ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・ルワンダ第6ステージ クイーンステージを制したクライマーは?

海外情報
Photo credit: Paul Kagame on Visualhunt.com
この記事は約14分で読めます。

第5ステージでは、クリス・フルームが爆走を見せてくれた。ただ、不運3連発はあまりにも理不尽。ちょっと残念だった。

 

ステージのほうは、毎日リーダーが日替わりで変わるので、こちらも中々面白い。

 

スポンサーリンク

第6ステージ    ルバブ~ジカンビ 157km

コースプロフィール phto tourdurwanda

 

第6ステージも、スタートから2,478mの標高まで上がっていく。超級山岳が二つ用意されているので、これがクイーンステージと考えて良いだろう。

ただ、残りの2ステージも結構厳しいので、総合が決定するのはまだ先となりそう。

 

  1. 超級山岳 キラガ 4km・8.1%
  2. 1級山岳 サシュワラ  20.9km・3.7%
  3. スプリントポイント Musanze
  4. 1級山岳 キブルガ 7km・5.4%
  5. スプリントポイント Base
  6. 超級山岳 テテロ  6.6km・6.9%
  7. 3級山岳 ギカンビ 5.6km・4.3%

 

スタート前

YouTube動画 スクリーンショット以下同様

Soudal – Quick-Step Devo Teamのリーダージャージとなった、レカーフ・ウィリアム・ジュニアは、ちゃんと髭を剃っている。これならば若者に見える。

 

留目夕陽は、何か聞いているけど、言葉は通じているのかな?

 

Israel – Premier Techはクリス・フルームと二人になってしまった。

 

スタート

スタートで4賞が並ぶ。

 

70人のライダーがスタート。

 

超級山岳 キラガ 4km・8.1%

Q36.5 Pro Cycling Teamのマッティオ・バディラッティを先頭とする4人が登りで抜け出る。

 

さらに4人が追走。

 

集団はSoudal – Quick-Step Devo Teamが引く。

 

8人の逃げ

4人が追いついて、8人が逃げに。

  1. マッテオ・バディラッティ (Q36.5 Pro Cycling Team)
  2. ダヴィデ・ガッブロ (Green Project-Bardiani CSF-Faizanè)
  3. PRITZEN Marc Olive (EF Education-NIPPO Development Team)
  4. ファビアン・グルリエ (TotalEnergies)
  5. Xabier Berasategi(Euskaltel – Euskadi)
  6. James Fouché ( Bolton Equities Black Spoke)
  7. AREFAYNE Aklilu (Eritrea)
  8. Mohd Zariff (Terengganu Polygon Cycling Team)

 

先頭は山岳を上がるが沿道の声援が凄い。

 

1級山岳 サシュワラ  20.9km・3.7%

登りでは、TotalEnergiesのファビアン・グルリエが引く。

 

1級山岳を越えた。

 

凄い人だかりだ。ライダーが見えないほど。

 

スプリントポイント Musanze

スプリントポイントを通過。

 

集団の並びは変わらない。

 

登りでは、Q36.5 Pro Cycling Teamのマッティオ・バディラッティが引く。

 

超級山岳 テテロ  6.6km・6.9%

残り34kmでQ36.5 Pro Cycling Teamのマッティオ・バディラッティがアタック!

 

マッティオ・バディラッティは、ここから単独でいくのか。

 

ついていけたのは一人だけだ。

  1. マッテオ・バディラッティ (Q36.5 Pro Cycling Team)
  2. AREFAYNE Aklilu (Eritrea)

 

このマッティオ・バディラッティのアタックで、TotalEnergiesのファビアン・グルリエが切れる。

 

そして、Green Project-Bardiani CSF-FaizanèとEF Education-NIPPO Development Teamの二人も切れてしまう。

 

マッテオ・バディラッティは、残り29kmで単独となり、集団まで2分30秒。

 

マッティオ・バディラッティが超級山岳をトップ通過だ。集団まで1分30秒のタイム差。

 

残り10kmで逃げを次々と捕まえていく。

 

マッテオ・バディラッティが単独で逃げ続けている。

 

残り300m。後ろに集団が小さく見えている。

 

マッテオ・バディラッティは、ゴールのかなり手前から天を指さしている。

 

マッテオ・バディラッティが集団に10秒のタイム差をつけて独走で勝利。Groupama – FDJからQ36.5 Pro Cycling Teamに移籍してプロ初勝利となった。

これで、Q36.5 Pro Cycling Teamはチーム発足して2勝目となった。

 

スポンサーリンク

リザルト

マッティオ・バディラッティのコメント(チーム公式サイトより)

序盤から攻めの姿勢を貫き、最終的には見事な勝利とウォルター・カルゾーニの2位で報われた。

このレースの主な目標のひとつはステージ優勝だったので、今日は前に出ることが目標だった。逃げは最初から行っていた。最初は集団があまりまとまって走っていなかったが、その後スマートな走りをするようになった。

最後の登りでは単独走行になったが、フィニッシュまで行けると確信していた。自分のペースを守り、適切な瞬間に力を発揮しなければならなかった。最後の登りで、優勝を狙えると確信したんだ。

第6ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 BADILATTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 14 4:11:05
2
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team 5 0:10
3
 MAIN Kent
South Africa 3 0:12
4
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:14
5
 BLACKMORE Joseph
Great Britain   ,,
6
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke   ,,
7
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
8
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies   ,,
9
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
10
 MUHOZA Eric
Bike Aid   ,,
11
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
12
 YEMANE Dawit
Bike Aid   ,,
13
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
14
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi   ,,
15
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk   ,,
16
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:19
17
 ZERAI Nahom
Q36.5 Pro Cycling Team   0:22
18
 ORMISTON Callum
South Africa   ,,
19
 ITURRIA Mikel
Euskaltel – Euskadi   0:24
20
 MASENGESHO Vainqueur
Rwanda   0:29
21
 FJELLHEIM Henrik Teslo
EF Education-NIPPO Development Team   0:33
22
 TEKLEHAIMANOT Daniel
Eritrea   0:38
23
 MAATOUGUI Nasser Eddine
Morocco   0:46
24
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team   0:52
25
 PICCOLI James
China Glory Continental Cycling Team   1:05
26
 NIYONKURU Samuel
Rwanda   ,,
27
 NSENGIMANA Jean Bosco
Rwanda   ,,
28
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi   1:58
29
 BONNET Thomas
TotalEnergies   2:50
30
 AREFAYNE Aklilu
Eritrea   4:55

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI Time
1 1
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 3 23:52:09
2 2
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team   0:02
3 5 ▲2
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team   0:07
4 4
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies   ,,
5 6 ▲1
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team   0:11
6 7 ▲1
 MUHOZA Eric
Bike Aid   ,,
7 8 ▲1
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
8 9 ▲1
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi   ,,
9 10 ▲1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:13
10 11 ▲1
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:22
11 13 ▲2
 MAIN Kent
South Africa   0:24
12 14 ▲2
 BLACKMORE Joseph
Great Britain   0:27
13 12 ▼1
 ITURRIA Mikel
Euskaltel – Euskadi   0:31
14 16 ▲2
 YEMANE Dawit
Bike Aid   0:42
15 18 ▲3
 BADILATTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team   0:54
16 17 ▲1
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk   0:55
17 15 ▼2
 PICCOLI James
China Glory Continental Cycling Team   1:18
18 19 ▲1
 ORMISTON Callum
South Africa   1:29
19 20 ▲1
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi   5:41
20 23 ▲3
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke   8:36
21 22 ▲1
 ORAM James
Bolton Equities Black Spoke   10:33
22 27 ▲5
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team   16:22
23 28 ▲5
 NIYONKURU Samuel
Rwanda   16:46
24 24
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team   17:21
25 21 ▼4
 FROOME Chris
Israel – Premier Tech   18:53
26 29 ▲3
 BONNET Thomas
TotalEnergies   19:46
27 33 ▲6
 FJELLHEIM Henrik Teslo
EF Education-NIPPO Development Team   21:27
28 26 ▼2
 ETXEBERRIA Asier
Euskaltel – Euskadi   23:10
29 32 ▲3
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   26:04
30 31 ▲1
 BERASATEGI Xabier
Euskaltel – Euskadi   27:30

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PRITZEN Marc Oliver
EF Education-NIPPO Development Team 65
2 3 ▲1
 AREFAYNE Aklilu
Eritrea 52
3 2 ▼1
 NSENGIMANA Jean Bosco
Rwanda 32
4 13 ▲9
 BADILATTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 31
5 4 ▼1
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team 20
6 5 ▼1
 ORMISTON Callum
South Africa 15
7 6 ▼1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 14
8 7 ▼1
 FOUCHÉ James
Bolton Equities Black Spoke 13
9 8 ▼1
 FROOME Chris
Israel – Premier Tech 10
10  
 TODOME Yuhi
EF Education-NIPPO Development Team 10

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 23:52:09
2 3 ▲1
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team 0:07
3 4 ▲1
 MUHOZA Eric
Bike Aid 0:11
4 5 ▲1
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke ,,
5 6 ▲1
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 0:22
6 7 ▲1
 BLACKMORE Joseph
Great Britain 0:27
7 8 ▲1
 ORMISTON Callum
South Africa 1:29
8 10 ▲2
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team 16:22
9 11 ▲2
 NIYONKURU Samuel
Rwanda 16:46
10 13 ▲3
 FJELLHEIM Henrik Teslo
EF Education-NIPPO Development Team 21:27

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました