ロードバイクの情報を発信しています!

フロントシングルのワイヤレスClassified Power Shift ハブがプロレースで使用される!

インプレ
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

フロントシングルでありながら、ダブルチェーリングと同じように変速することの出来るワイヤレスClassified Power Shift ハブがプロレースで使用された。

ツール・ド・ハンガリーでUno-X Pro Cycling Teamの選手が使用しているのが発見されている。

Classified Power Shiftは2020年7月に発表されており、ロードやグラベルバイクの市販車にも搭載されていた。

 

スポンサーリンク

Classified Power Shift ハブ

 

使用したのは、Uno-X Pro Cycling Teamのアンソニー・チャーミグ。ツアー・オブ・オマーン第3ステージで優勝した将来有望なライダーだ。

 

 右がアンソニー・チャーミグ 上記写真の拡大

 

使用したのはアンソニー・チャーミグのみ。

ツール・ド・ハンガリー第5ステージの登りゴールでは10位に入っておりClassified Power Shiftの性能は問題ないことが証明されている。

 

Image credit: Getty Images

 

更に接近した写真では、Classifiedの名前が見える。

Classifiedのシステムは、ハブが違うのとスルーアクスルで無線信号を拾うので専用のものが使われている。

では、何故プロレースでフロントシングルのワイヤレスシステムを採用したのか?

 

考えられるのは

  • 空力的な改善
  • チェーンの脱落防止
  • シフト効率が高く、負荷がかかった状態でのシフトチェンジが可能
  • フロントディレーラーが不要で重量は同じ
  • メンテナンスフリー

 

今シーズン、プロレースでは12速コンポーネントと11速コンポの混在でチェーン落ちの問題が増えている。

 

フロントシングルならば、変速でチェーンが落ちる心配もない。しかも、ワイヤレスなのでペダルを踏みながら変速したりとか、力を抜いて変速なども考えなくて良い。

パワーロスがないということだ。フロントディレーラーが要らなければ、調整の必要もないし重量も軽減できる。

結構、いいことづくめだ。

 

本格的採用の問題点は?

ボタンはエンドバーに Image credit: JAMES SPENDER

 

ただ、問題がないかと言われとそうでもない。

問題は、パンクした時だ。チームサボートカーが近くにいれば、Classifiedのスルーアクスルを使用したホイールを交換すれば良い。

しかし、近くにいない場合には、Shimanoのサボートカーやサポートバイクからホイールを貰うことになる。

そうなると、フロントの切り替えがClassifiedで出来なくなるので平地はよくても、登りではフロントギアのまま走らないといけなくなる。

 

photo classified-cycling.cc

 

多くのチームが採用しないと、ShimanoサボートカーにClassifiedのホイールが積まれることはない。Shimanoが他のメーカーのシステムを使うのも考えづらいし。

今後、Uno-X Pro Cycling TeamがClassified Power Shift ハブを採用し続けるのかは不明。本格的にチームをサボートしてくれるようになると使うのでしょうけど。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました