ロードバイクの情報を発信しています!

2023シクロクロスベルギー選手権 本場ベルギーの王者の栄冠は誰の手に?

海外情報
Photo credit: F.d.W. on Visualhunt
この記事は約9分で読めます。

1月15日は各国で全国選手権が開催。本場ベルギーの開催地はローケレン。

ディフェンディグチャンピオンのワウト・ファンアールトはチームキャンプで不在。2023年のベルギー王者は誰となるのか。

 

歴代優勝者

2022:  ワウト・ファンアールト
2021:  ワウト・ファンアールト
2020:  ローレンス・スウィーク
2019:  トーン・アールツ
2018:  ワウト・ファンアールト
2017:  ワウト・ファンアールト
2016:  ワウト・ファンアールト
2015:  クラース・ヴァントルノウト
2014:  スヴェン・ナイス
2013:  クラース・ヴァントルノウト

 

スポンサーリンク

2023ベルギー選手権

コースマップ photo veldrijden

 

ベルギー選手権は1910年から開催されており、最も歴史のある大会。

NMBS 駅の駐車場からスタートするコースは1周3.3km。Oeverparkの公園内の、高低差のある森林コース。女子エリートが行われた時よりは、路面のドロドロ具合は少し収まっている。

それでも、平坦でも休憩出来ないほど路面は湿っており、一部は完全に水たまり部分もある。

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

有力候補は、ワールドカップリーダーのローレンス・スウィーク。「同チームのマイケル・ファントーレンハウトとエリ・イーゼルビットがお互いを許しているかを見ていく。」

 

欧州チャンピオンのマイケル・ファントーレンハウト。「昨日とは完全に違うがタフなコースだ。」

 

小さな巨人、エリ・イーゼルビット。「最高の状態にあるものがジャージを着る。」

 

スタートでは、ティボー・ネイスがトップ。プロ契約をしているのでU23のレースには出場出来ない。

 

ファーストコーナーもティボー・ネイス。

 

ティボー・ネイスに続くには、ローレンス・スウィーク、エリ・イーゼルビット。

 

階段前では、マイケル・ファントーレンハウトが3番手に。

 

泥区間で、ローレンス・スウィークが、足をついたティボー・ネイスを抜いていく。

 

トップは、ローレンス・スウィークに。ティボー・ネイスは3番手に下がる。

 

4番手にエリ・イーゼルビット。ニルス・ファンデプッテなどが続く。

 

ドロドロでみんな長く担ぎ。

 

ローレンス・スウィークにマイケル・ファントーレンハウトが追いつく。二人が少し抜け出した。

 

3番手のティボー・ネイスはバイクのフロントが泥に突き刺さってしまう。あやうく泥んこに突っ込みそうになる。

 

ティボー・ネイスは、エリ・イーゼルビットに抜かれ3位グループに。

 

今度はエリ・イーゼルビットが滑ってしまう。顔をしかめており、背中や腰が痛そうだ。

 

2周目

13秒差でティボー・ネイスがゴールラインを通過。

 

二人のガチンコ勝負となりそうだ。

 

ローレンス・スウィークがずっと前を引き続けている。

 

3番手はティボー・ネイスが完全に抜け出した。

 

3周目

ゴールラインで、ローレンス・スウィークがマイケル・ファントーレンハウトに前に出ろよと合図。

 

マイケル・ファントーレンハウトが飛ばすが、ローレンス・スウィークは離れない。足を溜めている感じか。

 

長い担ぎ区間。ティボー・ネイスは3番手をキープできるか。

 

マイケル・ファントーレンハウトが登りでアタック気味にペースを上げて引き離したが、すぐにローレンス・スウィークも追いつく。

 

4周目

この周回は、ローレンス・スウィークが前に出る。1周交代と言った感じか。

 

エリ・イーゼルビットは46秒遅れの4位で通過。

 

折り返しからの登りで、後ろを確認したローレンス・スウィークが踏み込む。

 

2秒ほど離れたか。

 

5番手のイエンス・アダムスが落車しそうに。

 

ランニングのスピードは互角。ただ、2秒差が詰まらない。

 

マイケル・ファントーレンハウトが追いついた。

 

5周目

これは、最終周まで二人の戦いは続きそうだ。

 

ローレンス・スウィークが、滑って足をついた時にマイケル・ファントーレンハウトが前に出る。

 

ティボー・ネイスがまた、泥に捕まってしまう。

 

ティボー・ネイスの右腰は、パンツが破れている。

 

おっと、バイク交換でメカニックと交錯。ローレンス・スウィークが少し遅れる。

 

マイケル・ファントーレンハウトが仕掛けている。

 

ローレンス・スウィークが、下りからのカーブで足をついてしまった。

 

マイケル・ファントーレンハウトはチャンスだ。

 

6周目

マイケル・ファントーレンハウトは、4秒差をつけてゴールラインを通過。

 

あ~、泥区間で一気にローレンス・スウィークが、追いついた。

 

次に、ローレンス・スウィークが、前に出る時にはアタックするだろう。

 

土砂降りとなってきた。ますます路面は悪くなる。

 

マイケル・ファントーレンハウトがスパートだ。

 

猛烈なスピードで駆け抜ける。

 

僅かな差だけど、ローレンス・スウィークが追いつかない!

 

マイケル・ファントーレンハウトが、ローレンス・スウィークを振り切って勝利!

ついにベルギー王者の称号を手にいれた。これで、欧州チャンピオンに続いてベルギーチャンピオンにも輝いた。

 

3位には、ティボー・ネイスが入る。エリートの中で表彰台を得るのは素晴らしいことだ。解説席の親父さんスヴェン・ナイスも喜んでいるはず。

 

リザルト

マイケル・ファントーレンハウトのコメント

とても幸せだ。ローレンスと僕との素晴らしい対決だった。走っているときは彼の方が少しだけ良かったかもしれないが、最後のラップでは少し調子が悪いと感じた。それから僕はただ抜け出そうとした。

 

2位のローレンス・スウィークのコメント

確かに、互角の勝負だったと思う。その点では、彼にふさわしいと思う。しかし、私の考えでは、スタート前にボックスを選び、レース全体でその中にいると思う。戦術的には、序盤は良い選択をしたと思う。

1周目、あそこで差がついたのは見ての通りだ。そして、2周目にポストに入ってくると、それまで後方にいた相手が急に同じ場所にいる。なぜ、守られないルールがあるのかわからない。

一時的に2度ほど拘束されてましたね。

それもだ。彼(マイケル・ファントーレンハウトのメカニック)がバイクを持ち去ったのは、ちょっとわざとらしいというか…ライダーとしては、そういうことがあると感じてしまうんですよね。

それはやはり、ちょっとだけだが、言ってみれば、ルールがあるということだ。

このピットでの交錯で追撃を余儀なくされましたね。決勝では、それが影響しましたか?

最後のギャップは、本当に力を振り絞って繋ぎ返したと思う。コースはもう少し滑りやすく、危険な状態だったので、ミスが忍び寄るのだ。

 

3位のティボー・ネイスのコメント

最高です。これは、私がすでに達成した最も偉大なことの一つだ。自分自身を非常に誇りに思っている。まだ実感がわかない。

自分で無理やり作ったという部分が大きいですね。また、エリ・イーゼルビットが激しく転倒し、後ろに倒れたこともあった。この2つが揃ったことで表彰台を獲得することができた。

素晴らしいスタートを切り、まずフィールドに飛び込みましたね。

わざとではない。グリッドが短いので、自分の爆発力がそこで役に立つと思ったんだ。1周目でマイケル・ファントーレンハウトとローレンス・スウィークを行かせなければならなかったが、そのことは気にしていなかった。2人は最初の数キロが早すぎた。彼らに追いつくことは考えられなかった。

RnkRiderTeamTime
1
 VANTHOURENHOUT Michael
Pauwels Sauzen – Bingoal1:00:04
2
 SWEECK Laurens
Crelan – Fristads0:02
3
 NYS Thibau
Baloise Trek Lions1:42
4
 ISERBYT Eli
Pauwels Sauzen – Bingoal2:29
5
 KUYPERS Gerben
Proximus – AlphaMotorhomes – Doltcini CT2:39
6
 ADAMS Jens
Chocovit Cycling Team2:53
7
 KIELICH Timo
Crelan – Fristads3:15
8
 VERSTRYNGE Emiel
Crelan – Fristads3:44
9
 WYSEURE Joran
Crelan – Fristads3:53
10
 MICHELS Jente
Alpecin – Deceuninck4:03
11
 LOOCKX Lander
Deschacht – Hens – Maes4:11
12
 VANDEPUTTE Niels
Alpecin – Deceuninck4:43
13
 BAESTAENS Vincent
Spits CX Team5:17
14
 SOETE Daan
Deschacht – Hens – Maes5:38
15
 HORNY Clement
 5:51
16
 AERTS Thijs
Tormans Cyclo Cross Team6:47
17
 FERDINANDE Anton
Deschacht – Hens – Maes7:01
18
 SIEMONS Julian
 7:02
19
 BEKAERT Yentl
Baloise Trek Lions7:15
20
 ALDERWEIRELD Robin
 7:39
21
 UYTDEWILLIGEN Ingmar
Tarteletto – Isorex CX Team7:55
22
 DOCKX Aaron
Crelan – Fristads8:07
23
 DE VET Sander
Basso Team Flanders8:19
24
 WUYTS Mathijs
 8:50
25
 PEMEN Dolf
Proximus – AlphaMotorhomes – Doltcini CT9:14
26
 VRACHTEN Arne
 9:24
27
 VERHEYEN Thomas
 10:47

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました