ロードバイクの情報を発信しています!

CADEXから超軽量ハンドル CADEXレースハンドルバー登場  400mm幅で160g

機材情報
photo cadex-cycling.com
この記事は約3分で読めます。

CADEXは、ワンピース金型構造で出来たCADEXレースハンドルバーを発売。

形状は、一般的なハンドルだが驚くべきはその重量。420mm幅で160gという超軽量だ。380mmならば154gだ。

独自のワンピース成形プロセスにより、接着の必要がなくなり超軽量カーボンロードバーが製造されている。

 

スポンサーリンク

CADEXレースハンドルバー

こちらはプロモーションビデオ

 

形状は画期的なものではなく、72mmのリーチは適度に短く、125mmのドロップは浅すぎない。

画期的なことは、420mmで160gという重量と剛性。ステアリングコントロールだ。

 

まず主要はハンドルとの重量比較を見てみると

ハンドル重量比較 photo cadex-cycling.com

 

軽いとされるLightweight KOMPAKTBUCELで196g。200gを切る重量のハンドルはそれほど多くはない。

これを可能にするのが、独自のワンピース金型構造だ。

 

photo cadex-cycling.com

 

通常カーボンハンドルの見た目はワンピースにみえるけど実際にはそうではない。

  • トップ
  • 両側のドロップ

3つのパーツからなりたっており、接合されているのが普通。この場合の欠点は、接合部周りの潜在的な屈曲、内部に残る余分な接着材料、余分なオーバーラップ材料が重量増となる。

CADEXは、上記の全てを回避し、ワンピース構造としている。

 

photo cadex-cycling.com

 

製法については、CADEXホイールのフレックスリムに見られる最先端のカーボンレイアップテクノロジーを使っているが、詳細は秘密だ。

 

photo cadex-cycling.com

 

ドロップはフレアではなく、72mmのリーチと組み合わせた楕円形で、いたって普通の形状。125mmのドロップとなっている。

 

CADEXレースハンドルバーの仕様

photo cadex-cycling.com

 

  • 構造:フルカーボンバー
  • クランプ径: 31.8mm
  • 幅: 380mm | 400mm | 420mm | 440mm
  • ドロップ: 125mm
  • リーチ: 72mm
  • 重量: 154g(380mm)| 157g(400mm)| 160g(420mm)| 165g(440mm)
  • 価格:370ドル(約4万円)

普通のカーボンハンドルは200g台なので相当軽量なことは間違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました