ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ第4ステージ クイーンステージを勝ち取ったのは?

海外情報
Photo credit: Leo P. Hidalgo (@yompyz) on VisualHunt.com
この記事は約16分で読めます。

バレンシアナのステージは第4ステージがクイーンステージとなる。

総合10位のカルロス・ロドリゲス(INEOS Grenadiers)まで、タイム差は16秒しかない。このステージでタイム差をつけたクライマーが総合優勝をたぐり寄せるだろう。

現在トップのジュリオ・チッコーネは、総合首位のキープが出来るだろうか?

 

スポンサーリンク

第4ステージ  ブリアナ – アルト・ デ・ ラ・ クエバサンタ  181.6 km

コースプロフィール photo vueltacv

 

バレンシア州カステリョン県のブリアナからスタート。平坦な箇所はなく、アルタから大きな周回を回って、一度登った2級山岳Mont Mayoの途中でゴールとなる。

総合勢の決着はここでつきそうだ。

 

  1. 3級山岳 Ain 5km・4.1%
  2. 3級山岳   コラード デ アヨダル 4.4km・5.1%
  3. 2級山岳 トラルバ   5.7km・5.7%
  4. 2級山岳 Mont Mayor  10.8km・4.7%
  5. スプリントポイント アルタ
  6. 2級山岳 アルト  8.1km・4.9%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

Trek-Segafredoのジュリオ・チッコーネは、総合リーダージャージを守るために全力を尽くさないといけない。

 

最初からアタックがかかる。

 

17人の逃げ

17人の大きな逃げが出来ている。

  1. ニコ・デンツ Team DSM
  2. トッシュ・サンデルファンド Jumbo-Visma
  3. テイメン・アレンスマン INEOS Grenadiers
  4. オマール・フレイレ INEOS Grenadiers
  5. ドメン・ノヴァク Bahrain Victorious
  6. ワウト・プールス Bahrain Victorious
  7. バウケ・モレマ Trek-Segafredo
  8. ゲオルク・ツィンマーマン Intermarché – Circus – Wanty
  9. アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー Trek-Segafredo
  10. ホルヘ・アルカス Movistar Team
  11. ダビ・デラクルス Astana Qazaqstan Team
  12. クリスチャン・スカローニ Astana Qazaqstan Team
  13. アレッサンドロ・デマルキ Team Jayco AlUla
  14. BENDIXEN Louis Uno-X Pro Cycling Team
  15. COVILI Luca Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
  16. アレッサンドロ・トネッリ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
  17. サミュエル・ゾッカラート Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
  18. BARCELÓ Fernando (Caja Rural – Seguros RGA)
  19. CARRETERO Héctor (Equipo Kern Pharma)
  20. ダニエル・ナバーロ Burgos-BH
  21. ジョン・ボウ Euskaltel-Euskadi
  22. フィリッポ・コンカ Q36.5 Pro Cycling Team
  23. ダミアン・ホーゾン Q36.5 Pro Cycling Team

 

残り1周

逃げ集団は、残り1周のゴールラインを越えていく。

 

集団もBahrain Victoriousを先頭に通過。

 

テイメン・アレンスマンが残り51kmでアタック!

 

テイメン・アレンスマンは、どこまで逃げるつもりなのか。

 

残り42.8km。後続に22秒差をつけた。

 

下りなので、後続も追いつくだろう。

 

しかし、テイメン・アレンスマンは後続を寄せ付けない。

 

残り31.2km。後続はメイン集団に飲み込まれそうだ。

 

3人が抜け出して追っている。

  1. トッシュ・サンデルファンド Jumbo-Visma
  2. アレッサンドロ・トネッリ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
  3. クリスチャン・スカローニ Astana Qazaqstan Team

 

だが、追走も集団に捕まった。クリスチャン・スカローニとアレッサンドロ・トネッリは、握手して健闘をたたえ合う。

 

残り22.5km。集団はアレクサンドル・ウラソフのためにBORA – hansgroheが引く。

 

残り21.5kmで54秒差に。

 

テイメン・アレンスマンは粘っている。

 

残り17.5km。23秒差に。

 

テイメン・アレンスマンは後ろを確認。

 

スプリントポイント アルタ

テイメン・アレンスマンはスプリントポイントを通過。

 

後続はアレクサンドル・ウラソフが2位通過。

  1. テイメン・アレンスマン INEOS Grenadiers 4ポイント・3秒
  2. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe 2ポイント・2秒
  3. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious 1ポイント・1秒

 

残り9.5km。

 

集団からUAE Team Emiratesのマルク・ソレルが抜け出した。

 

マルク・ソレルがテイメン・アレンスマンに迫る。

 

マルク・ソレルがテイメン・アレンスマンに追いついた。

 

だが、集団が迫ってくる。

 

二人は残り7.8kmで捕まる。

 

2級山岳 アルト  8.1km・4.9%

残り7.7km。集団はBORA – hansgroheが引く。

 

残り5km。各チームのアシストがエースを引く。

 

残り2.5km。INEOS Grenadiersのヨナタン・カストロピエホが先頭に。

 

INEOS Grenadiersのトレインが集団を引きのばす。

 

3番手にカルロス・ロドリゲスが控えている。

 

ここでUno-X Pro Cycling Teamが先頭に。

 

これは逆にカルロス・ロドリゲスには助かる動きだ。

 

ゴール前では、カルロス・ロドリゲスがテイオ・ゲイガンハートを引いている。

 

カルロス・ロドリゲス、テイオ・ゲイガンハート、ミケル・ランダ、Jumbo-Vismaのトーマス・グローグと続いている。

 

カルロス・ロドリゲスがゴール前でペースを上げる。

 

カルロス・ロドリゲスの引きから、テイオ・ゲイガンハートが発射!

 

テイオ・ゲイガンハートがスパート!

 

これは決まったか。後ろは、アレクサンドル・ウラソフにトーマス・グローグ。

 

決まった!  テイオ・ゲイガンハートは、カルロス・ロドリゲスの引きを見事に生かしてゴールを最速で駆け抜けた。

 

ゴール後に、すぐカーブなのでゴールラインでは手を離せない。

テイオ・ゲイガンハートは、2020ジロ・デ・イタリア総合優勝以来のステージ優勝となった。第2ステージの進路妨害で9位降格がなければ、この勝利で総合リーダーにもなっていたはず。

実に惜しいが、これで4秒差の総合2位に躍進だ。ジュリオ・チッコーネは、ステージ3位でがっちりと総合リーダージャージをキープとなった。

 

スポンサーリンク

リザルト

テイオ・ゲイガンハートのコメント

このような状況では待つことが重要だった。私たちは心を開いた。テイメン・アレンスマンにとっては、序盤からトライする絶好の機会だった。

長い間ギャップが縮まらなかったので、彼は本当に飛んだに違いない。プロトンでは、気楽に過ごすことができた。ゴールまで15kmでのパンクは理想的ではなかったが、落ち着いていた。

その後、最後の登りで彼らは非常に強かった。それほど急ではなく、向かい風があったので、簡単ではなかった。もっと早く試したかったが、このような状況では長い間待つ必要がある。

また完成できてとても嬉しい。ここ数年、私がどれだけ不運に見舞われたかを知っている友人や家族に心からの愛を。彼らは困難な時期に私を支えてくれた。

私にとっては大きな出来事だ。サイクリングでは、勝つことは非常に困難だ。これはワールドツアー レースではないかもしれないが、私の意見では、最近のシーズンではいつものように、レベルは非常に高い。

私はこれに本当に満足している。新しいコーチの下でとても良い冬を過ごした。それは大きな違いをもたらした。

ただ、ひとつのことに少しがっかりしている。兄は今朝私に素敵な勝利のジェスチャーをするように頼んだが、それはここでは実際には不可能だった。次回はよろしくお願いします…。

第4ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers 20
10″
4:32:00
2
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma 15
6″
,,
3
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo 10
4″
,,
4
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 5
2″
,,
5
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 3   ,,
6
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious     ,,
7
 COSTA Rui
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
8
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers     ,,
9
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates     ,,
10
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates     0:06
11
 CHARMIG Anthon
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
12
 ARANBURU Alex
Movistar Team     ,,
13
 KÄMNA Lennard
BORA – hansgrohe     0:13
14
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates     0:15
15
 TRÆEN Torstein
Uno-X Pro Cycling Team     0:17
16
 SCOTSON Callum
Team Jayco AlUla     0:23
17
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi     0:26
18
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo     0:34
19
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious     0:39
20
 SÁNCHEZ Luis León
Astana Qazaqstan Team     ,,
21
 DE PLUS Laurens
INEOS Grenadiers     0:41
22
 OOMEN Sam
Jumbo-Visma     0:43
23
 ROMO Javier
Astana Qazaqstan Team     0:45
24
 SOLER Marc
UAE Team Emirates     0:51
25
 DÍAZ José Manuel
Burgos-BH     ,,
26
 BOUWMAN Koen
Jumbo-Visma     ,,
27
 FABBRO Matteo
BORA – hansgrohe     ,,
28
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
29
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     1:00
30
 GRMAY Tsgabu
Team Jayco AlUla     1:08

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo 5
14″
17:02:46
2 8 ▲6
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers  
10″
0:04
3 2 ▼1
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious  
7″
0:07
4 3 ▼1
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe  
6″
0:08
5 6 ▲1
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma  
6″
,,
6 7 ▲1
 COSTA Rui
Intermarché – Circus – Wanty     0:14
7 9 ▲2
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious     ,,
8 4 ▼4
 ARANBURU Alex
Movistar Team     0:20
9 5 ▼4
 CHARMIG Anthon
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
10 10
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers     ,,
11 11
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates     0:28
12 13 ▲1
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates     0:34
13 12 ▼1
 KÄMNA Lennard
BORA – hansgrohe     0:38
14 15 ▲1
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates     0:49
15 17 ▲2
 TRÆEN Torstein
Uno-X Pro Cycling Team     1:05
16 20 ▲4
 SCOTSON Callum
Team Jayco AlUla     1:17
17 14 ▼3
 SOLER Marc
UAE Team Emirates     1:25
18 23 ▲5
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi     1:32
19 19
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Circus – Wanty     1:43
20 22 ▲2
 OOMEN Sam
Jumbo-Visma     1:49

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 2 ▲1
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo 47
2 1 ▼1
 ARANBURU Alex
Movistar Team 39
3 3
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 38
4 10 ▲6
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 34
5 8 ▲3
 COSTA Rui
Intermarché – Circus – Wanty 29
6 20 ▲14
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma 28
7 14 ▲7
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 26
8 4 ▼4
 ROJAS José Joaquín
Movistar Team 26
9  
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers 25
10 5 ▼5
 VELASCO Simone
Astana Qazaqstan Team 25

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 ZOCCARATO Samuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 40
2 2
 ROMO Javier
Astana Qazaqstan Team 17
3 3
 HAILEMICHAEL Mulu Kinfe
Caja Rural – Seguros RGA 16
4 4
 DE MARCHI Alessandro
Team Jayco AlUla 13
5 5
 JUNGELS Bob
BORA – hansgrohe 12
6 6
 CRADDOCK Lawson
Team Jayco AlUla 11
7  
 BOU Joan
Euskaltel – Euskadi 10
8 7 ▼1
 VELASCO Simone
Astana Qazaqstan Team 10
9 8 ▼1
 SOLER Marc
UAE Team Emirates 9
10 11 ▲1
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo 8

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 2 ▲1
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma 17:02:54
2 1 ▼1
 CHARMIG Anthon
Uno-X Pro Cycling Team 0:12
3 3
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers ,,
4 4
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 0:20
5 6 ▲1
 CONCA Filippo
Q36.5 Pro Cycling Team 6:02
6 5 ▼1
 ARENSMAN Thymen
INEOS Grenadiers 7:01
7 9 ▲2
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 14:03
8 7 ▼1
 BATTISTELLA Samuele
Astana Qazaqstan Team 14:47
9 11 ▲2
 SÁNCHEZ Pelayo
Burgos-BH 20:36
10 14 ▲4
 BARRENETXEA Jon
Caja Rural – Seguros RGA 25:29
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました