ロードバイクの情報を発信しています!

2023 UAEツアー第2ステージ  チームタイムトライヤルで総合順位は同タイムに~!

海外情報
Photo credit: Francisco Anzola on VisualHunt
この記事は約17分で読めます。

UAEツアーの2日目はチームタイムトライヤル。

ここで、総合順位に大きな変動が起こるのは間違いない。第1ステージで逃げ切った12人の総合順位がどうなるのか注目だ。

 

スポンサーリンク

第2ステージ   ハリファ港~ハリファ港  17.3km

コースマップ photo theuaetour

 

ハリファ港の波止場でおこなれるチームタイムトライヤル。180度ターンが2回。あとは直線が多いコース。風はどうなんでしょうね。

 

コースプロフィール photo theuaetour

 

高低差は全くない。

  1. 中間タイム計測 6.8km

 

UAE Team Emirates

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

UAE Team Emiratesがスタート。まずは、基準となるタイムを出してくる。

 

中間計測は7分25秒。AV55.011km/hと爆速。

 

ゴール前で切り離し。ジェイ・ヴァインは調子が悪いようで、これでは総合での順位も忘れないといけなくなった。

 

最後は4人でゴールして、18分33秒。av55.957km/h。これが各チームの目標タイムとなる。

 

Groupama-FDJ

Groupama – FDJのスタート。

 

Groupama – FDJはTTスペシャリストがいない。中間計測は7分31秒。

 

イグナタス・コノヴァロヴァスが切れた。ゴールタイムは、18分43秒。

 

Tudor Pro Cycling Team

ファビアン・カンチェラーラはUAEに来ているでしょうかね。

 

Tudor Pro Cycling Teamも4人でゴール。19分7秒。

 

Alpecin-Deceuninck

どんなタイムをだすかな。ジェイソン・オズボーンは、何をしていたのかスタートギリギリで到着。先日のeスポーツ世界選手権では2位。

 

Alpecin-Deceuninckのゴールタイムは、19分5秒。av54.598km/h。

 

AG2R Citroën

一人フライング気味にスタート。

 

中間は7分29秒。av54.525km/h。暫定2位に。

 

ゴールは18分50秒。av55.115km/h。

 

Israel-Premier Tech

Israel – Premier Techのスタート。

 

中間計測7分30秒で通過。

 

18分49秒。av55.164km/h。各チーム55キロを出してくる。

 

EF Education-EasyPost

7人でスタート。

 

POCの宇宙人ヘルメットは二人だけだ。

 

中間計測トップの7分13秒。av56.536km/h。UAE Team Emiratesを12秒上回っている。これは凄いタイムが出そうだ。

 

速い!  UAE Team Emiratesを15秒上回る18分18秒。av56.721km/hでゴール。唯一の56キロ台を出してきた。この後、長くホットシートに座ることになりそうだ。

 

Intermarché-Circus-Wanty

Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxのスタート。

 

ゴールは18分42秒。暫定3位。

 

Trek-Segafredo

あらら、最初のカーブで一人遅れた。

 

アントン・トマホークが切れてしまった。

 

さらに、マルク・ブルステンガも切れた。中間計測は、7分23秒で暫定2位。

 

5人で帰ってきて18分36秒。暫定3位。

 

Green Project-Bardiani CSF-Faizané

緑色に今年から変わっているGreen Project-Bardiani CSF-Faizanèのスタート。去年までのチーム名は、Bardiani-CSF-Faizanè。

 

中間計測は8分2秒。

 

19分54秒でゴール。AV52.161km/h。

 

Movistar Team

Movistar Teamのスタート。

 

中間計測7分43秒。

 

今回エースナンバーをつけているフェルナンド・ガビリアが遅れた。

 

18分52秒でゴール。av55.018km/h。

 

Team DSM

Team DSMのスタート。

 

中間計測を7分24秒の暫定3位で通過。

 

ゴールタイムは、18分27秒。av56.260km/h。これは良いタイムだ。

 

Team Jayco AlUla

Team Jayco AlUlaのスタート。

 

中間計測7分14秒で通過。暫定2位のいいタイムだ。

 

18分22秒と4秒差の暫定2位に。

 

BORA-hansgrohe

BORA – hansgroheがスタート。

 

中間計測7分24秒。

 

ゴールは18分32秒。14秒遅れの暫定4位。

 

Jumbo-Visma

Jumbo-Vismaのスタート。

 

セップ・クスは昨日落車したし、トップ12の先頭集団に残れたのはオラフ・コーイだけ。

 

レナード・ホフステッドが切れた。

 

18分37秒でゴール。暫定7位。

 

INEOS Grenadiers

TTでは上位にくるはずのINEOS Grenadiersがスタート。ホワイトジャージはルーク・プラップが着ている。

 

あれれ、ルーク・プラップは、スキンスーツを裏向きに着ているのかな。パンツ部分に注目。グリップ力を上げるため??

 

INEOS Grenadiersの中間計測は、7分20秒。7秒遅れの暫定3位に。

 

最後に追い込んで18分20秒。だが、EF Education-EasyPostに2秒及ばなかった。第1ステージを終わって総合3位のルーク・プラップは、後続のタイム待ちだ。

 

Lotto Dstny

Lotto-Dstnyのスタート。

 

ゴールは18分55秒。av54.872km/h。

 

Astana Qazaqstan Team

Astana Qazaqstan Teamのスタート。

 

中間計測は7分24秒。

 

ゴールは18分34秒。av55.907km/h。

 

Bahrain Victorious

Bahrain Victoriousがスタート。

 

中間計測は7分24秒。

 

ヒィル・バウハウスが切れた。

 

18分21秒。これはSoudal – Quick Stepのタイムによるぞ。

 

Soudal-Quick-Step

リーダージャージをキープしたいティム・メルリエがアップ中。

 

ヘルメットをかぶると誰だかわからなくなる。

 

さあ、スタート。

 

レムコ・エヴェネプールが第一走者となる。

 

どんなタイムを出してくるか。

 

中間計測は7分23秒。トップから10秒遅れだ。これは総合順位が~。

 

ピーター・セリーが切れた。

 

ベルト・ファンレルベルフがきつそうだ。だが、なんとか追いつく。

 

リーダージャージのティム・メルリエが行ってと手を出す。

 

 

ティム・メルリエは、これでリーダージャージとお別れだ。

 

最後は、レムコ・エヴェネプールが先頭でゴールへ。

 

なんと、最後のラストスパートで、EF Education-EasyPostを1秒逆転。素晴らしい走りで、18分17秒のトップタイムをたたき出した!

前半の向かい風区間で抑えて、後半に爆発させる作戦が成功している。

この走りで総合トップはSoudal – Quick Stepのティム・メルリエから、INEOS Grenadiersのルーク・プラップに移った。

第1ステージ終了時点で、レムコとルーク・プラップのタイム差は3秒。第2ステージでは、Soudal – Quick StepがINEOS Grenadiersを3秒上回ってゴール。

タイム上では、ルーク・プラップは、レムコ・エヴェネプールと同タイムなのだけど、チームタイムトライヤルのコンマの秒数で決まったようだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

総合2位となったレムコ・エヴェネプールのコメント

1秒?それで十分ですよね。スポーツディレクターのクラース は、中間点で10秒間ダウンしていると言った 。そのときまで、私たちが進んでいるのか遅れているのかわからなかった。

ダウンしていると、グリーンバーにいることも示される可能性があるからだ。幸いなことに、後半では多くの時間を埋めた。チームには経験豊富なタイムトライアリストが多くいて、うまく配分した。

追い風の最後の部分に向けて、もう少し馬力があることはわかっていた。自分が最大のフロントブレードで運転したので、追い風の中で最も長いターンをしなければならなかった。

速度は定期的に70km/hに近づいた。幸いなことに、それは十分に速かった。

リーダージャージはルーク・プラップに取られましたが。

それは悪くない。そうすればエネルギーを節約できる。彼らは私に白い(ユース)ジャージを着るように頼んだが、私は(世界チャンピオンの)自分の白いジャージを着ることを好む。

 

第2ステージリザルト

Pos. Team Time Timegap Speed
1  Soudal – Quick Step 18:17   56.773
2  EF Education-EasyPost 18:18 0:01 56.721
3  INEOS Grenadiers 18:20 0:03 56.618
4  Bahrain – Victorious 18:21 0:04 56.567
5  Team Jayco AlUla 18:22 0:05 56.515
6  Team DSM 18:27 0:10 56.260
7  BORA – hansgrohe 18:32 0:15 56.007
8  UAE Team Emirates 18:33 0:16 55.957
9  Astana Qazaqstan Team 18:34 0:17 55.907
10  Trek – Segafredo 18:36 0:19 55.806
11  Jumbo-Visma 18:37 0:20 55.756
12  Intermarché – Circus – Wanty 18:42 0:25 55.508
13  Groupama – FDJ 18:43 0:26 55.459
14  Israel – Premier Tech 18:49 0:32 55.164
15  AG2R Citroën Team 18:50 0:33 55.115
16  Movistar Team 18:52 0:35 55.018
17  Lotto Dstny 18:55 0:38 54.872
18  Alpecin-Deceuninck 19:05 0:48 54.393
19  Tudor Pro Cycling Team 19:07 0:50 54.298
20  Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 19:54 1:37 52.161

総合

総合トップとなったルーク・プラップのコメント

最初は自分がトップになったことに気がつかなかった。とても近かったんだ。この先数日に向けて、いいポジションにつけている。明日は上り坂のフィニッシュだし、何が起こるかわからない。

スプリントステージがいくつかあって、その後にジェベル・ハフィートでの対決があるといいんだけどね。

チームはSoudal – Quick Stepから3秒差の3位でしたね。

これは、私が知る限り、サイクリングで最も美しい種目だ。人々は、それがどれほど美しく、エキサイティングなものであるかを理解していないと思う。

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 3 ▲2
 PLAPP Luke
INEOS Grenadiers  
5″
3:35:50
2 6 ▲4
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step  
2″
,,
3 5 ▲2
 ARNDT Nikias
Bahrain – Victorious  
3″
0:03
4 7 ▲3
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious  
2″
0:04
5 4 ▼1
 CAVENDISH Mark
Astana Qazaqstan Team  
4″
0:15
6 10 ▲4
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team     0:21
7 8 ▲1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma     0:23
8 11 ▲3
 VAN LERBERGHE Bert
Soudal – Quick Step     0:29
9 1 ▼8
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step  
10″
0:30
10 12 ▲2
 DRIZNERS Jarrad
Lotto Dstny     0:50
11 56 ▲45
 SCHMID Mauro
Soudal – Quick Step     0:53
12 103 ▲91
 ČERNÝ Josef
Soudal – Quick Step     ,,
13 21 ▲8
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost     0:54
14 42 ▲28
 DE BOD Stefan
EF Education-EasyPost     ,,
15 62 ▲47
 STEINHAUSER Georg
EF Education-EasyPost     ,,
16 73 ▲57
 AMADOR Andrey
EF Education-EasyPost     ,,
17 20 ▲3
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers     0:56
18 31 ▲13
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers     ,,
19 38 ▲19
 TULETT Ben
INEOS Grenadiers     ,,
20 79 ▲59
 POELS Wout
Bahrain – Victorious     0:57
21 18 ▼3
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla     0:58
22 27 ▲5
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla     ,,
23 37 ▲14
 SCOTSON Callum
Team Jayco AlUla     ,,
24 60 ▲36
 REINDERS Elmar
Team Jayco AlUla     ,,
25 106 ▲81
 HEPBURN Michael
Team Jayco AlUla     ,,
26 28 ▲2
 GOVEKAR Matevž
Bahrain – Victorious     0:59
27 16 ▼11
 WELSFORD Sam
Team DSM     1:03
28 32 ▲4
 VANHOUCKE Harm
Team DSM     ,,
29 39 ▲10
 EDMONDSON Alex
Team DSM     ,,
30 57 ▲27
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM     ,,

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 20
2 2
 PLAPP Luke
INEOS Grenadiers 17
3 3
 ARNDT Nikias
Bahrain – Victorious 16
4 4
 EWAN Caleb
Lotto Dstny 16
5 5
 CAVENDISH Mark
Astana Qazaqstan Team 12
6 6
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 9
7 7
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 8
8 8
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 8
9 9
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious 5
10 10
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 1

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 PLAPP Luke
INEOS Grenadiers 3:35:50
2 2
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step ,,
3 3
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 0:23
4 4
 DRIZNERS Jarrad
Lotto Dstny 0:50
5 14 ▲9
 SCHMID Mauro
Soudal – Quick Step 0:53
6 5 ▼1
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 0:54
7 17 ▲10
 STEINHAUSER Georg
EF Education-EasyPost ,,
8 9 ▲1
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers 0:56
9 11 ▲2
 TULETT Ben
INEOS Grenadiers ,,
10 8 ▼2
 GOVEKAR Matevž
Bahrain – Victorious 0:59
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました