ロードバイクの情報を発信しています!

2021 Vitus Vitesse EVOは、SRAM Red eTap AXS搭載では最安値か?

機材情報
photo vitusbikes.com
この記事は約4分で読めます。

2021 Vitus Vitesse EVO is actually available for purchaseヴィータス(Vitus)はイギリスのブランド。以前はビチュー(Vitus)と呼ばれていたフランスのブランドでアルミフレームのラグ溶接で一世を風靡した。

だが、時代はカーボンへと進化し、ビチューは衰退。イギリスの自転車通販会社大手のCRCのサポートにより復活した。

Vitusはスペルは同じままで、ビチューからヴィータスへと名前を変更している。

2021年モデルのVitus Vitesse Evoが大幅に再設計され、軽量化、高剛性、空力的でより快適になって登場した。

 

スポンサーリンク

Vitus Vitesse Evo

The Vitus EVOlution – 2021 Vitus Vitesse EVO Road Bike

前作から大幅に再設計されたのには理由がある。バイクアドバイザーとしてスコット・スウェイツ(Alpecin-Fenix)が加わったから。

Bora-Argon 18やTeam Dimension Dataでも走っていたスコットはツールやブエルタも走っている。

 

photo vitusbikes.com

スコット・スウェイツからの要望により軽量で剛性の高いフレームを再設計。新しいVitesse Evoバイクのフレーム重量は840gまで抑えられた。

 

photo vitusbikes.com

フレームセットは、前モデルから10%軽量で、平均剛性は34.9%増加。リアトライアングルは以前より8.9%剛性が高いのに対し、ボトムブラケットの剛性は50%以上増加している。

 

photo vitusbikes.com

ヘッドチューブの剛性が11%増加し、フォーク剛性も69.5%増加。安定性とステアリングが大幅に改善された。

 

photo vitusbikes.com

ケーブル/ブレーキホースは、ハンドルバーとダウンチューブおよびフォーククラウンの間で外部を通っている。

 

photo Matthew Loveridge

ケーブル配線は片側だけ。完全内装しなければ、ヘッドチューブなどに改良を加えることはない。

 

photo vitusbikes.com

シートクランプは内蔵。シートステイは低い位置に配置され、乗り心地の向上に貢献。Vitesse Evoはディスクブレーキのみの販売。

 

photo vitusbikes.com

Vitus Vitesse EVO CRX eTap AXS

  • グループセット:SRAM Red eTap AXS
  • ホイール:Reynolds AR 29 DBカーボンチューブレスクリンチャー
  • 表示重量(中):7.4kg

 

Vitesse Evo Discの驚くべきところは、その価格にある。

その理由は、WiggleおよびChain Reaction Cyclesを通じてダイレクト販売されているからだ。

SRAM Red eTap AXSが装備が装備されて、£4,799.99(約65万円)。

Specialized、Canyon、3T、CannondaleなどSRAM Red eTap AXSバイク搭載の、どのモデルよりも安い価格となっている。

 

Shimano 105 搭載モデルならば£1,999.99(約27万円)。

 

A Pro Bike You MIGHT Actually Afford | 2021 Vitus Vitesse EVO Review

現在イギリスのUCI Continental Vitus Proサイクリングチームと緊密に連携して、UCI承認済みのフレームセットでレースで使用している。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました