ロードバイクの情報を発信しています!

2023 グラン・ピエモンテ ワウト・ファンアールトの今シーズン最後のレースの結果は?

海外情報
Photo credit: Fotografias de Su Nuraghe on VisualHunt
この記事は約11分で読めます。

グラン・ピエモンテは、アペニン山脈を舞台とする、ワンデーのProレース。Gran Piemonte(1.Pro)

2008年まではジロ・デル・ピエモンテ(Giro del Piemonte)の名称で知られていた。

例年欧州ロードレースシーズンの終盤、10月に開催される。また、イル・ロンバルディアとの日程間隔が短いこともあり、同レースの前哨戦として調整として使う選手もいる。

 

過去の優勝者は

  • 2022   イバン・ガルシア
  • 2021   マシュー・ウォールズ
  • 2020    ジョージ・ベネット
  • 2019 エガン・ベルナル
  • 2018 ソンニ・コルブレッリ
  • 2016 ジャコモ・ニッツォーロ
  • 2015 ヤン・バークランツ
  • 2012 リゴベルト・ウラン
  • 2011 ダニエル・モレノ
  • 2010 フィリップ・ジルベール
  • 2009 フィリップ・ジルベール
  • 2008 ダニエーレ・ベンナーティ

 

スポンサーリンク

ボルゴフランコ・ディヴレア~ファヴリア  152 km

コースマップ  photo ilgranpiemonte

 

昨年からコースは変わって、トリノからさらに約60km北にあるボルゴフランコ・ディブレアからスタート。

2022年と比べて、2023年のグラン・ピエモンテははるかに困難だが、今年のレースは152kmと短い。

後半の4つの登りを克服してゴールに向かう。ファブリアのゴールに向かって下ってくるのは誰だろうか。

 

コースプロフィール photo ilgranpiemonte

 

  1. 山岳ポイント コレレット・カステルヌオーヴォ 7.1km・3.5%
  2. 山岳ポイント Loc. Faiallo (Pont Canavese) 5.2km・5.5%
  3. 山岳ポイント アルペット  5km・8.8%
  4. 山岳ポイント プラスコルサーノ  4.4km・3.5%

 

注目のライダーは

  • Movistar Team イバン・ガルシア、アレクサンデル・アランブル、マッティオ・ヨルゲルソン、イバン・ソーサ
  • Alpecin-Deceuninck ステファノ・オルダーニ
  • Astana Qazaqstan Team ダビ・デラクラス、ジャンニ・モスコン
  • Bahrain – Victorious ミケル・ランダ、サンティアゴ・ブイトラゴ
  • BORA – hansgrohe イーデ・シュリング、ボブ・ユンゲルス
  • Cofidis ギヨーム・マルタン、ヘスス・エラダ
  • EF Education-EasyPost ミッケルフレーリク・ホノレ
  • EOLO-Kometa ヴィンチェンツォ・アルパネーゼ
  • INEOS Grenadiers フィリッポ・ガンナ、テイメン・アレンスマン
  • Intermarché – Circus – Wanty ロレンツォ・ロタ、ルイ・コスタ・レイン・タラマエ
  • Israel – Premier Tech ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ
  • Jumbo-Visma ワウト・ファンアールト、ウィルコ・ケルデルマン、ステファン・クライスヴァイク、サム・オーメン、アッティラ・ヴァルテル
  • Lidl – Trek バウケ・モレマ
  • Lotto Dstny トーマス・デヘント、マキシム・ファンジルス
  • Soudal – Quick Step マティア・カッタネオ、マウロ・シュミット
  • Team dsm – firmenich
  • Team Jayco AlUla マイケル・マシューズ、サイモン・イェーツ、エディ・ダンパー
  • UAE Team Emirates ダヴィデ・フォルモロ、マルク・ヒルシ、ディエゴ・ウリッシ

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ワウト・ファンアールトのコメント

ベルノッキからこのレースまでの間、良い日々を過ごしたので、またレースする準備ができていると感じている。

小集団でのスプリントが一番チャンスだが、途中でワゴンに加わり、勝利を目指してスプリントすることが重要だ。ただし、さまざまなレースシナリオを考慮する必要がある。

スプリンターだけでなく、非常に強いクライマーも参加する興味深い分野だ。サイモン・イェーツ、ミケル・ランダとサンティアゴ・ブイトラゴらが、何をするつもりなのか見てみる。

このまま上り坂が続くと厳しいだろう。

 

テイメン・アレンスマンのコメント

再びレースができるのはとても嬉しいが、過去のレースでは調子が良くなかった。本当はイル・ロンバルディアにも乗る予定だったが、グラン・ピエモンテ後にシーズンを終えることにした。

難しいシーズンだったので、レースに出場できるようになるまで、かなりの努力をしなければならなかった。チームとともに前向きな気持ちでシーズンを終えることができるように、今もレースができることが重要だ。

怪我をして復帰が2月まで待たされることは避けたかった。チームメイトたち、つまりプロトンと一緒にシーズンを終えるほうが気持ちがいい。

 

少し曇り空。

 

ニュートラルスタート。

 

ファーストアタックは、Team CorratecSelle Italiaのチャリー・クォーターマン。これがラストレースとなる。

 

チャリー・クォーターマンのアタックは決まらず。

 

Lotto-Dstnyのトーマス・デヘントもアタック。

 

これも決まらず。

 

14人の逃げ

強力な14人が逃げている。

 

落車から復帰のテイメン・アレンスマンはしっかりと逃げに乗っている。

 

山岳ポイント アルペット  5km・8.8%

こちらは集団。残り34.5km。

 

先頭からAstana Qazaqstan Team のアロルド・テハダがアタック。ダヴィデ・フォルモロが張り付く。

 

登りで先頭は4人が抜け出す。

 

メンバーは

  1. アロルド・テハダ Astana Qazaqstan Team
  2. ダヴィデ・フォルモロ UAE Team Emirates
  3. ルイ・コスタ Intermarché – Circus – Wanty
  4. ヨナタン・カイセド EF Education-EasyPost

 

逃げていた、Team Jayco AlUlaのマイケル・マシューズが集団に捕まる。

 

テイメン・アレンスマンも集団に吸収される。

 

集団はTeam Jayco AlUlaが引いている。2番手はエディー・ダンパー。

 

あら~、ワウト・ファンアールトは集団から切れている。

 

切れた集団の先頭をワウトが引いている。後方には、アッティラ・ヴァルテルもいるが、もう引けない。

 

集団先頭は、Soudal – Quick Stepのマティア・カッタネオに代わっている。後ろには、アンドレア・バジオーリ、Team Jayco AlUlaのエディー・ダンパーがついている。

 

追走は3人。

  1. マティア・カッタネオ Soudal – Quick Step
  2. アンドレア・バジオーリ Soudal – Quick Step
  3. エディー・ダンパー Team Jayco AlUla

 

さらに、後ろからUAE Team Emiratesのマルク・ヒルシもきて追走は4人に。

 

ワウト・ファンアールトは完全に切れている。グラベル世界選手権は大丈夫なのだろうか。まあ、登りではないので関係ないかな。

 

追走の人数がどんどん増えている。Team Jayco AlUlaのサイモン・イェーツ。Movistar Teamのマッティオ・ヨルゲルソンもいる。

 

残り28.8km。追走は14人に。最後尾は逃げに乗っていた、BORA – hansgroheのボブ・ユンゲルス。

 

 

残り24.3km。先頭を走るルイ・コスタが速い。ヨナタン・カイセドは遅れそうだ。

 

残り21.1km。タイム差は28秒と保っている。

 

追走にはMovistar Teamから二人。

  • マッティオ・ヨルゲルソン
  • アレクサンデル・アランブル

 

山岳ポイント プラスコルサーノ  4.4km・3.5%

先頭4人は最後の山岳に。ここは短い。

 

あっと、先頭4人が捕まってしまった。

 

残り17.6km。結構な人数が追いついた。約40人はいる。

 

ここで、UAE Team Emiratesのマルク・ヒルシがアタック!

 

これにアンドレア・バジオーリが反応して追いこしていく。

 

アンドレア・バジオーリが好調だ。

 

先頭は二人に。

 

残り14.1km。二人のタイム差は3秒くらいしかない。

 

カメラが風景を映している間に二人が追いつく。

  1. アレクサンデル・アランブル Movistar Team
  2. ギヨーム・マルタン Cofidis
  3. アンドレア・バジオーリ Soudal – Quick Step
  4. マルク・ヒルシ UAE Team Emirates

 

追走も激しく追っている。

 

4人の後ろに集団が見えている。

 

残り9.2km。6秒くらいの差。

 

残り5.4km。タイム差が12秒と広がる。

 

INEOS Grenadiersのベン・ターナーが全開で引くが、タイム差は16秒と広がっている。

 

残り2.3kmで20秒と開いた。これは決まりだ。

 

Israel – Premier Techのドメニコ・ポッツォヴィーヴォが必死で引く。

 

残り1.1km。16秒差あるので牽制する時間もある。

 

まずは、アレクサンデル・アランブルが様子見。

 

ギヨーム・マルタンが最後尾からアタック。これはいつものパターンだけど、クライマーではスプリントで勝ち目がない。

 

ギヨーム・マルタンは捕まる。

 

アレクサンデル・アランブル先頭でゴールに。

 

最後のカーブをアレクサンデル・アランブル先頭で曲がる。

 

さあ、スプリント開始。

 

マルク・ヒルシが追いこんでくる。

 

アンドレア・バジオーリとマルク・ヒルシの一騎打ちとなった。

 

あ~、だがアンドレア・バジオーリが速い!

 

アンドレア・バジオーリが雄たけびだ~!

アンドレア・バジオーリは、今シーズンの3勝目。地元イタリアでの勝利は格別だろう。今シーズン最後のレースを見事に勝ち取っている。

来シーズンからはLidl-Trekだ。

 

後方では、カーブで落車が発生している。

  • ヴィンチェンゾ・アルバネーゼ EOLO-Kometa
  • ジャコポ・モスカ Lidl-Trek

 

スポンサーリンク

リザルト

アンドレア・バジオーリのコメント

この勝利は意外でしたか?

最後のレースで調子が良かったので驚かない。今日は優勝を狙ったんだ。スタートから90kmは平坦で、とても速いスタートだった。逃げ集団をコントロールするのは大変だった。

ドリース・デヴァイナンスも一緒だったしね。最後の登りでは、マッティア・カッタネオが素晴らしい仕事をしてくれた。最後の小さな上りで、僕たちはそれを狙って、そして全力で走った。プロトンは常に遠くにいなかった。でもスプリント勝負になって、僕が勝ったんだ。

とてもうれしい。来年、プロになって最初の4年間を過ごしたチームを離れる。この勝利でさよならを言うことができて、とてもうれしいよ。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 BAGIOLI Andrea
Soudal – Quick Step 200 3:20:25
2
 HIRSCHI Marc
UAE Team Emirates 150 ,,
3
 ARANBURU Alex
Movistar Team 125 ,,
4
 MARTIN Guillaume
Cofidis 100 0:02
5
 GANNA Filippo
INEOS Grenadiers 85 0:11
6
 COSTA Rui
Intermarché – Circus – Wanty 70 ,,
7
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Circus – Wanty 60 ,,
8
 MARCELLUSI Martin
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 50 0:16
9
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team 40 ,,
10
 TIBERI Antonio
Bahrain – Victorious 35 ,,

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました