ロードバイクの情報を発信しています!

クイックステップがツールのメンバー発表。山岳賞とステージを狙っていく

海外情報
https://twitter.com/deceuninck_qst
この記事は約7分で読めます。

Deceuninck-Quick Stepがツール・ド・フランスのスタートリストを発表。

ジュリアン・アラフィリップの山岳賞とエリア・ヴィヴィアーニのスプリント勝利。

そして、エンリク・マスの総合も狙っていくという豪華なメンバー。

北のクラッックではウルフパックが大活躍したが、ジロではエリア・ヴィヴィアーニの勝利もなくチームとしての存在感もなかったような~。

このツール・ド・フランスでの活躍が期待される。

 

スポンサーリンク

Deceuninck-Quick Step スタートリスト

Deceuninck-Quick Stepは、ツイッターでメンバーを発表。

 

 

メンバーの構成をみると、スプリンターはエリア・ヴィヴィアーニのアシスト。

あとは、山岳賞のジュリアン・アラフィリップのアシストとなりそう。

 

ツール・ド・フランス
Deceuninck – Quick Step スタートリスト
  • ジュリアン・アラフィリップ(ALAPHILIPPE Julian)27歳 オールラウンダー
  • カスパー・アスグリーン(ASGREEN Kasper)24歳 ルーラー
  • ドリス・デヴェナインス(DEVENYNS Dries)36歳 クライマー
  • エンリク・マス(MAS Enric)24歳 クライマー
  • イヴ・ランパールト(LAMPAERT Yves)28歳 ルーラー
  • ミケル・モルコフ(MØRKØV Michael)34歳 スプリンター
  • マキシミリアーノ・リケーゼ(RICHEZE Maximiliano)36歳 スプリンター
  • エリア・ヴィヴィアーニ(VIVIANI Elia)30歳 スプリンター

 

エリア・ヴィヴィアーニ

 

エリア・ヴィヴィアーニのアシストを詳しくみていくと

  • イヴ・ランパールト
  • ミケル・モルコフ
  • マキシミリアーノ・リケーゼ
  • カスパー・アスグリーン

4人のライダーがリードに専念。

昨年は、フェルナンド・ガビリアがツール・ド・フランスに出場したので、エリア・ヴィヴィアーニの出場はなかった。

エリア・ヴィヴィアーニのツール・ド・フランスはこれで2回目となる。ジロで勝利がなかったこと、そして今回のツール・ド・フランスのスタートはベルギーのブリュッセル。

Deceuninck-Quick Stepはベルギーのチームであり、初日のスプリンターステージでエリア・ヴィヴィアーニのかかる重圧は相当なものだろう。

チームは万全の体制でゴールを狙ってくるだろうから、各チームのスプリンターとの闘いが見ものだ。迫力あるスプリント勝負が期待出来そうだ。

 

エンリク・マス

https://twitter.com/EnricMasNicolau

昨年のブエルタ・ア・エスパーニャで2位だったエンリク・マスは、ドリス・デヴェナインスが彼をサポートする。

「彼は私たちの総合を狙う男ですが、同時に、彼のツール・ド・フランスデビューでもある。

彼は、ブエルタで3週間コンディションを維持できることを証明したが、これはツールであり学ばなければならない」

と、チームディレクーsportif Tom Steelsはマスについて語った。

エンリク・マスは、フラットステージでも良いポジションに位置していないといけない。誰もが前のポジションをキープしようとするのでチーム力も必要となる。

ツール・ド・スイスでは総合9位に入っているが、ツールではどこまで順位を上げられるか。

気を抜けるステージのない初めてのツールでどれだけのパフォーマンスを発揮出来るのか注目して見てみたい。

 

ジュリアン・アラフィリップ

昨年のツール・ド・フランスでは2勝をあげ、山岳賞も獲得。

2019年は傑出したライダーとなった。

ここまでの成績は

2019
優勝レースのみ
  • Vuelta a San Juan Internacional (2.1) Stage 2 優勝 Stage3 TTT優勝 総合2位
  • Colombia 2.1 (2.1) Stage 5 優勝 ポイント賞獲得
  • Strade Bianche (1.UWT) 優勝
  • Tirreno-Adriatico (2.UWT) Stage 2 優勝 Stage 6 優勝
  • Milano-Sanremo (1.UWT)  優勝
  • Itzulia Basque Country (2.UWT)  Stage 2 優勝
  • La Flèche Wallonne (1.UWT)   優勝
  • Critérium du Dauphiné (2.UWT)  Stage 6 優勝    山岳賞獲得 

 

実に一人で10勝もしている。当然、UCIポイントランキングでもログリッチェやアレハンドロ・バルデルデを引き離して第1位だ。

アラフィリップは、ツール・ド・フランスの前哨戦としてツール・ド・スイスで山岳賞の予行演習をすませている。

ツールと同じように、山岳では逃げ続けて隙あらばステージも狙っていくという貪欲な走りをみせてくれた。

 

「彼と一緒にあなたは驚かされること間違いないだろう。最初の週でさえ、彼に合ったいくつかのステージがある。

コースが彼に適しているとき、彼はステージを狙っていく。チームは彼をサポートすることになる」

と、チームディレクーsportif Tom Steelsは語っている。

 

ツールのメンバーには若いカスパー・アスグリーンも入った。Amgen Tour of California (2.UWT)ではポイント賞も獲得し、ステージ優勝もしている。

ツール・ド・スイスのタイムトライヤルでも5位に入っており、フラットステージでも山岳でもよい走りを見せてくれそうだ。どこかのステージで上位に入ってくれそうで密かに期待している。

 

チームとしては第2ステージのチームタイムトライヤルも大きな目標だ。ここでトップタイムを出せば数日間イエロージャージを着用出来る。気の抜けないステージが続くことになる。

ジロでは輝きを見せなかったDeceuninck-Quick Step。ツールでは再びレースの主役として活躍してくれるだろう。いや、活躍してほしい(^^;

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました