ロードバイクの情報を発信しています!

オリンピックメダリストがデザインした電動自転車トレーラーCyberdrop

機材情報
Photo credit: cyclingshepherd on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

全くの初心者から4年間で、 2012年ロンドンオリンピックのボート競技で銀メダルを獲得した、ジェレマイア・ブラウン。

彼は2021年にマウンテンバイクで旅行をしたけれど、毎晩テントでは良く眠れなかった。このことから、市販の自転車用キャンピングカーを探したけれどなし。

そのため、自分でCyberdropをデザインしている。

 

スポンサーリンク

電動自転車トレーラーCyberdrop

 

トレーラーは、溶接された 6061アルミニウム フレーム、足元の収納エリアを含2.4mのベッド長、背の高いユーザーでも快適に座ることができる1,168mmのキャビン高を備えている。

着替えたり、食事の準備をしたり、ただぶらぶらしてリラックスしたり。

 

Image credit: cyberdrop

 

トレーナー内部は、押出ポリスチレンシートで断熱されており、さらに内部のアルミニウム表面はすべてネオプレンで覆われており、結露を防いでくれる。

さらに、キャビン全体は耐久性に優れたハルライナー生地で仕上げられている。

電動ルーフベントもあり、冷却と空気循環も可能。Cyber​​drop の前輪には Grin Technologies のハブ モーターが組み込まれているため、牽引する電動自転車がすべての作業を行う必要もない。

 

Image credit: cyberdrop

 

ソーラーパネルもあり、走りながらある程度の充電も可能。8時間のバッテリー充電で最大209kmの航続距離を実現できると主張されている。

納期の見通しが立ったら予約注文の受け付けを開始する予定だ。電動自転車は含まず、価格は約8,999 カナダドル(約95万円)。

 

下記は自分でトレーナーを作った人の動画。器用な人なら作れるかも。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました