ロードバイクの情報を発信しています!

CervéloはTeam Jumbo-Vismaのフィードバックを受けてCervélo R5をようやく発売

機材情報
photo Cervélo
この記事は約6分で読めます。

すでにTeam Jumbo-Vismaのライダーがツールやブエルタで乗っていたCervéloの2022モデルのCervélo R5がようやく発売となった。

これまで目撃されてきた通りで、フロントエンドを作り直し、フレームセットの重量を減らし、その他のいくつかを更新して登場だ。

 

スポンサーリンク

Cervélo R5

Team Jumbo-VismaのメンバーがCervélo R5に乗っている所を見せている

 

Cervélo R5
特徴
  • 新フレームは前モデルより130g軽量化
  • 新しい329gフォークは、フロントエンドにより多くのコンプライアンスをもたらす
  • エアロの調整により25gの抗力が節約
  • 703gフレーム、329gフォーク= 1,032g
  • タイヤクリアランスは34mm

 

Cervéloは以前のR5で、これまでに製造した中で最も剛性の高いロードフレームであると自慢していた。

だが、Jumbo Vismaライダーからのフィードバックを受けて、CervéloはR5の剛性ではなく、快適性に新たな焦点を当てたレースバイクとして進化させた。

2022モデルのR5で、Cervéloのレーシングオールラウンダーの第4世代となる。

 

photo Cervélo

 

ボトムブラケットの周りのチューブプロファイルは同じ。具体的なフィードバックは、バイクのフロントエンドに関するもの。

Cervéloのデザイナーは、ヘッドチューブの周りのレイアップとチューブの形状を変更することで、長いロードステージでバイクをより寛容にすることができると主張している。

 

photo Cervélo

 

フォークの構造は、フロントエンドの特性に大きな影響を及ぼす。以前のR5のコンプライアンスの問題に関して最も声高だったと思われるトム・デュムランは、新しいバージョンの初期のテストの多くを実行し、前のバージョンよりも大幅に改善されたと感じている。

デュムランはポジションの問題で悩んでおり、当然新しいバイクでは改善を求めていた。

 

チームは、以前のR5のフロントエンド、特にフォークの過酷な感触について不満を表明していた。

一部のライダーは、前のバイクの登山能力が明らかに硬い感触によって打ち消されたと感じ、グランドツアーの期間中、数週間が経過するにつれてバイクが次第に不快になったように感じたと言うライダーもいた。

開発したCervéloは、エンジニアリングチームがヘッドチューブとボトムブラケットの間の理想的な剛性比を見つけたという。

剛性と快適さの比率は難しい。特に最高の軽量バイクを設計しようとする場合は、軽量が優れているという議論はあまりなくなってきている。

Cervéloは、古いモデルから130gを削ったと主張しており、その結果、フレームは703g(56cm)、フォークは329gとなった。

この16%の節約は、ハンドルバー/ステム(12g)とシートポスト(20g)の削減によって補完され、6.8kgのUCI重量制限を満たすのがはるかに簡単になった。

 

photo Cervélo

 

Cervéloは現在、再設計されたコックピットを介してケーブルを内部配線している。バーとステムは、統合されたユニットではなく、依然として2ピースのセットアップ。

それでも、フロントエンドがよりクリーンになり、抵抗が減少する。CervéloR5は、電子グループセットとのみ互換性がある。

 

photo Cervélo

 

タイヤクリアランスも更新されている。前モデルは、ロードバイクとしては寛大な30mmのクリアラスを持っていたが、Cervélo R5はそれを34mmに広げた。

ほとんどのライダーはおそらく25〜28mmのロードタイヤを使用するが、クリアランスを増やすことで、アグレッシブなライディングポジションを維持しながら、よりオールロードの能力を求める人々の要求に答えることができる。

形状は変更されないため、フィット感とハンドリングは前モデルと同じ。

 

photo Cervélo

 

バイクは4つのビルドオプションで利用できる。

Shimano Dura-Ace Di2、SRAM Red AXS、Shimano Ultegra Di2、SRAMForceAXS。R5フレームセットは、ライム、ブラック、Jumbo-Vismaレプリカデザインのフレームセットのみオプションとして利用可能。

 

Cervélo R5 RedAXS spec

photo Cervélo

 

  • フレーム: CervéloR5
  • フォーク: Cervéloオールカーボン、テーパードR5フォーク
  • ヘッドセット: FSA IS2 1-1 / 4 x 1-1 / 2
  • スルーアクスル: CervéloAeroスルーアクスル、12×100/142
  • ホイール:リザーブ34 / 37mm DT240 XDR、20本(F)、24本(R)センターロック、チューブレス対応
  • タイヤ: Vittoria Corsa TLR G2.0 25c
  • クランク : パワーメーター付き SRAMRed AXS 48 / 35t
  • ボトムブラケット: Ceramic Speed Dub
  • チェーン: SRAM Red12スピード
  • フロントディレイラー: SRAM Red eTap AXS
  • リアディレイラー: SRAM Red eTap AXS
  • カセット: SRAM Red 12スピードXG1290、10-28t
  • シフター: SRAM Red eTap AXS HRD12スピード
  • ハンドルバー: Cervélo HB13カーボン
  • ステム: CervéloST31カーボン
  • ブレーキキャリパー: SRAM Red HRD
  • ブレーキローター: SRAM CenterLine XR 160mm
  • サドル: Prologo Scratch M5 NAC
  • シートポスト : CervéloSP24カーボンエアロポスト
  • アクセサリーCervéloフェースプレートフロントコンピューター/アクセサリーマウント、Cervéloリアアクセサリーマウント
  • 価格: £11,699(約176万円)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました