ロードバイクの情報を発信しています!

コフィディスが2022年の新しいユニフォームを発表

機材情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

フランスのコフィディスも2022年の新しいユニフォームを発表した。

コフィディスは、男女平等の理念を掲げており、女子チームも発足させている。

 

発表では、男女のチームが一緒に写真撮影。まだ、詳しくは公表されていないけど、赤を基調にしたデザインは変わっていない。

 

スポンサーリンク

2022年のユニフォーム

 

上記の動画では、良くわからないので静止画で見てみると。

photo Cofidis

 

これまでは、肩から腕にかけてレッドで彩られていたけど、2022年からは下半分が赤となっている。

タイトルスポンサーであるコフィディスの文字が縦方向に。肩にも描かれている。

また、コフィディスのロゴである明るい黄色の太陽は背中に移動し、黒いショーツとの組み合わせで「より強いインパクトを与える」ようになっている。

デザインは、ボーランド代表チームのジャージのデザインにも似てますね。

 

 

チームでの撮影があったばかりなので、新ジャージの詳しい画像はこれからでしょう。

チームは、コィディスグループがサイクリングプログラムとのパートナーシップを2025年まで延長している。

コフィディスは1982年創業で、金融関係全般を扱っており、保険商品、携帯電話サービス、消費者ローン、銀行サービスなど幅広い業種の企業となっており、経営は安定している。

 

チームは、パラサイクリングもサボートしており、男子ワールドツアーチームの予算を毎年150万ユーロ増加させる意向であることを発表している。

フランスの老舗チームは、まだまだワールドツアーで活動を続けていく。チームとしては、地元ツール・ド・フランスでの勝利が欲しいところでしょうね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました