ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第2ステージ フィリッポ・ガンナのマイヨローザは守れたのか?

海外情報
Photo by Raffaele Reccia on Unsplash
この記事は約9分で読めます。

ジロ開幕戦の個人タイムトライやルで圧倒的タイムでマリアローザを獲得したフィリッポ・ガンナ。

安全を第一に考えて無理しなかったというのにトップタイムをたたき出した。しかも22秒もの差をつけたのだから流石としかいいようがない。

さすがは世界チャンピオンの走りだ。今日はフィリッポ・ガンナのマリアローザを守れるかがレースの焦点となる。

 

スポンサーリンク

第2ステージ アルカモ~アグリジェント 149㎞

ジロ第2ステージ photo giroditalia

スタートからいきなり上がりだす丘陵ステージ。一つ目のスプリントポイントを過ぎるとあとは下り基調でゴールを目指す。

 

アグリジェントの登りゴール photo giroditalia

ゴール手前のスプリントポイントを過ぎると、最後は登りゴール。途中の勾配は6%を越えており一気に登れる勾配とは思えない。

純粋なスプリンターが残れるとは思えないが、サガンならいけるかな。

ジロでは、中間スプリントポイントにもボーナスタイムが設けられている。タイム差が少ないときには、ここも重要となってくるはずだ。

  1. 1位 3秒
  2. 2位 2秒
  3. 3位 1秒

 

5人の逃げが確定

photo cyclingstreamストリーミングより 以下同様

逃げにはトーマス・デヘントが入っている。タイム差をコントロールしながら逃げるだろうが、逃げ切れる可能性は少ない。

 

  1. 4. ベン・ガスタウアー(Ben Gastauer)AG2R La Mondiale
  2. 11. マティア・バイス(Mattia Bais)Androni Giocattoli-Sidermec
  3. 47.アレッサンドロ・トネッリ(Alessandro Tonelli )Bardiani-CSF-Faizanè
  4. 122. トーマス・デヘント(Thomas De Gendt)Lotto Soudal
  5. 216. エティエンネ・ファンエンペル(Etienne van Empel)Vini Zabù-Brado-KTM
 
 

タイム差が3分ほどまでに開いたところで、イネオスが集団コントロールに。ガンナは193cmと高いので後ろにいても良くわかる。

 

逃げの鍵をにぎるのはトーマス・デヘント。せっかく貰った逃げのチャンスだから、どこまで逃げれるのかも見ものだ。

 

 

トーマス・デヘントが中間スプリントポイントを1位通過。

 

残り37キロで1分30秒までタイム差が詰まってきた。もう後ろからはサポートカーの隊列が見えているだろう。

 

先頭には3チームが1名ずつ出して先頭交代。それぞれチームのスプリンターを勝たせるために引いている。

  • Tesm Sunweb マイケル・マシューズ
  • BORA サガン
  • UAE ディエゴ・ウルッシ

UAEは第1ステージのTTで3位となったミッケル・ビョーグがマリア・ビアンカのジャージを着て先頭交代要員に送り込んでいる。私的には活躍が見れて嬉しい!

 

2つ目のスプリントポイントもトーマス・デヘントが獲得。この後、後ろまで迫っていた集団に全員飲み込まれる。

 

パワー表示が出ているが、ケイデンス100で400W以上で進んでいる。

 

集団後方では、98. ジェームス・ウエーラン(WHELAN James)が落車。アヒルジャージはプレゼンテーションで罰金。

 

 

203. ヴァレリオ・コンチ(Valerio Conti)がディエゴ・ウルッシ(Team UAE)を引きまくる。

 

最後は、3人の勝負となる。

  • 51. ペーター・サガン(Peter Sagan)
  • 84. ミッケルフレーリッヒ・ホレノ(Mikkel Honoré)
  • 201. ディエゴ・ウルッシ(Diego Ulissi)

サガンが良い位置につけていたが、ディエゴ・ウルッシのモガキをまくれなかった。ディエゴ・ウルッシは一気に総合10位まで上がってくる。

 

こちらはハイライト
Giro d'Italia 2020 | Highlights | Stage 2

 

ステージリザルト

スマホの場合にはスワイプしてみてください
RnkRiderTeamTime
1 Ulissi DiegoUAE-Team Emirates3:24:58
2 Sagan PeterBORA – hansgrohe,,
3 Honoré Mikkel FrølichDeceuninck – Quick Step,,
4 Matthews MichaelTeam Sunweb0:05
5 Wackermann LucaVini Zabù – KTM,,
6 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step,,
7 Brambilla GianlucaTrek – Segafredo,,
8 Nibali VincenzoTrek – Segafredo,,
9 Bilbao PelloBahrain – McLaren,,
10 Hamilton LucasMitchelton-Scott,,

 

 総合順位

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 Ganna FilippoINEOS Grenadiers3:40:27
22 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step0:22
34▲1 Thomas GeraintINEOS Grenadiers0:23
45▲1 Foss TobiasTeam Jumbo-Visma0:31
56▲1 Černý JosefCCC Team0:36
67▲1 Sobrero MatteoNTT Pro Cycling0:40
711▲4 Tratnik JanBahrain – McLaren0:42
817▲9 Yates SimonMitchelton-Scott0:49
918▲9 Kangert TanelEF Pro Cycling,,
1038▲28 Ulissi DiegoUAE-Team Emirates0:54

 

ポイント賞

RnkRiderTeamPnt
1 ULISSI DiegoUAE-Team Emirates25
2 SAGAN PeterBORA – hansgrohe19
3 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step17
4 GANNA FilippoINEOS Grenadiers15
5 DE GENDT ThomasLotto Soudal12
6 HONORÉ Mikkel FrølichDeceuninck – Quick Step12
7 BJERG MikkelUAE-Team Emirates9
8 MATTHEWS MichaelTeam Sunweb8
9 BAIS MattiaAndroni Giocattoli – Sidermec8
10 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers7

 

山岳賞

RnkRiderTeamPnt
1 SAGAN PeterBORA – hansgrohe4
2 ULISSI DiegoUAE-Team Emirates3
3 ZABEL RickIsrael Start-Up Nation3
4 DE GENDT ThomasLotto Soudal3
5 BAIS MattiaAndroni Giocattoli – Sidermec2
6 HONORÉ Mikkel FrølichDeceuninck – Quick Step1
7 BALLERINI DavideDeceuninck – Quick Step1
8 VAN EMPEL EtienneVini Zabù – KTM1

 

新人賞

RnkRiderTeamTime
1 GANNA FilippoINEOS Grenadiers3:40:27
2 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step0:22
3 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma0:31
4 SOBRERO MatteoNTT Pro Cycling0:40
5 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates0:59
6 HONORÉ Mikkel FrølichDeceuninck – Quick Step,,
7 O’CONNOR BenNTT Pro Cycling1:00
8 OOMEN SamTeam Sunweb1:11
9 KNOX JamesDeceuninck – Quick Step1:13
10 HINDLEY JaiTeam Sunweb1:15

コメント

タイトルとURLをコピーしました