ロードバイクの情報を発信しています!

エリア・ヴィヴィアーニの使用するDMT KR1

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review 機材情報
この記事は約4分で読めます。

KR1はエリア・ヴィヴィアーニが使用したことで有名になり、イタリアナショナルチャンピオンの勝利に向けて重要な役目を果たしました。

KR1のサイクリングシューズは技術的に進歩した製品であるという利点を持っています。

特徴は、ニット素材を使用した3Dメッシュ構造のアッパーで、柔らかなフィット感とペダリングパワーの逃げないホールド感にあります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@lavuelta Stage 2 ✅ hot and hard day but we have fun😂 📸 @gettysport

Elia Vivianiさん(@eliaviviani)がシェアした投稿 –

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

DMT   KR1    INFOMATION
  • アッパー素材:3Dニット
  • アウトソール:アナトミックカーボンソール
  • 重量:240g(41サイズ)
  • クロージャー:BOA IP1
  • サイズ:37、38、39、40、41、42、43、44(ハーフ39.5〜43.5)
  • カラー:オレンジ/ブラック
  • 実測重量:254g

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

このシューズを履いている間は、縫い目を忘れて、圧力ポイントを忘れてください。

それを可能にしているのはニット素材。最近の高級シューズで使われていますね。

実際に靴下と同じようなフィット感を持ったシューズとなっています。このコンセプトと3D Knitテクノロジーのおかげで、足を正しく支える3Dメッシュが生まれました。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

快適さと換気。DMTの特徴である袋縫い製法を採用。アッパー素材を靴底で縫う製法で足を包み込むような柔らかい履き心地を実現している。

靴の内側には、Boa®ローターを固定するのに非常に薄い穴の開いた極細繊維層、パディングの軽い層、そしてかかとの動きを避けるためにシリコンポイントが貼られている箇所があります。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

足底の先端には、強化プラスチックプレートが入っており、剛性を高める工夫がされている。

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

ソールはUDFAW 150カーボンで作られていて、剛性指数は15。

DMTは、手足の解剖学的構造を最大限に尊重し、アーチをしっかりと支え、ペダルを押す段階で絶対的な利点を提供するという点で、非常に優れています。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

先端には空気取り入れ口があり、靴の中の換気を供給する利点を持ち、換気は常に3D Knitアッパーのおかげで優れています。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-reviewhttps://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

単一のBoa®IP1ローターは、均一なクロージャーを保証します。これは、ケーブルの正しい配線だけでなく、アッパーの構造に組み込まれたしっかりとしたワイヤーによって可能になります。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

アッパーは信じられないほど軽量で包み込まれていますが、ソールは剛性が高く、適切に成型されているので、ペダリングで最大限の推力が得られます。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

3Dニットは革新的なコーティングを形作るという大きなメリットがありますが、このように形作られたソールはアーチを強力に支えます。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

外側のアッパーは先端部分とヒール部分を防水し、着色することを可能にする素材で覆われています。一方、ラバーヒールは徒歩での短い走行時の安定性を保証します。

 

https://www.tuttobicitech.it/article/2019/05/27/1558975914/dmt-kr1-semplicemente-uniche-review

 

DMT KR1のメリットの一つは換気です。最も暑い時に威力を発揮します。気温の上昇とともに、それが感じられると思います。

KR1の開発には、イタリアチャンピオンのエリア・ヴィヴィアーニが関わっています。彼のスプリントを見ると、このシューズの品質の高さが伺えます。

KR1は2色あります。ヴィヴァーニはオレンジを使用してます。

 

私もDMTのシューズを持っていて、今もローラーを乗る時に使用してます。ホールド感はありますね。ただ素材が違うのでニットだったら、もっと履き心地が良いのでしょうね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました