ロードバイクの情報を発信しています!

アレハンドロバルベルデの考える引退時期は?

海外情報
https://twitter.com/alejanvalverde
この記事は約4分で読めます。

アレハンドロ・バルベルデは、2021年に引退すると発表しました。

バルベルデは、40歳となった2シーズンの間にプロトンを去るつもりであることを明らかにしました。

現世界チャンピオンのバルベルデは、来年東京オリンピックに出場し、さらにもう1シーズンに出場する予定だと語った。

 

スポンサーリンク

輝かしい経歴

https://twitter.com/alejanvalverde

 

バルベルデは、次のように語った

「計画は2021年に引退することです。東京オリンピックの後にもう1つのシーズン走る予定だ。多分、大丈夫。走れると思うよ。

家族と過ごす時間を楽しみたいな。それから、ムルシアで子供たちのチームの面倒をみるかな。それか、モビスターに関わっているだね。2021年で19シーズンに乗ったことになるね」

 

バルベルデは2002年にKelme-Costa Blancaでプロになり、2006年にケス・デバーニュに加わり、2011年にMovistarになったってからはずっとチームを変わっていません。

https://twitter.com/alejanvalverde


彼の経歴は、2009年のブエルタ・ア・エスパーニャの総合優勝。

リエージュ~バスト~リエージュは4回制覇。そして昨年は38歳でレインボージャージを獲得しました。

彼の成功の秘訣について尋ねられたとき、バルベルデは言った。

私がしていることを楽しんでいるからかな。チームからとても信頼されいるからね。

それから家族かな。ムルシアのサイクリストグループと常にトレーニングをし、毎日彼らとアタックするのがとても重要かな」

 

2010年、バルベルデはプエルトの調査の一環として2010年1月1日から、2012年1月1日までの2年間、バルベルデを出場停止処分とする裁定がくだり、その期間の優勝記録などはすべて抹消された。

ドーピングについては、彼はいつも否定をしてきました。バルベルデはプロのプロトンで最も尊敬されるライダーの一人でありながら、この態度はサイクリングファンの間で意見を分割しています。

 

 
40歳まで走るバルベルデ。どこまで勝利を重ねていくのか。楽しみですね!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました