ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ベルギー選手権ロード 自転車王国ベルギーのチャンピオンは?

海外情報
Photo credit: saigneurdeguerre on VisualHunt
この記事は約14分で読めます。

自転車王国ベルギー選手権ロード。National Championships Belgium – Road Race(NC)

ベルギーを本拠地とするSoudal – Quick Stepは、今年ティム・メルリエを手にいれている。レースの中心となるはずだ。

だが、Alpecin-Deceuninck、Intermarché – Circus – Wanty、Lotto-Dstnyも同様に母国での勝利を狙う。

 

過去の優勝者

  • 2022    ティム・メルリエ
  • 2021 ワウト・ファンアールト
  • 2020 ドリース・デポンド
  • 2019 ティム・メルリエ
  • 2018   イヴ・ランパールト
  • 2017 オリバー・ナーセン
  • 2016 フィリップ・ジルベール
  • 2015 プレーベン・バン・ヘッケ
  • 2014 イェンス・デブシェル

 

スポンサーリンク

イゼゲム~イゼゲム 230.7km

コースマップ phtoto belgiancycling

 

イゼゲムをスタートして、50kmを超えたところで、フーフェルラントのループに入る。

15.4kmの3周には、毎回モンテベルクとケンメルベルクが待っている。イーペルを経由してコースは再びイゼゲムに設定され、そこで25.3kmのローカル4周が待っている。

風の影響はあるだろうけど、最後はスプリントで決着と予想される。

 

注目のライダーは

  • Soudal – Quick Step ティム・メルリエ、レムコ・エヴェネプール、イヴ・ランパールト、イラン・ファンワイルダー、マウリ・ファンセベナント
  • Alpecin-Deceuninck ジャスパー・フィリップセン、ドリース・デポンド、クイントン・ヘルマンス、ジャンニ・フェルメルシュ 
  • Intermarché – Circus – Wanty ヘルベン・タイッセン、アンネ・マリット、ローレンス・ローレンツ・レックス
  • Lotto-Dstny アルノー・デリー、ヴィクトール・カンペナールツ、トーマス・デヘント、マキシム・ファンジルス、ミラン・メンテン
  • Israel – Premier Tech ディラン・トゥーンス、セップ・ファンマルク
  • AG2R Citroën Team グレッグ・ファンアーベルマート、オリバー・ナーセン、スタン・デウルフ
  • BORA-hansgrohe ヨルディ・メーウス、シアン・エイテブルックス
  • Jumbo-Visma ワウト・ファンアールト、テッシュ・ベノート
  • Trek-Segafredo ティボー・ネイス、エドワード・トゥーンス、ジャスバー・ストゥイヴェン

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

世界王者のレムコ・エヴェネプールは、タイムトライヤルでは大落車。だが、その怪我はほとんど気にならないという。今日はアシストとなりそうだ。

 

Soudal – Quick Stepのスプリンター、ティム・メルリエに対抗するのはAlpecin-Deceuninckのジャスパー・フィリップセン。「我々は複数のシナリオを描いているが、難しいレースとなりそうだ。」とコメント。

 

 

ワウト・ファンアールトは、「タイムトライヤルは自信をつけるのには良かった。厳しいレースを予想している。」とコメント。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

2018年優勝のSoudal – Quick Step、イヴ・ランパールトは「逃げをコントロールできればチームでの勝利に結びつく」とコメント。

 

Lotto-Dstnyのアルノー・デリーは、ダンケルク4日間第1ステージのゴール前で落車。肺の虚脱、肋骨、胸骨、鎖骨骨折をしていた。

「復帰に対して気負いは全くない。出来ればチームメイトを助けたい。」とコメント。

 

ベルギーは快晴。

 

7人の逃げ

7人が逃げに出ている。シクロクロスで活躍するローレンス・スウィークがAlpecin-Fenixの開発チームから出場している。

  1. ローレンス・スウィーク Alpecin-Deceuninck
  2. トッシュ・ファンデルサンド Jumbo-Visma
  3. イエール・ワライス Cofidis
  4. ヨルディ・ワロップ Soudal – Quick Step
  5. バティスト・プランカールト Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  6. Gianni Marchand (Tarteletto-Isorex)

 

こちらはケンメルベルグを上がる集団。

 

集団がゴールラインを通過。

 

逃げのメンバーは、大きく変わっている。ベルギーはライブ中継が上手く入らない。ずっとスヴェン・ナイスらの解説ばかり。それは映像を見てわかった。

  1. イヴ・ランパールト Soudal – Quick Step
  2. ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma
  3. トッシュ・ファンデルサンド Jumbo-Visma
  4. ネーサンファン・フーイドンク Jumbo-Visma
  5. イエール・ワライス Cofidis
  6. ドリース・ファンゲステル TotalEnergies
  7. セップ・ファンマルク Israel – Premier Tech
  8. フロリアン・フェルメルシュ Lotto-Dstny
  9. ジャンニ・フェルメルシュ Alpecin-Deceuninck
  10. イエール・ワライス Cofidis
  11. ドリス・デ・ブーター Intermarché-Circus-Wanty

 

残り83.4kmでタイム差は1分44秒。Team Flanders – Baloiseや、Sport Vlaanderen – Baloiseが集団を引いている。

 

2018年優勝のイヴ・ランパールト。2021優勝のワウト・ファンアールトの強力な逃げ集団だけど、このタイム差では逃げ切れることはないだろう。

 

集団はSoudal – Quick Stepのティム・デクレルが引きだした。先頭にイヴ・ランパールトがいるのに何故だろうか。

 

Jumbo-Visma先頭でゴールに。

 

残り3周

Jumbo-Vismaとしては逃げ切りを目指したいところ。

 

集団は1分30秒で通過。

 

残り67.5kmで1分6秒差。ワウト・ファンアールトは追いつかれたら集団についてスプリントだろう。

 

Intermarché – Circus – Wantyのバティスト・プランカールトがパンク。

 

ベルギーは相当暑そうで、イヴ・ランパールトは背中に氷を入れている。

 

なんと、ワウト・ファンアールトとイヴ・ランパールトの元王者コンビが逃げ始めた。残り56.5kmで40秒のタイム差だ。

 

追走は集団まで8秒。これは捕まりそうだ。

 

残り2周

先頭二人は残り2周に。

 

追走はギリギリでゴールラインを通過。54秒差で変わっていない。

 

残り47.1km。タイム差は49秒とじわりと縮まる。

 

元王者のオリバー・ナーセンはパンクでサポートを待っている。

 

残り34.2kmで17秒差に。良い追走が追いつけばよかったのだけど、これは集団につかまりそうだ。

 

集団の4番手にレムコが上がってきた。ついに世界王者が始動か。

 

残り32.4kmで10秒差。ワウト・ファンアールトは後ろを確認した。この後、二人は捕まる。

 

レムコ・エヴェネプールは前で展開する。

 

レムコが本気で踏むならば、この逃げが決まってしまう。

 

集団はまとまっている。ワウト・ファンアールトは集団後方に。

 

タイム差はでないが、少し前が抜けている。

 

先頭は9人に。

 

タイム差が出た。残り19kmで25秒差に。

 

タイム差が33秒と広がる。

 

Alpecin-Deceuninckのドリース・デポンドは最後尾にいる。Soudal – Quick Stepは、レムコとドリース・デヴァイナンス。

 

こうなると、どこかでレムコ・エヴェネプールはアタックをかけそうだけど。

 

先頭ではヴィクトール・カンペナールツが引きまくる。Lotto-Dstnyは、ジャスパー・デブイスト、アレック・セガードと3人先頭に入っている。

 

先頭はレムコのアタックで割れてしまった。

 

レムコについていけたのは、Lotto-Dstnyのアレック・セガードだけ。

 

アレック・セガードは前に出ない。

 

レムコが先頭交代を促すがアレック・セガードは交代しない。

 

残り5.1kmでタイムは集団まで結構ある。これは逃げ切ったのでは。

 

残り4km。タイム差は追走と15秒で変わらない。

 

追走のヴィクトール・カンペナールツや、ジャスパー・デブイストはアレック・セガードが前にいるので追う気はない。

 

残り2.1km。これは二人のうちのどちらかがベルギー王者だ。

 

残り1kmを切ったが、アレック・セガードは前に出ない。出れないのか?

 

ずっとレムコが前を引き続けている。

 

ゴール前でもレムコが前。

 

さあ、レムコが先頭からスプリント開始!

 

レムコが長くもがく!

 

アレック・セガードは並ぶことも出来ない!

 

レムコはゴール前から勝利を確信。ガッツポーズだ!

 

 

最後は雄たけびをあげる!

なんと、凄いレースをするのか。途中の逃げからアタックをかけて最後はスプリントでベルギー選手権を制してしまった。これで、タイムトライヤルで落車して4位なったのを帳消したと言って良いかも。落車の影響は感じられなかった。

ただ、アルカンシェルがあるのでベルギーチャンピオンジャージを披露するのは少し先になるだろう。

 

3位にはTrek-Segafredoのジャスパー・ストゥイヴェンが入っている。

 

スポンサーリンク

リザルト

レムコ・エヴェネプールのコメント

非常に優れたイヴ・ランパールトとワウト・ファンアールトを擁した、非常に難しいレースだった。

それは実際、私にとってもティム・メルリエにとっても理想的だった。実は最初の頃は超下手だった。ベルギータイムトライアルの後はいつもそうなのだが、最初の2時間はほとんどついていけない。

しかし、私は乗り越えた。最後の2ラウンドでは本当に素晴らしい気分だった。私は耳元でこう言った。もう一度試してみる。2回行って、2回目はうまくいった。

2度目の攻撃の後、アレック・セガードとともに前に出ましたね。完璧でしたか?

とにかく非常に難しいレースだった。遊んでいるのか、限界なのか分からなかった。とにかく、彼を責めることはできない。彼もとても強かった。

彼がプロ1年目で、ベルギー選手権のロードとTTの2度準優勝したことをとても尊敬している。

心配はしなかったし、自分のスプリントを信じていた。とても長いスプリントだった。これほど長いスプリントをしたのは初めてだ。

でも、勝つだけの爆発力はまだ残っていた。これはとてもいいものだよ。

レインボージャージを着てベルギーチャンピオンなりましたが、これをどのような位置に置くのでしょうか?

高いですね。また、8月にジャージを延長するのは難しいこともわかっている。これは素晴らしいバックアップだ。これを着られてうれしい。

今ではジャージ3 枚のうち2枚を持っている。ヨーロッパジャージにも近づいてきた。しかし、自国のチャンピオンになることはあまり多くを語ることはできない。

チャンピオンになるのは同じライダーであることがよくある。だから、はい、とても幸せです。

 

アレック・セガードのコメント

こんなことは夢にも思わなかった。素晴らしい一週間だった。イゼゲムにあるドアの目の前でレースがあるということは、少し特別なことだ。私はここの学校に通っていた。

コース沿いには「アレック」と書かれた帽子をかぶった人がたくさんいて、「アレック」の旗も見かけた。ファンゾーンで私の名前を聞き続けた。今日は素晴らしい雰囲気だった。

終了まであと10kmほどのところでレムコが先頭集団から飛び出し、それに反応したのはあなただけでした。その時、足に何を感じたでしょうか?

本当に素晴らしい一日だったと言わざるを得ない。一日中ホイールの間に座って、残りの人と一緒にサーフィンをすることができた。温存、温存、温存だった。食事と水分補給は大切だ。

私も、最後には新鮮な気持ちで過ごせるよう、できる限りそうしようと努めた。私たちが8人か9人で戦っていたとき、レムコは何か別のことを試してみるべき男だとわかった。

それから彼のハンドルに落ち着いた。彼が出て行ったら、すぐに行かなければいけなかった。でも、その時はまだ気分が良かったと言わざるを得ない。

まだ可能だと信じていたが、レムコの方がまだ一クラス上かもしれない。

最後の数キロでは、ほとんど会話はなかったようですが。

私は主に、自分が壊れたふりをしなければならず、後ろにはまだ2人の男性がいるというふりをしなければいけなかった。そうやって彼にゴールまで連れて行ってもらわなければならなかった。

この結果で自分がタイムトライアル選手以上の人間であることを示せればと思っている。長くて難しいレースでは、私はいつも前に出る。今日はその好例だったと思う。

 

Rnk Rider Team UCI Time
1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 100 4:52:08
2
 SEGAERT Alec
Lotto Dstny 75 ,,
3
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo 60 0:19
4
 BENOOT Tiesj
Jumbo-Visma 50 ,,
5
 DE BUYST Jasper
Lotto Dstny 40 ,,
6
 DEWULF Stan
AG2R Citroën Team 30 ,,
7
 CAMPENAERTS Victor
Lotto Dstny 20 0:23
8
 DUPONT Timothy
Tarteletto – Isorex 10 0:37
9
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech 5 ,,
10
 VAN KEIRSBULCK Guillaume
Bingoal WB 3 0:39
11
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Circus – Wanty 3 0:51
12
 VAN GESTEL Dries
TotalEnergies 1 ,,
13
 MENTEN Milan
Lotto Dstny 1 ,,
14
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 1 ,,
15
 VAN POUCKE Aaron
Team Flanders – Baloise 1 ,,
16
 BIERMANS Jenthe
Team Arkéa Samsic   ,,
17
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step   ,,
18
 WILLEMS Thimo
VolkerWessels Cycling Team   ,,
19
 VERMOTE Julien
    ,,
20
 ALLEGAERT Piet
Cofidis   ,,
21
 LOOCKX Lander
    ,,
22
 DESAL Ceriel
Bingoal WB   ,,
23
 VAN ROOY Kenneth
Bingoal WB   ,,
24
 THEUNS Edward
Trek – Segafredo   ,,
25
 STOCKMAN Abram
TDT-Unibet Cycling Team   ,,
26
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech   ,,
27
 HERMANS Ben
Israel – Premier Tech   ,,
28
 VAN DE PAAR Jarne
Lotto Dstny   ,,
29
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck   ,,
30
 BOUTS Jordy
TDT-Unibet Cycling Team   ,,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました