つ。

フォームを改善することで、サドルは1cm下がり、ハンドル位置も下がり、正面の面積を小さくしている。

 

クリート位置は後ろに 下記動画より

Zwiftではフロントホイールを8度あげて走り、チャレンジに必要な筋肉とペダリングテクニックを高速でトレーニングしている。新しいクリートとサドル位置は出来るで低くして、モーションセンサーを使用して検証。

最終的なTCRは中型で、シートポストを切断する前の重量は772g。

 

ギアの選択

photo cyclingtips.com

 

重量とエアロの両方が主な考慮事項だが、効率とギア比も考慮する必要がある。前回は、39×32で7時間4分でエベレスト記録を達成したが、より大きなギアを選択することで、より速く乗る必要があった。

軽くて速いと自分に言い聞かせてこれを正当化していたが、同じギアは必要ないことは今回わかっていた。

最終的に、XTRとDura-Aceスプロケットの組み合わせを使用して、カスタムの7スピードカセットを作成した(一つは使えていない)。

計画では、44×35を最も頻繁に使用し、疲労が実際に発生した場合は44×40オプションを使用した。 

ギアサイズは少し大きめだったが、このギアリングを実現するために使用される組み合わせは大幅に増加した。

 

下記動画より

フロント39から44に、後部32から最大40Tスプロケットに切り替えた。これにより重量のペナルティはわずかになるが、スプロケットのサイズを大きくすると、効率が大幅に向上するはずだ。

より大きなスプロケットによるチェーンの関節の減少は、余分な歯ごとに推定3分の1ワットの節約を提供する。これはわずかな増加であり、全体では大幅な節約になる。

上り坂へのギアリングは非常に重要だったが、各ラップの下り坂の開始時にスピードを上げるために加速するのに役立ついくつかのオプションが必要だった。

 

8速あるが一つは使えていない 下記動画より

そのことを念頭に置いて、17Tまでのスプロケットを含めている。これにより、上下のターンアラウンド後の加速に大きな違いが生じた。

カセットから3つのスプロケットを取り外すと軽量化のメリットがあったが、主な理由は、残りのスプロケットをフリーハブの中央に移動することだった。

これにより、より直線的なチェーンライン、より少ないクロスチェーン、そして全体としてより効率的なドライブトレインが保証される。取り外したスプロケットの代わりにシングルスピードスペーサーを使用した。 

より中央に配置されたより大きなスプロケットは効率の向上をもたらしたが、問題もあった。標準のセットアップを実行した場合、ディレイラーは間違いなくカセットに引っかかる。

ウルフトゥースロードリンクは解決策を提供し、Bネジを調整することで、シフトは驚くほど良好となった。

Di2を選択したが、シフター一体型のR9160タイムトライアルブレーキレバーと組み合わせたR9150リアディレイラーを使用した。バッテリーはフレームのできるだけ低い位置に配置され、重心を下げてターンを少し速くした。

フロントディレイラーは、重量と空気抵抗の両方を節約するために捨てられた。

当初、バーの上部にDi2クライミングシフターを含めていたが、使用しなかったため、「Basecamp」(ハーフエベレスティング)に乗った後にそれらを削除した。  

 

下記動画より

ドライブトレインの効率を追求するために、Ceramic Speedに助けを求めた。デンマークのブランドは、コーティングされたオーバーサイズプーリーホイールシステム、UFO処理されたチェーン、コーティングされたセラミックボトムブラケット、およびコーティングされたハブベアリングを正式に義務付けられている。

 

下記動画より

究極のレース当日のみのアップグレードでは、これらのベアリングは、抗力をさらに低減するために、グリースを塗るのではなく、オイルを塗っていた。

 

フロントエンド

photo cyclingtips.com

 

ハンドルバーは、フラットタイムトライアルベースバーを選択。昨年、Tarmac SL6のドロップをカットして、わずかな重量を節約し、ハンドルバーの空気抵抗を減らした。

以前よりも、更に軽量化をしている。

 

下記動画より

標準のステムとバーのインターフェースの調整機能により、バーの角度を調整して、ブルホーンを快適にグリップすることもできた。

 

photo cyclingtips.com

TTベースバーは最小限の重量増加のために素晴らしいエアロゲインを提供したが、それでは満足しなかった。

ケーブルと、ブレーキキャリパーが風に突き出ていた。ドリルを含む多くのオプションを検討した後、TriRigDeltaを選択。

 

下記動画より

ケーブルとキャリパーを隠すことによるインスタントスーパーバイクの空気力学の主張に加えて、そのカットフィット調整機能により、それは完璧な解決策のように見えた。 

ただし、Deltaは、新しいフォークに適合しなかったAlphaバーと統合するように設計されている。

 

下記動画より

加工に使用したのは、弓のこ、いくつかのテープ、およびファイルを使った。ただ、この仕様だと保証を無効になることを本人も確信している。

最終的なサイズとカットのデルタは、総重量に約150 gを追加したが、バイクのフロントエンドをクリーンアップし、特に下りでのスピードは間違いなく上がっている。

 

eeブレーキの採用

photo cyclingtips.com

 

リムブレーキのセットアップはディスクブレーキよりも大幅に軽量であり、下り坂でのレイトブレーキングのスキルはすでに限界に達していると確信した。 

リムブレーキと決めたら、論理的な選択肢はCaneCreekのeeBrakesだけだった。ペアの重量はわずか172gで、昨年使用した1台のCampagnoloキャリパーと同じくらいの重さだ。

 

下記動画より

さらに重要なことに、ピンク、ターコイズ、シルバーのEl TD限定版は、私自身のデザインの好みを披露し、非常にステルスなバイクに必要な色を追加する機会を提供した。

 

超軽量ロードブレーキCane Creekから限定版カラーeeBrakes El TD Edition登場
世界最軽量のデュアルブレーキマウントを作成しているCane Creek。 Cane Creekから、限定版のカラーで作成されたeeBrakes El TD Editionが登場した。 eeBrakes El TD E...

 

下記動画より

唯一の問題は、フロントブレーキで、デルタフェアリングの後ろにそれらの1つを隠したことだけだ。

 

ペダル

下記動画より

当初、SpeedplayNanogramペダルを使用することを計画していた。ペダルあたり65gと驚くほど軽いので、それらは自然な選択肢だった。

残念ながら、これらのペダルによる軽量化の一部は短いスピンドルによるものであり、最終的には、これらは私の大きな足には短すぎることがわかった。

ありがたいことに、私はレビューのために新しいWahoo Speedplay Nanoペダルのセットを持っていた。

ナノグラムバージョンのSpeedplayクリートと、数グラムの節約のために使い捨ての取り付けハードウェアを使い続けた。 

 

下記動画より

クリートをGiro インペリアルシューズに取り付けた。

私はいくつかの軽いシューズのオプションを試したが、最終的にはGirosとそのダブルBoaダイヤルに落ち着き、7時間のライド中にその場でより多くの調整が可能になった。

かかとパッドを外すのを忘れていたので、数十ミリ秒よけいにかかったと思う。

 

 

サドル

CadexBoostサドル 下記動画より

プロエディションの131mm幅のCadexBoostサドルを選択。

93gのAX軽量からカーボンのみのサドルのオプションがあったが、27gを犠牲にしてBoostに追加のパッドを選択することにした。

 

下記動画より

昨年はBasecampのライドにフルカーボンオプションを問題なく使用していたが、Boostは通常乗るサドルの形状に似ていたこともある。

 

ホイール

photo cyclingtips.com

 

ホイールは、AX Lightness Ultra38TとCadexTubular 42mmリムを選択。AX Lightness Ultra38Tは前後でも965gしかない軽量ホイール。

最終的には、輸送中にフロントのCadexが損傷したため、前後のホイールが違っている。

AXLightnessがペアに1kg未満のクレイジーライトを提供したのに対し、Cadexホイールは空力的な利点を主張している。

これらのホイールには、Vittoria Corsa Speed2.0チューブラーが取り付けられていた。CorsaSpeedは、信じられないほど低い転がり抵抗と軽量で知られている。

これは、これらのタイヤを選択するときに私があまりにも気づいていた堅牢性を犠牲にしてもたらされている。

同じモデルのチューブラーが昨年同じ道路でエベレスティングスを生き延びたが、今年はそれほど幸運ではなかった。一度タイヤがバーストしている。

 

バーストしたタイヤ 下記動画より

下り坂でブレーキポイントをできるだけ遅く押し、少なくとも1回は後輪を一瞬ロックすることをしていた。

CorsaSpeedチューブラーは取り付け時に24mmで測定され、私は前部で74 psi、後部で76psiを選択。

 

データ収集

photo cyclingtips.com

ローラン・マクラフランは、サイクリングのパフォーマンス指標に関しては、かなりのデータオタク。

エベレストチャレンジに、Dura-Ace R9100pパワーメーターとElemntBoltにリンクされたWahooTickrを実行。これはかなり簡単な設定であり、試行の準備中に状況ははるかに詳細になった。

また、ボルトにリンクされていたのは、CORE体温センサーでした。私はこれをエベレストの準備として使用し、トレーニング中に中核体温を追跡していた。

ヒートランプテストを実行してヒートトレーニングゾーンを取得し、それを使用して熱適応の生理学的効果を達成した。

 

下記動画より

また、Basecampの試乗でCOREを使用して、冷却戦略と衣類の選択を評価した。当日、私はイベント後の分析目的でそれを着用することを選択し、ライドのために画面にコア温度を表示しないことを選択した。  

乗車の数週間前、ベースキャンプのテスト中、そしてエベレスト自体のために、私はスーパーサピエンスの連続血糖値モニターを着用した。

これはスマホのアプリとペアになって、血糖値、さまざまな食品への反応率についての洞察を与え、私の給油戦略を検証するのに役立ってくれる。

 

衣類について

下記動画より

Pactimo Summitの長袖スキンスーツを使用。

デザインと色の選択はトラフィックコーンを彷彿とさせ、このスーツはもともとドニゴールワイルドアトランティックウェイの超耐久ライドの夜間ルールに準拠するように設計されていたが、下り坂でもう少し目立つようになった。 

 

下記動画より

ヘルメットは、MET Manta MIPS。最近このヘルメットをレビューのために持っていた。

自分の持っているエアロヘルメットの中で最も軽い247gだった。MIPSテクノロジーを含めることは、 Mantaを使用する決定のもう1つの大きな部分だった。

 

下記動画より

最終的に、昨年のエベレスト中に滑り落ちたオーバーシューズをスキップすることを選択し、代わりに引き出しにあったGIRO EAATON EC90 SLXを使用。

 

ローラン・マクラフラン(RonanMc Laughlin)は、CyclingTipsのテクニカルライターなので記事も凄く詳しい。それに色々な新しい製品も試しているので、実際のチャレンジに生かされている。

 

詳しい動画は以下でどうぞ。
5.5kg Giant TCR: The bike that broke the Everesting world record

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました