ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツアー・オブ・デンマーク第1ステージ  復帰したエガン・ベルナルの走りは?

海外情報
Photo credit: munchflemming on VisualHunt
この記事は約16分で読めます。

ツアー・オブ・デンマーク。PostNord Danmark Rundt – Tour of Denmark(2.Pro)

5ステージで争われるが本格的山岳ステージはない。

 

過去の優勝者

  • 2021 レムコ・エヴェネプール
  • 2019  二クラス・ラーセン
  • 2018 ワウト・ファンアールト
  • 2017 マッズ・ピーダスン
  • 2016  ミカル・ヴァングレン
  • 2015  クリストファー・ユールイェンセン
  • 2014  ミカル・ヴァングレン
  • 2013 ウイルコ・ケルデルマン
  • 2012  WESTRA Lieuwe 2016引退
  • 2011  シモン・ゲランツ
 
スポンサーリンク

第1ステージ   アレロッド~ケーエ 222.6km

コースプロフィール photo postnorddanmarkrundt

 

首都コペンハーゲンの北にあるアレロッドからスタート。コースプロフィールでは山岳のように見えるけど、標高差は56mしかない。

ゴール前は、11kmのローカルラップ3周。基本的にスプリンターステージだ。

 

  1. スプリントポイント  フレデリックススンド
  2. 山岳ポイント KOM
  3. スプリトポイント  Borup
  4. 山岳ポイント KOM
  5. スプリトポイント  Harlev
  6. スプリトポイント Herfolge

 

注目のライダーは

  • Quick-Step Alpha Vinyl Team マウロ・シュミット、イーサン・バーノン
  • Trek – Segafredo マティアス・スケルモースイェンセン、ジャスバー・ストゥイヴェン
  • Jumbo-Visma クリストフ・ラポルト、オラフ・コーイ
  • EF Education-EasyPost マグナス・コルトニールセン
  • INEOS Grenadiers ゲラント・トーマス、エガン・ベルナル
  • Israel – Premier Tech アレックス・ダウセット
  • Team DSM セーアン・クラーウアナスン
  • Alpecin-Deceuninck ジャスパー・フィリップセン、シルヴァン・デリエ

 

大注目は8か月前に引退の危機にあったエガン・ベルナル。復帰レースでしっかりと走れるところを見せて貰いたい。

 

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

デンマークのコンチネタルチームが先頭に並んでスタート。

 

オフィシャルスタート

 

6人の逃げ

コンチネタルチームの6人が逃げている。残り197kmで2分4秒とタイト。

  1. LUNDER Eirik(Team Coop)
  2. BANASZEK Adrian(HRE Mazowsze Serce Polski)
  3. WALLIN Rasmus Bøgh(Restaurant Suri – Carl Ras)
  4. NIELSEN Sebastian(Restaurant Suri – Carl Ras)
  5. KRISTENSEN Mads Østergaard(Team ColoQuick)
  6. PEDERSEN Nicklas Amdi(Denmark)

 

スプリントポイント  フレデリックススンド

先頭がスプリントポイント通過。

 

無事にエガン・ベルナルがレースを走っている!

 

山岳ポイント KOM

 

先頭は山岳ポイントを通過。

 

狭い道でTrek-Segafredoのジャコモ・ポスカが落車。痛そうだ。

 

集団牽引にベルナルが出てきた。

 

ベルナルがしっかりと集団をリード。

 

6人のタイム差は縮まり続けている。

 

ベルナルの引きで、72.3kmで48秒まで縮まった。

 

スプリトポイント  Harlev

 

先頭がスプリントポイント通過。

  1. BANASZEK Adrian(HRE Mazowsze Serce Polski) 3ポイント・3秒
  2. LUNDER Eirik(Team Coop) 2ポイント・2秒
  3. WALLIN Rasmus Bøgh(Restaurant Suri – Carl Ras) 1ポイント・1秒

 

Alpecin-Deceuninckのジャスパー・フィリップセンは優勝候補。集団に復帰中。

 

先頭は分裂してきた。力の差が出る場面だ。

 

残り61kmで大落車発生。道路下にQuick-Step Alpha Vinyl Teamのマウロ・シュミットが落ちている。

 

こちらは道路下に落ちたEF Education-EasyPostのルーカス・ヴィニオウスキー。救急車で運ばれてしまった。ケガの様子が心配だ。

 

集団先頭はQuick-Step Alpha Vinyl Teamのティム・デクレルに。集団が戻ってくるまで、少しゆっりと走るだろう。

 

集団左には、エガン・ベルナル、ゲラント・トーマスの姿が見える。落車はしてないようだ。

 

少しずつライダーが戻ってくる。石畳なので打撲してたら振動で痛そうだ。

 

大落車により、タイム差は2分まで広がった。Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、ティム・デクレルが引いているが、イーサン・バーノンで勝負するんだろうな。リードアウトはミケル・モロコフ。

先頭はフローリス・デティエが引いている。

 

スプリトポイント Herfolge

先頭4人は全く争うことなくスプリントポイントを通過。

  1. NIELSEN Sebastian(Restaurant Suri – Carl Ras) 5ポイント・3秒
  2. PEDERSEN Nicklas Amdi(Denmark) 3ポイント・2秒
  3. KRISTENSEN Mads Østergaard(Team ColoQuick) 1ポイント・1秒

 

集団牽引にJumbo-Vismaも上がってくる。クリストフ・ラポルトか、オラフ・コーイか、ミック・ファンダイクの誰でゴールを狙うだろう。

 

残り3周

35秒差で先頭4人が通過。

 

直線では集団が見えている。

 

残り2周

残り2周回。

 

残り14.5kmで集団が後ろにせまる。

 

最後に一人がもがきを見せる。

 

単独でデンマーク選抜のPEDERSEN Nicklas Amdiが逃げる。

 

残り1周回

ギリギリでゴールラインを越えていく。

 

ついに逃げも捕まる。

 

残り7.7km。集団はスプリントに向けて位置取りを始める。

 

エガン・ベルナルは仕事を終えて集団後方に。

 

残り5.8kmでAlpecin-Deceuninck、Team DSMと続く。

 

残り2.8kmでJumbo-Vismaのティモ・ローセンが先頭に。

 

残り2.6km。左からAlpecin-Deceuninckも上がってくる。

 

残り1.8kmJumbo-Vismaがトレインを作る。

 

残り1.2km。Quick-Step Alpha Vinyl Teamが先頭に。

 

おっと、カーブで12人が落車してしまった。

  • ジェームス・ノックス (Quick-Step Alpha Vinyl Team)

 

バンチスプリントだ。

 

ゲラント・トーマスがベン・スゥィフトをリードアウト。

 

クリストフ・ラポルトが右側から伸びている。左からジャスパー・フィリップセンが上がってくる。

 

クリストフ・ラポルトは、オラフ・コーイのリードアウトだった!

先頭はAlpecin-Deceuninckのジャスパー・フィリップセン。

 

最後にジャスパー・フィリップセンとオラフ・コーイがハンドルを投げた~!

 

なんと、勝ったのはオラフ・コーイだ~!

2022ツール・ド・フランスで、ただ一人スプリンターステージで2勝をあげたジャスパー・フィリップセンを破ってしまった。後方では勝利を祝ってチームメイトも手を上げている。

20歳の若者はついに一流スプリンターも破ってしまう力を見せつけてくれた。この若さで今シーズン10勝目だ。

 

エガン・ベルナルは、ミハウ・クフィアトコフスキと共に無事にゴール。まずは復帰第一戦をきっちりと仕事を終えてゴールしている。

 

 

スポンサーリンク

リザルト

第1ステージ リザルト

オラフ・コーイのコメント(公式サイトより)

目標はステージ優勝で、最初のチャンスでそれを達成できれば最高だ。慌ただしいスプリントで、向かい風もあって余計に大変だった。結局、僕はフィリップセンの車に乗ってしまい、ラインがどんどん狭まっていくのが見えたんだ。危なかったけど、運良く足があったから追い抜けたんだ。

スプリントトレインが少し早く前に来すぎたのではないですか?

最後のストレートで十分なマンパワーが必要であることは分かっていた。少しギアをシフトしてフリースタイルにしなければならなかったが、幸運なことにそれがうまくいった。

クリストフは、この仕事がいかに優れているか、すでにツアーで証明している。そういう人がリードアウトとしているのはスーパーだ。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma20
10″
4:59:20
2
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck10
6″
,,
3
 DUPONT Timothy
Bingoal Pauwels Sauces WB5
4″
,,
4
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost  ,,
5
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo  ,,
6
 PERON Andrea
Team Novo Nordisk  ,,
7
 COLNAGHI Luca
Bardiani-CSF-Faizanè  ,,
8
 BERCKMOES Jenno
Sport Vlaanderen – Baloise  ,,
9
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers  ,,
10
 SHEFFIELD Magnus
INEOS Grenadiers  ,,
11
 PEDERSEN Rasmus Søjberg
BHS – PL Beton Bornholm  ,,
12
 SWIFT Ben
INEOS Grenadiers  ,,
13
 LINDQUIST Christian Ingemann
Restaurant Suri – Carl Ras  ,,
14
 ANDERSEN Kasper
Denmark  ,,
15
 BANASZEK Alan
HRE Mazowsze Serce Polski  ,,
16
 LAPORTE Christophe
Jumbo-Visma  ,,
17
 WÜRTZ SCHMIDT Mads
Israel – Premier Tech  ,,
18
 RAISBERG Nadav
Israel – Premier Tech  ,,
19
 NYBORG BROGE Nils Lau
BHS – PL Beton Bornholm  ,,
20
 VAN DIJKE Mick
Jumbo-Visma  ,,
21
 HANSEN Lasse Norman
Uno-X Pro Cycling Team  ,,
22
 BOIVIN Guillaume
Israel – Premier Tech  ,,
23
 BANASZEK Norbert
HRE Mazowsze Serce Polski  ,,
24
 KRAGH ANDERSEN Søren
Team DSM  ,,
25
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Bingoal Pauwels Sauces WB  ,,
26
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo  ,,
27
 SKAARSETH Anders
Uno-X Pro Cycling Team  ,,
28
 AASKOV PALLESEN Jeppe
Team ColoQuick  ,,
29
 RODENBERG Frederik
Team DSM  ,,
30
 SCHMID Mauro
Quick-Step Alpha Vinyl Team  ,,

総合

RnkRiderTeamUCI Time
1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma5
10″
4:59:10
2
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 
6″
0:04
3
 NIELSEN Sebastian
Restaurant Suri – Carl Ras 
6″
,,
4
 DUPONT Timothy
Bingoal Pauwels Sauces WB 
4″
0:06
5
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost  0:10
6
 DE KLEIJN Arvid
Human Powered Health  ,,
7
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo  ,,
8
 PERON Andrea
Team Novo Nordisk  ,,
9
 VERNON Ethan
Quick-Step Alpha Vinyl Team  ,,
10
 COLNAGHI Luca
Bardiani-CSF-Faizanè  ,,
11
 BERCKMOES Jenno
Sport Vlaanderen – Baloise  ,,
12
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers  ,,
13
 SHEFFIELD Magnus
INEOS Grenadiers  ,,
14
 PEDERSEN Rasmus Søjberg
BHS – PL Beton Bornholm  ,,
15
 SWIFT Ben
INEOS Grenadiers  ,,
16
 LINDQUIST Christian Ingemann
Restaurant Suri – Carl Ras  ,,
17
 ANDERSEN Kasper
Denmark  ,,
18
 BANASZEK Alan
HRE Mazowsze Serce Polski  ,,
19
 LAPORTE Christophe
Jumbo-Visma  ,,
20
 WÜRTZ SCHMIDT Mads
Israel – Premier Tech  ,,

ポイント賞

RnkRiderTeamPoints
1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma15
2
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck12
3
 NIELSEN Sebastian
Restaurant Suri – Carl Ras10
4
 DUPONT Timothy
Bingoal Pauwels Sauces WB10
5
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost9
6
 DE KLEIJN Arvid
Human Powered Health8
7
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo7
8
 LUNDER Eirik
Team Coop6
9
 PERON Andrea
Team Novo Nordisk6
10
 BANASZEK Adrian
HRE Mazowsze Serce Polski5

山岳賞

RnkRiderTeamPoints
1
 WALLIN Rasmus Bøgh
Restaurant Suri – Carl Ras24
2
 NIELSEN Sebastian
Restaurant Suri – Carl Ras8
3
 KRISTENSEN Mads Østergaard
Team ColoQuick4

新人賞

RnkRiderTeamTime
1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma4:59:10
2
 NIELSEN Sebastian
Restaurant Suri – Carl Ras0:04
3
 VERNON Ethan
Quick-Step Alpha Vinyl Team,,
4
 BERCKMOES Jenno
Sport Vlaanderen – Baloise0:10
5
 SHEFFIELD Magnus
INEOS Grenadiers,,
6
 PEDERSEN Rasmus Søjberg
BHS – PL Beton Bornholm,,
7
 ANDERSEN Kasper
Denmark,,
8
 RAISBERG Nadav
Israel – Premier Tech,,
9
 VAN DIJKE Mick
Jumbo-Visma,,
10
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo,,

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました