ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマス、モスコンと次々とリタイヤ 何があったのか?

海外情報
https://twitter.com/TeamSky

今年のツール・ド・フランスで2連覇を狙う、ゲラント・トーマスがティレーノ〜アドリアティコ第4ステージでリタイヤ。

ジャンニ・モスコンも第2ステージでリタイヤしています。

彼らに何があったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ゲラント・トーマスは第4ステージ133キロ地点でリタイヤ

https://twitter.com/TeamSky

昨年のティレーノ〜アドリアティコでは、途中まで総合リーダーとしてレースを進めていた。

クイーンステージでのチェーントラブルにより、遅れてしまった。そのためにチームメイトのミカル・クウィアトコウスキーの総合優勝のためにアシストにまわったのだ。

そのために2018年のティレーノ〜アドリアティコでは総合3位という結果となっている。

2017年には、ティレーノ〜アドリアティコに初出場。その時には総合5位で終わっている。だが、初日のチームタイムトライヤルでトラブルに巻き込まれたのだ。それがなければもっと上位に食い込んでいたはず。

 

つまり、これまでもトーマスがティレーノ〜アドリアティコで総合優勝をしても何も不思議はなかったのだ。

実は、トーマスは数日前から胃腸の不調に見舞われていた模様。

昨日、レースの後にインタビューされていた時にも調子は良くなかった模様。

インタビューの内容はこちら

 

第4ステージスタートのフォリーニョではリラックスしていたようだが、追い風の影響でステージはFossombroneへのライドはとても速かった。スタートして最初の2時間でAV45.7km/h。

 

http://www.cyclingnews.com/news/geraint-thomas-abandons-tirreno-adriatico/

 

トーマスはルマルシェの丘の急坂でゆっくりと走り、道の脇で止まった。それからチームスカイのレースカーの前部座席に座った。スタートから133キロ地点でのことです。

チームスカイは、彼が胃腸の問題に苦しんでいたことを確認。

「実はこの2、3日、胃腸の調子が悪かったんだ。スタートしたら大丈夫だろうと思っていたけど、やっぱりだめだったね。

走っても何の恩恵も得られないだろうから、休むことにしたよ。家に帰ってゆっくりして、来週にはトレーニングに戻りたいね」

とトーマスは語った。

 

彼の今後の予定は、高地トレーニングを積んだあとに、バスク1周のステージレース。

その後、ツール・ド・ロマンディと続きます。ジロ・デ・イタリアに出場するという噂もありましたが、ツール・ド・フランスに集中して2連覇を目指すことに。

続いて、ジャンニ・モスコンのリタイヤのニュースです。彼には何が??

 

ジャンニ・モスコン

https://www.cyclingweekly.com/news/racing/gianni-moscon-abandons-tirreno-adriatico-due-feeling-strange-earlier-crash-410765

ジャンニ・モスコンと言えば、レース意外での言動とか、昨年のツール・ド・フランス第15ステージでは、スタート直後にジェスベール(フォルトゥネオ・サムシック)の頭にパンチ。

レース中にどついて、相手を倒したりとか^^;

ただ、その走りは圧巻で昨年の世界選手権でもイタリアのエースとして5位フィニッシュ。

タイムトライヤルでは国内チャンピオン。クラッシックも強く、山岳でのアシストもこなす。

2017年のブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージの山頂ゴールでのシーン。総合優勝候補であったロマン・バルデ、ヴィンチェンツォ・ニーバリやファビオ・アルなどが次々と脱落していく中、マイヨ・ロホのフルームを最後まで牽引したのがモスコンだった。

ラスト600mまでモスコンが引き続けたのだ。この牽引にはフルームも、感謝をするほど。

 

モスコンの不調

Guilin - China - wielrennen - cycling - cyclisme - radsport - Pascal ACKERMANN (Germany / Team Bora - hansgrohe)  pictured during stage 6 of the Tour of Guangxi from Guilin to Guilin (169 KM) - photo LB/RB/Cor Vos ゥ 2018

チームスカイのスポーツディレクターのマッティオ・トサットはイタリアの新聞La Gazzetta Dello Sportに次のように語った

「残念ながら、UAEツアーでのクラッシュの後、彼はうまく回復しませんでした。足がいつもこわばっていると感じていて、ペダリングしている間足が緩むことはないと言います。我々はすべての検査をしましたが、原因は良くわからない。

影響はStrade Biancheでも出ていた。ティレーノ〜アドリアティコのチームタイムトライアルでも、いつものGianniではないことがわかりました」

モスコンは、片手でハンドルバーを握り、かなりスピードが出ていた状態で落車。

ペダリングに影響が出ているというのは気になる所です。

モスコンは、ミラノサンレモからフランダースツアー、そしてパリ~ルーベまで、春のクラシックレースに出場の予定。

彼のグランドツアーカレンダーはエガン・ベルナルのアシストのために、ジロ・デ・イタリアに出場します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました