ロードバイクの情報を発信しています!

振動吸収してくれるロードバイクはどこのメーカー?

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered 機材情報

多くのメーカーが、衝突や振動に対処するためにロードバイクに機能を追加しています。

サスペンション機能に近いシステムを備えているロードバイクはまだ少数です。ロードバイクでは、マウンテンバイクのようなコースは走りませんからね。

走りのタッチを軽くするためのデザイン機能などが主です。

 

振動吸収の主な目的は

  1. ライドを快適にするために
  2. コントロールと安全性を追加、それはスピードの向上にもつながる
  3. エネルギー浪費を抑え、疲労軽減につなげる

振動を吸収してくれると、より安全に楽に走れるのでライダーは助かります。

それでは、どのようなメーカーが振動吸収してくれるバイクを発売しているのか見てみましょう。

 

スポンサーリンク

Pinarello Dogma K10S

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

Pinarello Dogma K10Sは、ブランドがシートステーとシートチューブの間のeDSS 2.0ショックと呼ぶものを特徴としています。それは以前のK8Sの進化であり、サスペンションを制御するための電子機器と、ディスクブレーキが追加されています。

エラストマースプリングと油圧ダンパーを介して達成される、利用可能なサスペンションストロークは、滑らかな道路区間のためにロックアウトされ、行き過ぎたときに作動することができます。

 

https://cyclist.sanspo.com/351287/gbfgbpbllancjjjn-2

サスペンションをロックしたりロック解除したりするだけでなく、道路の状況に合わせてしっかりした設定または柔らかい設定を選択できます。

このタイプのサスペンションは、本当に石畳(ピナレロが考えているもの)や砂利道のようなものに特化しているといえます。フレームセットフレームセットで68万円。

 

更に進化したPinarello Dogma FS自動電子制御サスペンションについては、こちらでも記事にしています。

 

TREK Domane

Trekは2013年から、DomaneにIsoSpeedを搭載してきました。 Trekは2016年にバージョンを11に上げています。

2013 Domane 4.5 – IsoSpeed decoupler

IsoSpeedは、カンチェラーラと共に開発された振動吸収するための装置。シートチューブがしなって振動を吸収してくれます。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

 

シートチューブはトップチューブとシートステーの接合部に溶接されていません。 IsoSpeed自体は両側のベアリングで構成され、ブッシュがトップチューブとシートチューブの間に機械的なアタッチメントを形成しています。

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

これにより、シートチューブの全長が荷重下で曲がることが可能になり、ライダーに伝達されるロードショックの量が減少します。

カーボンファイバーのTrek Domane SLR 6を確認したところ、非常に滑らかで、あらゆる種類の起伏のある道、砂利道、石畳で最も激しい振動が除去されていました。

Domane IsoSpeed

Trekの2019年ラインナップでIsospeedを使用した最も手頃な価格のDomaneは、カーボンフレームの Domane SL5Domane SL5です。

安価なDomaneモデルにはアルミフレームがありますが、Isospeedはついていません。

最高グレードは、SRAM eTap電子シフトおよびProject OneカスタムペイントProject Oneカスタムペイントを使用したDomane SLR 9 Disc eTap P1があります。

 

TREK Madone

TrekはIsoSpeedテクノロジーをMadoneに移しました。

Domaneほどの多くの動きを得ることはありませんが、標準的なロードバイクとの違いかなり振動吸収をします。

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

 

フルサスペンションマウンテンバイクに乗ることに慣れているなら、効果はそこまでではありません。

しかし、IsoSpeedシステムは、しこりやバンプをかなりの程度まで滑らかにします。 その効果は確認できます。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

問題は、最も安いTrek Madoneバイク、Madone SL 6Madone SL 6でも462,000円で販売されていることです。

トップモデルのMadone SLR 9 Disc eTap P1Madone SLR 9 Disc eTap P1になると122万円になります。

 

Lapierre Pulsium

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

Lapierre(ラピエール)はフランスのブランドメーカー。

Lapierreは快適さを改善するために設計され、Pulsiumのトップチューブにエラストマーを組み入れます。

エラストマーは、トップチューブとシートチューブの間の2つのジョイントの下部にあるリングの形をしています。 Lapierreは道路からの振動を弱めるためにショックアブソーバーとして機能します。 フレームのカーボンファイバーレイアップは、衝撃や振動を吸収するようにも設計されています。

 

https://www.cyclowired.jp/news/node/265158

Lapierreによれば、湾曲した細いシートステーは板ばねのように機能し、後端部での衝撃や振動吸収を向上させる一方で、湾曲したトップチューブは直線状のチューブよりもたわみやすいという。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

トップチューブの上部は、特にペダリングやコーナリングからの横方向の力に対して支柱のように機能します。少し柔らかい感じがしましたが、それはごくわずかです。

 

 

Specialized Roubaix

SpecializedのRoubaixエンデュランスバイクは、Future Shockと呼んでいるフォークショックアブソーバーと – ハイエンドモデルでは – CG-Rシートポストを特徴としています。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

フューチャーショックは基本的にヘッドセット内部のバネで、バーとステムを上下に動かすことができます。 さまざまな体重のライダーのために交換可能なスプリングがあります。

最大20mmの移動が可能です。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

 

最新のSpecialized Roubaixについては、こちらで記事にしています。

 

Bianchi CounterVail

Bianchiは、CounterVailの振動キャンセリングコンポジットテクノロジー(CV)でまったく異なるアプローチをとっています。

CVは、フレームの特定の領域のカーボンレイアップ内に埋め込まれた粘弾性材料です。

Bianchiは、それが他のカーボンフレームより75%多い振動相殺能力を持っていると主張します。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

CVはあまりにも、大きな隆起に対処するようには設計されていません。決してサスペンションシステムではないからです。

むしろ、典型的な路面から発生する高周波振動を減衰させることを目的としており、その効果は微妙です。

Bianchiによれば、CVを使用することの主な利点は

  • 筋肉疲労の軽減
  • エネルギーの節約
  • ハンドリングとライダーコントロールの向上
  • 長距離での剛性とピーク出力の向上です。

 

Bianchiは、最初にInfinito CVエンデュランスバイクにCVを導入し、それ以来、Specialissima軽量レースバイクにも使用してます。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

CVテクノロジの利点は、常に機能していることです。 上り坂のサドルからでも、フレームは振動を消しています。 CVが本当に輝くエリアは、予想外の路面を持つ速く急な下り坂にあります。

 

Flexible stays

多くの自転車メーカーは、快適性を十分に確保するためにシートステーを柔軟にしています。

一部のブランドはさらに進んでいますが、より細くして薄肉にするというケースもあります。

Volagi(ボラージ)は、「パリ~ブレスト~パリ」1200キロを完走したオーナーが作るロングライド重視のブランド。

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

Volagiは、Longbow Flex Staysと呼ばれるものを使用して、ライダーを路面の激しい振動や衝撃から隔離し、サドルで最大6mmの動きを提供します。

 

http://ysroad.co.jp/charley/2016/10/06/14873

Longbowはパフォーマンスステークスの損失を感じることなく、十分なほど曲がります。

 

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

シートとチェーンステーの形状とカーボンのレイアップスケジュールが調整されているため、リアエンドが平らなスプリングのように機能し、表面の凹凸を吸収し、振動を軽減します。

個々のカーボン層の間に、有機亜麻繊維を組み込んでいるという点で異例ですが、他の多くのブランドも似たようなことをしています。 

 

Cannondale Synapse Carbon Ultegra Disc

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

キャノンデールは、そのシナプス耐久バイクでSave Plus機能と呼ばれるものを使用しています。 Save Plusにはいくつかの側面があり、その主張の1つは、スプリングのように荷重がかかるとシートステーが曲がったり圧縮されたりすることです。

キャノンデール、次のように述べています。

シナプスのカーボンレイアップは、「層間せん断散逸」と呼ばれるものを最大化するように設計されています。基本的にこれは、振動が層に巻き込まれるように繊維が配向され、それがライダーに拡散されることを意味する。

これは、エネルギーを浪費する道路からの振動を吸収し、あなたの疲労を軽減します。

https://road.cc/content/buyers-guide/257206-9-bump-taming-road-bikes-help-stop-your-hands-and-bum-getting-battered

スリムなシートポストはサドルでより多くの動きを提供します。 キャノンデールは25.4mmと非常に細くなっています。

 

https://road.cc/content/review/155985-cannondale-synapse-carbon-ultegra-disc

過酷な道路には十分な滑らかさがあり、長いライドにも快適ですが、シフトをしたいときには決して邪魔されないようになっています。

 

快適さを向上させる他の方法

振動吸収に対処するように設計されているフレーム機能を見てきましたが、既存の自転車をより快適にするための方法があります。

  1. 幅の広いタイヤを装着
  2. サドルを変更
  3. バーテープの交換
  4. 快適なグローブの着用

などもありますね。

ロードバイクも軽さの追求からスピード。そして快適性についても向上をしようとしています。振動吸収してくれて疲労が軽減される、快適なバイクに乗ってみたいです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました