ロードバイクの情報を発信しています!

2022 コッパ・サバティーニ 執念で勝利をたぐり寄せた男

海外情報
Photo credit: milla_ on VisualHunt
この記事は約14分で読めます。

ジロ・デッラ・トスカーナの翌日に開催されるコッパ・サバティーニ。Coppa Sabatini – Gran Premio città di Peccioli(1.Pro)

ジロ・デッラ・トスカーナと、連続してレースに出場するライダーは多い。

レース名の由来は、イタリアのライダー、ジュゼッペ・サバティーニの活躍を称えて行われている。サバティーニはサイクリストを引退して4年後の1951年に36歳で病気で亡くなっている。

レースは彼の死の翌年からコッパ・サバティーニとして始まっている。

過去の優勝者

  • 2021 ミカル・ヴァングレン
  • 2020 ディオン・スミス
  • 2019 アレクセイ・ルチェンコ
  • 2018  フアンホセ・ロバト
  • 2017 アンドレア・パクアスロン
  • 2016 ソンニ・コルブレッリ
  • 2015  エデュアルド・プラデス
  • 2014 ソンニ・コルブレッリ
  • 2013 ディエゴ・ウリッシ
  • 2012  DUARTE Fabio

 

スポンサーリンク

ペッチョリ~ペッチョリ 198.9km

コースプロフィール phsot girodellatoscana

 

コースは3つの部分で構成されている。

  • 最初に32.8kmのループ
  • 24.7kmの周回コースを5周
  • 12.2kmのショートサーキットを3周

登りの距離は短いのだけど、これだけ続くと集団は絞られていく。最後のゴールは1kmで7%の勾配があるのでパンチャーかクライマーが有利となる。

 

  1. 山岳ポイント ラヤティコ 2.8km・3%
  2. 山岳ポイント ペッチョリ 0.7km・11%
  3. 山岳ポイント モンテフォスコリ 1.1km・8%
  4. 山岳ポイント テッリッチョーラ 3.4km・3.4%
  5. 山岳ポイント ペッチョリ 0.7km・11%
  6. 山岳ポイント モンテフォスコリ 1.1km・8%
  7. 山岳ポイント テッリッチョーラ 3.4km・3.4%
  8. 山岳ポイント ペッチョリ 0.7km・11%
  9. 山岳ポイント モンテフォスコリ 1.1km・8%
  10. 山岳ポイント テッリッチョーラ 3.4km・3.4%
  11. 山岳ポイント ペッチョリ 0.7km・11%
  12. 山岳ポイント モンテフォスコリ 1.1km・8%
  13. 山岳ポイント テッリッチョーラ 3.4km・3.4%
  14. 山岳ポイント ペッチョリ 0.7km・11%
  15. 山岳ポイント モンテフォスコリ 1.1km・8%
  16. 山岳ポイント テッリッチョーラ 3.4km・3.4%
  17. 山岳ポイント テッリッチョーラ 3.4km・3.4%
  18. 山岳ポイント ペッチョリ 0.7km・11%
  19. 山岳ポイント ペッチョーリ フニッシュライン 1.4km・5.6%
  20. 山岳ポイント ペッチョーリ 1.4km・5.6%

 

注目のライダーは

  •  EF Education-EasyPost エスデバン・チャベス、中根英登
  •  Astana Qazaqstan Team ジャンニ・モスコン、シモーネ・ヴィラスコ
  •  BORA – hansgrohe エマヌエル・ブッフマン、レナード・ケムナ、アレクサンドル・ウラソフ
  •  Cofidis ギョーム・マルティン、シモン・ゲシュケ
  •  INEOS Grenadiers エガン・ベルナル、ダニエル・マルティネス
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux ロレンツォ・ロタ
  •  Israel – Premier Tech マイケル・ウッズ
  •  Lotto Soudal アンドレアス・クロン
  •  Movistar Team アレックス・アランブル、ゴルカ・イサギレ、マッティオ・ヨルゲルソン、イバン・ソーサ
  •  UAE Team Emirates マルク・ヒルシ、アレッサンドロ・コーヴィ
  •  TotalEnergies マチュー・プルドゴー
  • EOLO-Kometa ヴィンチェンゾ・アルバネーゼ

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

前日のジロ・デッラ・トスカーナで優勝したUAE Team Emiratesのマルク・ヒルシは今日も優勝候補の一人だ。

 

Cofidisのギョーム・マルタンはゴールまで残ってくるだろうか。

 

INEOS Grenadiersのエガン・ベルナルは放送開始まで残っていてくれるかな。

 

スタートは24℃。曇り空。

 

競技場からスタート。

 

先頭にはBORA – hansgroheのアントン・パルツアーが上がっている。

 

街中のかなり狭い道を走り抜ける。

 

オフィシャルスタートからすぐにアタックがかかる。

 

二人がジョイン。

 

7人の逃げ

 

さらに後方から追いついて逃げが完成。

  1. ダヴィデ・ガップロ Bardiani-CSF-Faizanè
  2. TAROZZI Manuele(Bardiani-CSF-Faizanè)
  3. アレッサンドロ・ビゾルテイ Drone Hopper – Androni Giocattoli
  4. MARTIN David(EOLO-Kometa)
  5. DE LISI Nicolò (Team Corratec)
  6. MASOTTO Giulio (Team Corratec)
  7. PATIES MONTAGNER Eric(Work Service Vitalcare Vega)

 

残り110kmで30秒までせまられた。カメラの調子が悪いのかゴール付近ばかり写される。

 

残り35.2km。ヘリコプターの映像しか入ってこない。逃げは残り100kmで捕まり、新たな逃げが出来ている。この集団も12名から絞られている。

  1. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost
  2. アンドレロア・ピッコロ EF Education-EasyPost
  3. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe
  4. ギョーム・マルタン Cofidis
  5. ダニエル・マルティネス INEOS Grenadiers
  6. ヴィチェンツォ・アルバネーゼ EOLO-Kometa

 

後続から更に4人が合流。

  1. マルク・ヒルシ UAE Team Emirates
  2. オドクリスティアン・エイキング EF Education-EasyPost
  3. シモーネ・ヴィラスコ Astana Qazaqstan Team
  4. アンドレアス・クローン Lotto Soudal

 

残り31.2km。この中から優勝者が出そうなメンバーだ。勝ち逃げとなるか。

 

アレクサンドル・ウラソフもしっかりと先頭集団は入ってきている。

 

人数的には3人いるEF Education-EasyPostが有利だけど、登りゴールなのでパンチ力のあるライダーが狙わないといけない。

 

後続は二人で追っているので45秒差では追いつきそうもない。

  1. サムエレ・ゾッカラート Bardiani-CSF-Faizanè
  2. エイネルアウグスト・ルビオ Movistar Team

 

山岳ポイント ペッチョーリ フニッシュライン 1.4km・5.6%

35秒差でゴールラインを通過。残り2周だ。

 

サムエレ・ゾッカラートがエイネルアウグスト・ルビオをちぎって単独で先頭を追っている。

 

エガン・ベルナルは残り2周でリタイヤ。CROレースではエースとなってほしいけど、Jumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲコーが出ると言っているから厳しいレースとなりそう。

 

カメラが切り替わっている間にBORA – hansgroheのアレクサンドル・ウラソフがアタック!

 

残り19km。アレクサンドル・ウラソフは一気に引き離した。後方は3人いるEF Education-EasyPostが引かないといけないだろう。

 

EF Education-EasyPostは、積極的に引かない。

 

完全にお見合い状態だ。

 

EF Education-EasyPostに向かって引けよと言ってるようだけど、まだ追走しない。すでに25秒離れた。

 

残り1周

アレクサンドル・ウラソフは26秒差で最後の周回に入る。

 

ダニエル・マルティネスが抜け出そうとしている。

 

ダニエル・マルティネスが追走の1番手で通過するが、後続との差はあまりない。

 

アレクサンドル・ウラソフは残り12kmで21秒差に。

 

ダニエル・マルティネスが抜け出した。なんとしても単独で前に追いつきたいようだ。アレクサンドル・ウラソフと二人で逃げれば勝機がある。

 

だが、下りですぐに追走が追いついきそうだ。

 

アレクサンドル・ウラソフは、残り10kmで12秒差。ダニエル・マルティネスが単独で追ってきている。

 

ダニエル・マルティネスは後続に追いつかれた。

  1. ダニエル・マルティネス INEOS Grenadiers
  2. オドクリスティアン・エイキング EF Education-EasyPost
  3. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost
  4. ギョーム・マルタン Cofidis

 

残り6.4kmでアレクサンドル・ウラソフは追いつかれた。

 

アレクサンドル・ウラソフは最後尾につく。

 

EF Education-EasyPostは二人共クライマーだから勝負はどうするのだろう。ゴール前は平坦だし。

 

追走も24秒で追っている。こちらが追いつくと先頭は困るだろう。

 

残り3.9kmで28秒差となった。これは5人の逃げ切りだ。ただ牽制している暇はないだろう。ダニエル・マルティネスは、かなり積極的に先頭を引いている。

 

追走は上手く回っていない。追いつくとマルク・ヒルシがスプリントで有利となるので連れていきたくない。 

 

ここでギョーム・マルタンがアタック!

 

だが、すぐに追走されて戻されてしまう。ギョーム・マルタンは逃げて勝つしかないので、いつも少人数の逃げではアタックをかけまくる。登ってゴールだけど、違いを生み出せるほどの長さはない。

 

残り1km。ギョーム・マルタンがずっと先頭を引かされている。

 

牽制となってきた。

 

ギョーム・マルタンは大きく蛇行するが誰も前に出てくれない。

 

残り700m。登っているのでアタックのタイミングも重要だ。

 

ここでギョーム・マルタンが再度アタック!

 

ダニエル・マルティネスが逃がさない。

 

ダニエル・マルティネスがギョーム・マルタンを抜いてトップに立つ。

 

ダニエル・マルティネス先頭で最後のカーブに。

 

並びは、ダニエル・マルティネス、アレクサンドル・ウラソフ、ギョーム・マルタンの順だ。

 

ダニエル・マルティネスは先頭を譲らない。

 

  

後ろからオドクリスティアン・エイキングが追いこんでくる。

 

オドクリスティアン・エイキングがまくるか?

 

ダニエル・マルティネスは最後までスピードが落ちない!

 

ダニエル・マルティネスが勝利だ~!

最後は、執念の根性スプリントを見せてくれた。アレクサンドル・ウラソフが伸びるのかと思ったのだけど、早くから諦めていた。流石にあれだけ独走していては足がなくなる。

ダニエル・マルティネスは、昨日のジロ・デッラ・トスカーナでも独走して勝利に近づいたけれど、スプリントでマルク・ヒルシに破れて3位。今回は、きっちりと優勝をさらってみせた。

ダニエル・マルティネスは今シーズンの4勝目だ。ツールでは不調だったけれど、ようやく復調してきたようだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ダニエル・マルティネスのコメント

とてもタフなレースだったが、自分にとってはとても重要なレースでもあった。ここは僕にとってかなりアットホームな場所で、3年近く住んでいるので、道もコースもよく分かっている。

アレクサンドル・ウラソフがいなくなったとき、これは危険だと思ったんだ。

だから、しばらくは風に向かって走らせ、最後の上りですべてを出し切らなければならないと思ったんだ。結局、5人で行った。

最後のスプリントは自分に合っていると思ったので、全力を尽くした。この勝利を家族と、私を知っているトスカーナから来た人たちに捧げます。

RnkRiderTeamUCITime
1
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers2004:55:37
2
 EIKING Odd Christian
EF Education-EasyPost150,,
3
 MARTIN Guillaume
Cofidis125,,
4
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost100,,
5
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe85,,
6
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa700:59
7
 VELASCO Simone
Astana Qazaqstan Team60,,
8
 KRON Andreas
Lotto Soudal50,,
9
 HIRSCHI Marc
UAE Team Emirates40,,
10
 PICCOLO Andrea
EF Education-EasyPost35,,
11
 ROTA Lorenzo
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux301:03
12
 ZOCCARATO Samuele
Bardiani-CSF-Faizanè253:23
13
 ARANBURU Alex
Movistar Team203:28
14
 VUILLERMOZ Alexis
TotalEnergies15,,
15
 PASQUALON Andrea
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux10,,
16
 GOOSSENS Kobe
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux5,,
17
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe5,,
18
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies53:32
19
 VERSCHAEVE Viktor
Lotto Soudal5,,
20
 IZAGIRRE Gorka
Movistar Team53:35
21
 BAIS Mattia
Drone Hopper – Androni Giocattoli5,,
22
 HUYS Laurens
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux53:41
23
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team53:48
24
 QUINN Sean
EF Education-EasyPost56:00
25
 BARBERO Carlos
Lotto Soudal5,,
26
 UIJTDEBROEKS Cian
BORA – hansgrohe5,,
27
 ROMO Javier
Astana Qazaqstan Team5,,
28
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers5,,
29
 FERRON Valentin
TotalEnergies56:49
30
 GARAVAGLIA Giacomo
Work Service Vitalcare Vega510:28

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました