ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・ルワンダ第3ステージ  登りゴールを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: Laurent de Walick on VisualHunt.com
この記事は約15分で読めます。

ルワンダの第3ステージには、登りが登場する。

ただ、それほど長い登りではない。第1・第2ステージ共にSoudal – Quick-Step Devo Teamのイーサン・バーノンが勝利している。

果たして、違うライダーが勝利を得るだろうか。

 

スポンサーリンク

第3ステージ    フイ~ルアンジュリ  199.5km

コースプロフィール phto tourdurwanda

 

後半の山岳が決め手となりそう。クライマーに注目だが、自分としてはQ36.5 Pro Cycling Teamのカールフレドリク・ハーゲンに期待。

ケガがあり、2021年はIsrael – Premier Techで良いシーズンが送れなかった。

 

そろそろ本領発揮を期待したい。ただ、それほど長い登りではないので、イーサン・バーノンが残る可能性は高いのでは。

 

  1. スプリントポイント ムハンガ
  2. 2級山岳 Kamonyi  2.2km・7%
  3. 3級山岳 Ruyenzi  1.4km・6.2%
  4. 1級山岳 Kanyinya  5.5km・7.3%
  5. 1級山岳 Umuremge 5.5km・4.6%
  6. スプリントポイント Nyirangarama
  7. 1級山岳 Kivuruga 7.1km・6.5%
  8. 1級山岳 ルアンジュリ 2.8km・6%

 

スタート前

YouTube動画 スクリーンショット 以下同様

Soudal – Quick-Step Devo Teamは4人しかいない。3人はプロレース初出場だ。GMのパトリック・ルフェーブルがルワンダに来ているのは、アフリカの新しい才能を見つけるためだとか。

 

クリス・フルームはなんとかコンデションをキープしたいと。

 

スタート前。

 

今日の逃げはどうなるだろう。力のあるライダーが逃げないとレースが難しくならない。

 

開始早々にアタックが。

 

これが、そのまま決まってしまう。

 

3人の逃げ

3人が逃げに。昨日も逃げたプリッツェン・マルク・オリバーが入っている。

  1. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education)
  2. フーシェ・ジェームズ (Bolton Equities)
  3. ネンギマナ・ジャン・ボスコ (Rwanda)

 

スプリントポイント ムハンガ

スプリントポイントを通過。

  1. フーシェ・ジェームズ (Bolton Equities)
  2. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education)
  3. ネンギマナ・ジャン・ボスコ (Rwanda)

 

3人は、開始30kmで10分ものタイム差を保っている。

 

登りで一人切れてしまった。

 

え~、まだ先は長いのにアタック。ルワンダのネンギマナ・ジャン・ボスコが単独に。2015ツール・ド・ルワンダの総合優勝者だ。

 

凄いパワーで一人で走り続ける。

 

集団は容認しているが、タイム差を縮めにきている。

 

あら~、早い段階でリーダーのイーサン・バーノンが切れてしまった。

 

これは追いつく感じじゃあない。Q36.5 Pro Cycling Teamのカールフレドリク・ハーゲンは、落車でリタイヤしてしまった。

 

2級山岳 Kamonyi  2.2km・7%

ルワンダのネンギマナ・ジャン・ボスコが単独で通過。

  1. ネンギマナ・ジャン・ボスコ (Rwanda)
  2. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education)
  3. フーシェ・ジェームズ (Bolton Equities)

 

3級山岳 Ruyenzi  1.4km・6.2%

残り98kmで後続の二人が20秒差に追いついてきた。後続とは最大12分まで開いた。

 

追走の二人。

  1. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education)
  2. フーシェ・ジェームズ (Bolton Equities)

 

タイム差は5分50秒まで縮まってきた。

 

1級山岳 Umuremge 5.5km・4.6%

単独で通過。

  1. ネンギマナ・ジャン・ボスコ  (Rwanda)
  2. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education)
  3. フーシェ・ジェームズ (Bolton Equities)

 

スプリントポイント Nyirangarama

単独で通過。

  1. ネンギマナ・ジャン・ボスコ  (Rwanda)
  2. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education)
  3. フーシェ・ジェームズ (Bolton Equities)

 

最後の登りの前で追走の二人が先頭に追いつく。

 

ネンギマナ・ジャン・ボスコがまた、アタックだ。

 

今度は、プリッツェン・マルク・オリバーが追走に出る。

 

今度は、逆に二人がネンギマナ・ジャン・ボスコを置いていく。

 

1級山岳 Kivuruga 7.1km・6.5%

二人が1級山岳を通過。

 

その後、フーシェ・ジェームズが単独となった。

 

1級山岳 ルアンジュリ 2.8km・6%

単独でかなり頑張ったが、最後の登りで捕らえられた。

 

最後の登りで、集団もバラバラに。

 

4人が前で越える。

 

これは3人となりそうだ。

 

ゴール前で、二人のスプリントとなる。

 

猛烈なスピードでGreen Project-Bardiani CSF-Faizanèのヘノック・ムルランがゴールに向かう。後ろは、Soudal – Quick-Step Devo Teamのレカーフ・ウィリアム・ジュニアだ。

 

最後まで、先頭を譲らなかったGreen Project-Bardiani CSF-Faizanèのヘノック・ムルランが勝利だ!

昨日も、イーサン・バーノンに続いて2位に入っていたライダーで、23歳のエリトリア人。アフリカチャンピオンシップで2回勝利しており、これでキャリア3勝目だ。

ヘノック・ムルランは、総合でもトップに立った。

 

スポンサーリンク

リザルト

ヘノック・ムルランのコメント(チーム公式サイトより)

非常にタフなステージで、昨日はレース後にあまり気分が良くなかった。実際、胃の問題があったが、幸運にも今朝は過ぎ去り、体調は良好だった。

最後の登りでは、チームメイトがリードを取り戻し、スプリントに勝つのを助けてくれた。一般分類のリーダーのジャージを着ることに大きな感動を覚えた。

私はそれを繰り返すのをやめないが、私に与えてくれた一般の人々にもう一度感謝したいと思う。彼らは多くのことをサポートしている。

第3ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 14 5:13:37
2
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 5 ,,
3
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team 3 0:02
4
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies   0:07
5
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team   0:11
6
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi   ,,
7
 BADILATTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
8
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
9
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   ,,
10
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
11
 BONNET Thomas
TotalEnergies   ,,
12
 YEMANE Dawit
Bike Aid   ,,
13
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
14
 MUHOZA Eric
Bike Aid   ,,
15
 MAIN Kent
South Africa   ,,
16
 REINDERINK Pepijn
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
17
 ITURRIA Mikel
Euskaltel – Euskadi   0:21
18
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk   0:24
19
 BLACKMORE Joseph
Great Britain   0:27
20
 VERCHER Mattéo
TotalEnergies   ,,
21
 PICCOLI James
China Glory Continental Cycling Team   ,,
22
 FROOME Chris
Israel – Premier Tech   0:34
23
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:47
24
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi   0:49
25
 GABBURO Davide
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:58
26
 GRELLIER Fabien
TotalEnergies   1:09
27
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team   1:11
28
 NIYONKURU Samuel
Rwanda   1:15
29
 ORMISTON Callum
South Africa   1:27
30
 FOUCHÉ James
Bolton Equities Black Spoke   1:44

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI Time
1 2 ▲1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 3 11:20:59
2 32 ▲30
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
3 24 ▲21
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team   0:02
4 22 ▲18
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies   0:07
5 5
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team   0:11
6 16 ▲10
 YEMANE Dawit
Bike Aid   ,,
7 18 ▲11
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
8 26 ▲18
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
9 27 ▲18
 MUHOZA Eric
Bike Aid   ,,
10 29 ▲19
 REINDERINK Pepijn
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
11 35 ▲24
 BADILATTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
12 39 ▲27
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   ,,
13 42 ▲29
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi   ,,
14 36 ▲22
 MAIN Kent
South Africa   ,,
15 43 ▲28
 ITURRIA Mikel
Euskaltel – Euskadi   0:21
16 25 ▲9
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk   0:24
17 14 ▼3
 BLACKMORE Joseph
Great Britain   0:27
18 38 ▲20
 VERCHER Mattéo
TotalEnergies   ,,
19 37 ▲18
 PICCOLI James
China Glory Continental Cycling Team   ,,
20 46 ▲26
 FROOME Chris
Israel – Premier Tech   0:42
21 48 ▲27
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team   0:43
22 45 ▲23
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:47
23 21 ▼2
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi   0:49
24 47 ▲23
 GABBURO Davide
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   1:08
25 44 ▲19
 GRELLIER Fabien
TotalEnergies   1:09
26 15 ▼11
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team   1:11
27 30 ▲3
 NIYONKURU Samuel
Rwanda   1:15
28 28
 ORMISTON Callum
South Africa   1:27
29 31 ▲2
 ORAM James
Bolton Equities Black Spoke   1:50
30 84 ▲54
 FOUCHÉ James
Bolton Equities Black Spoke   11:21

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PRITZEN Marc Oliver
EF Education-NIPPO Development Team 36
2 2
 NSENGIMANA Jean Bosco
Rwanda 32
3 4 ▲1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 13
4 6 ▲2
 FOUCHÉ James
Bolton Equities Black Spoke 13
5  
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 6
6  
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team 3
7 5 ▼2
 MUGISHA Moise
Rwanda 3
8 7 ▼1
 BONNET Thomas
TotalEnergies 2
9  
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies 1
10 8 ▼2
 REINDERINK Pepijn
Soudal – Quick-Step Devo Team 1

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 14 ▲13
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 11:20:59
2 3 ▲1
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team 0:11
3 9 ▲6
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke ,,
4 10 ▲6
 MUHOZA Eric
Bike Aid ,,
5 12 ▲7
 REINDERINK Pepijn
Soudal – Quick-Step Devo Team ,,
6 17 ▲11
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè ,,
7 6 ▼1
 BLACKMORE Joseph
Great Britain 0:27
8 16 ▲8
 VERCHER Mattéo
TotalEnergies ,,
9 19 ▲10
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team 0:43
10 13 ▲3
 NIYONKURU Samuel
Rwanda 1:15

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました