ロードバイクの情報を発信しています!

CCCのスポンサー離脱によりグレッグ・ファン・アーベルマートはプランBも考える

海外情報
photo Greg Van Avermaet instagram
この記事は約4分で読めます。

Team CCCのメインスポンサーであったポーランドのシューズメーカーCCCの2020年一杯でのスポンサー契約離脱が正式に決定した。

 

チームは引き続きメインスポンサー獲得を目指して活動している。

これに対してチームを支えてきたグレッグ・ファン・アーベルマートも新しいメインスポンサーの獲得を熱望しているが、早期にスポンサーが見つからない場合にはプランBも考えていると言う。

グレッグ・ファン・アーベルマートは、プランBの移籍となってしまうのだろうか?

 

スポンサーリンク

プランBの可能性は

photo Greg Van Avermaet instagram

関心のあるチームはたくさんある。私のパフォーマンスはまだ残っており、昨シーズンのUCIランキングで最高のワンデーライダーだった。

勝利数こと3勝と少ないが、UCIポイントランキング6位。チームのポイントのほとんどを稼ぎ出している。

2011年からGMのジム・オショウィッツと共に歩んでいる彼は、それが未来の自分を安心させていると言う。

 

ベルギーのチームの興味について尋ねられたとき、彼は笑って答えた。

それは予算内に置かれる必要がある。それほど単純ではない。まだ、わからないが、短期間でスポンサーが見つからなければ、プランBになる。

ベルギーのチームとなると、 Deceuninck-Quick Stepか、Lotto Soudalになるが両チーム共に経営はかんばしくない。

彼ほどの選手を雇えるチームは限られてくるかもしれない。

 

チームを信じたい

photo Greg Van Avermaet instagram

グレッグ・ファン・アーベルマートはBMCが解散となった時も、最後までチームに残った。GMのジム・オショウィッツには育てられた恩があり、彼のために働きたいと思っていたのだ。

 

彼は移籍にはオープンだが、あまり早く結論を出したいとは思っていない。

それは通常のシーズンではない。シーズンが後半で再開するため、転送ウィンドウのバランスが崩れている。将来について確実なことを提供することは困難だ。

いくつかの契約が調印されているが、すべてはこれから着手する。適切な瞬間を待たなければならない。

すぐにはチームを離れない。しばらくの間自分を空けておく。新しいスポンサーが出てくるかもしれないが、私もそう願っている。

このチームのために10年間走っており、これを失うことは残念だ。関心のあるスポンサーがいることを望んでいる。

チーム存続するならば、あくまでもこのチームで走りたいという思いは強いようだ。義理堅い人だ。

 

レーススケジュール

photo Greg Van Avermaet instagram

ベルギーでは50人以上のレースも7月1日から可能となっている。だが、グレッグ・ファン・アーベルマートの目標はストラーデ・ビアンケとポーランドツアーだ。

そのために、7月は高地トレーニングに向かう予定だ。Team CCCのスポンサーは見つかるだろうか?

サイクリングに興味を持っている企業はあるだろうが時期が悪い。とても厳しい状況であることは全員わかっているだろう。

間違いなくわかっているのは、CCCと名前のつくチームが無くなることだ。来シーズン新たなスポンサーで走れることを願っておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました