ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第5ステージ INEOS Grenadiersのカルロス・ロドリゲスがゴール後に落車

海外情報
UnsplashKelly Sikkemaが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

第5ステージでは、BORA-hansgrohe、Jumbo-Visma、Lidl-Trekが目立つ走りを展開。

かつてグランツールを席捲したINEOS Grenadiersは全く蚊帳の外だった。

このステージでは、ダニエル・マルティネスが逃げに乗り、カルロス・ロドリゲスがステージ10位でタディ・ポガチャルと同じグループでゴールしている。

だが、このカルロス・ロドリゲスにゴール後にアクシデントがおこる。

 

スポンサーリンク

音響マンと

 

2022ブエルタ・ア・エスパーニャで7位だったカルロス・ロドリゲスは、ピレネー最初のステージで再びポテンシャルを発揮した。

マリー・ブラン峠では、彼はセップ・クス、ヨナス・ヴィンゲゴー、タディ・ポガチャルを注意深く監視していた唯一の強者だった。

最終的には優勝者のヒンドレーから1分38秒差のステージ10位となっている。これにより、カルロス・ロドリゲスは、総合順位で9位に浮上。

このツールで彼が注目されることは間違いない。しかし、彼がバスに向かっていた時に、状況はすぐに変わった。

 

別角度からの映像

 

まあ、どちらも不注意なんだけど、カルロス・ロドリゲスは肘にかすり傷を負っている。

 

INEOS Grenadiersの状況

 

カルロス・ロドリゲスはレース後に

「足の感触は良かった。ポガチャルとヴィンジゴールについていくところだった。しかし、彼らは別のレベルにある。

でも、あまりタイムロスはなかったので、うまくいった。ただし、これが私のツールデビュー作であることを忘れてはいけない。私は学ぶためにここにいる。もしかしたら木曜日には減るかも知れません。」

 

INEOS Grenadiersの現在の状況は

  • カルロス・ロドリゲス 総合9位 +1:59
  • トム・ピドコック 総合13位  +2:36
  • エガン・ベルナル 総合20位  +4:00
  • ダニエル・マルティネス 総合37位 +16:18

噂では、パヴェル・シヴァコフがUAE Team Emiratesに、ローレンス・デプルスがJumbo-Visma、ダニエル・マルティネスに、テイオ・ゲイガンハート、ベン・トゥレットも移籍するかもと言われている。

カルロス・ロドリゲスも狙われているけど、大丈夫なのか。来年のことを言うのは早すぎるけれども、ツールで再び総合上位を争うライダーは誰になるだろう。

ゲラント・トーマスが若返るしかないか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました