ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第5ステージでマリア・チクラミーノを失ったティム・メルリエの不運

海外情報
Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

ジロ・デ・イタリア第5ステージはカレブ・ユアンが見事なまくりを見せてスプリント勝利。

このステージでは、第2ステージで勝利したティム・メルリエ(Alpecin-Fenix)も期待されていたのだけど。

チームメイトのアレクサンダー・クリガーが完璧な引きを見せたのだが、ティム・メルリエのスプリントが爆発することはなかった。

彼を襲った不運とは何だったのか?

 

スポンサーリンク

突然のアクシデント

こらちはゴールシーン
Giro d’Italia 2021 | Stage 5 | Last Km

 

アレクサンドル・クリガー(Alpecin-Fenix)の引きの後に、シモーネ・コンソーニ(Cofidis, Solutions Crédits)がエリア・ヴィヴィアーニを発射。

ティム・メルリエの左側をカレブ・ユアンがすり抜けていくが、ティム・メルリエはペダルが回っていない。

踏み込んだ瞬間に、チェーンが飛んでしまった。何度も下を見ていたが、もう踏み込むことも出来ない。ゴールする前に、何度もハンドルを叩く姿が別角度の映像からは見られていた。

こういった問題で、スプリントが出来ないのはフラストレーションがたまるだろう。

第7ステージでは、再びスプリンターのためのステージが用意されているので、ここで頑張るしかない。

ティム・メルリエの話では、やはりゴール前のコーナーや危険なラウンドバウトなどがあり、危険だったと述べている。

ポイントランキングでも、ジャコモ・ニッツォーロに4ポイントリードされてしまった。次のステージで取り返すしかない。

これについてティム・メルリエは

明後日に新たなチャンスがあり、またステージ勝利を目指したい。

と語っている。次は、カレブ・ユアンとガチンコの対決を見せて貰いたいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました