ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツール・ド・ルクセンブルク第5ステージ 最終ステージ勝者は?

海外情報
Photo credit: Wolfgang Staudt on Visualhunt.com
この記事は約12分で読めます。

ツール・ド・ルクセンブルクも最終ステージ。

個人総合優勝は、タイムトライヤルで2位となったジョアン・アルメイダ(Deceuninck-Quick-Step)にアシクデントがない限り間違いないだろう。

ただ、丘陵ステージなので最後のローカルラップで逃がさないようにしないといけない。ステージ優勝は誰が奪っていくだろうか?

 

スポンサーリンク

第5ステージ  メルシュ–ルクセンブルク市  183.7 km

第5ステージ photo skodatour

 

スタートはメルシュの中心部から。フィニッシュはルクセンブルク市。スタートから登っていくので、逃げは足のあるライダーでないと無理だろう。

ただ、山岳といっても、それほど長い距離の登りではない。

 

  1. 1級山岳    コート・ド・ノメルヌ    2.5 km・5.8%
  2. 超級山岳 コート・ド・シュランデルマンドゥルシャイド 3.4 km・6.1%
  3. 超級山岳 コート・ド・カウテンバッハ 5.1 km・4.1%
  4. 1級山岳 コート・ド・ミサーシャフ 2.3km・5.6%
  5. スブリントポイント ルクセンブルク
  6. スブリントポイント ルクセンブルク

 

ゴール前には、11.6 kmのローカラップが3周あり、フィニッシュ直前のPabaierbierg(700m・9.2%)の鋭い登りで逃げだすパンチャーを捕まえる必要がある。

逆にここでリードを奪えば逃げ切りも可能だ。

 

第4ステージの個人TTで落車したバウケ・モレマは、世界選手権に備えてDNS。

 

4人の逃げ

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

逃げているのは4人。残り83.5kmで4分36秒差。

  1.  オスカル・リースベーク(Alpecin-Fenix)
  2. ケニー・モリー(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  3. キング・ベン(Rally Cycling)
  4. モンテル・フルゴー(Uno-X Pro Cycling Team)

 

AG2R Citroën Teamが集団先頭を引いている。

 

1級山岳 コート・ド・ミサーシャフ 2.3km・5.6%

先頭は最後の1級山岳を越える。残りは68.4km。タイム差は3分52秒となっている。

  1. ケニー・モリー(Bingoal Pauwels Sauces WB) 4ポイント
  2. モンテル・フルゴー(Uno-X Pro Cycling Team) 3ポイント 
  3. キング・ベン(Rally Cycling) 2ポイント
  4. オスカル・リースベーク(Alpecin-Fenix) 1ポイント

 

残り40kmを切ってきた。レースに大きな動きはなく、タイム差だけが縮まっていく。典型的スプリンターステージだ。

 

残り32kmでタイム差が1分30秒となると、横一線となる。コフィディスが先頭付近に集まってきている。

 

トレックが先頭に。これはヴィンチェンツォ・ニバリのアタックがあるかも。

 

アルケア・サムシックが集団先頭を引く。

 

ナイロ・キンタナがアタックするのかと思ったら、そうではなかった。

 

逃げていた、ケニー・モリー(Bingoal Pauwels Sauces WB)が捕まる。

 

スブリントポイント ルクセンブルク ボーナスタイム

3人はスプリントポイントを通過。タイム差は10秒だ。

  1. キング・ベン(Rally Cycling) 3秒
  2. モンテル・フルゴー(Uno-X Pro Cycling Team) 2秒
  3. スカル・リースベーク(Alpecin-Fenix) 1秒

 

集団も残りの2周のローカルラップに入る。

 

3人はグータッチして健闘を称えあう。残り20kmで集団に吸収される。

 

ウルフパックが逃げを防ぐために先頭を固める。

 

登りで、ナイロ・キンタナがアタック!

 

ナイロ・キンタナは抜け出した。

 

だが、リードが少ない。

 

ナイロ・キンタナは捕まってしまう。

 

Groupama-FDJのセバスティアン・ライヒェンバッハが先頭を引く。

 

スブリントポイント ルクセンブルク ボーナスタイム

ボーナスタイムは、マルク・ヒルシが3秒を獲得。

 

残り8.8kmでGroupama-FDJのセバスティアン・ライヒェンバッハがアタック!

 

セバスティアン・ライヒェンバッハは、少しだけリードを広げる。どこまで逃げれるか。

 

セバスティアン・ライヒェンバッハは、捕まってしまう。Groupama-FDJは連続攻撃しないのか?

 

残り4km。位置取り争いが激しい。ゴールは登っているので先頭をキープしないといけない。

 

ウルフパックが先頭で引く。

 

登りでCaja Rural – Seguros RGAのオイエル・ラスカノがアタックが掛かる。

 

ナイロ・キンタナが前に出そうだ。

 

ナイロ・キンタナが引き離そうとする。

 

だが、ナイロ・キンタナは捕まる。

 

ここでブノワ・コヌフロワがアタックだ。

 

マルク・ヒルシとジョアン・アルメイダがチェックにはいる。

 

ブノワ・コヌフロワは捕まると、まったりしてしまった。折角後ろを引き離したのに。

 

皆追いついてしまう。なのためのアタックだったのか。

 

ここでGroupama-FDJのダヴィ・ゴデュがスバートをかける。

 

ダヴィ・ゴデュのスビートは凄い!

 

後ろから、ジョアン・アルメイダが追い込んでくる。

 

だが、ダヴィ・ゴデュが余裕の勝利だ~!

最後は素晴らしいスパートを見せてくれた。失うものは何もないと言う感じのベースアップで見ていて清々しい。ダヴィ・ゴデュは今シーズン3勝目。

 

ダヴィ・ゴデュはゴールインタビューで

それは確かに非常に難しいフィナーレだった。最後の登りで最強ではないこと、そして勝つためには最後の1キロで逃げなければならないことを知っていた。

それが私がしたことだ。遠くからスプリントを開始したので、黄色いジャージが迫ってくるのを見たけど、最大限の努力をした。

 

リザルト

第5ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 GAUDU David
Groupama – FDJ20304:30:59
2
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step1018,,
3
 LATOUR Pierre
Team TotalEnergies512,,
4
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates 7,,
5
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team 4,,
6
 KIRSCH Alex
Trek – Segafredo 3,,
7
 MASNADA Fausto
Deceuninck – Quick Step 2,,
8
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team 1,,
9
 HERRADA Jesús
Cofidis, Solutions Crédits  ,,
10
 LAZKANO Oier
Caja Rural – Seguros RGA  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntTime
11
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step 15017:20:44
22
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates 1100:46
33
 CATTANEO Mattia
Deceuninck – Quick Step 901:05
44
 DE LA CRUZ David
UAE-Team Emirates 801:09
55
 LATOUR Pierre
Team TotalEnergies 70,,
67▲1
 GAUDU David
Groupama – FDJ 601:17
76▼1
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ 551:27
810▲2
 HERRADA Jesús
Cofidis, Solutions Crédits 501:43
98▼1
 NIBALI Vincenzo
Trek – Segafredo 451:49
109▼1
 FORMOLO Davide
UAE-Team Emirates 401:53

総合優勝はジョアン・アルメイダ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step68
22
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates51
37▲4
 GAUDU David
Groupama – FDJ38
410▲6
 LATOUR Pierre
Team TotalEnergies27
59▲4
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team25
66
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team22
74▼3
 MODOLO Sacha
Alpecin-Fenix20
83▼5
 CATTANEO Mattia
Deceuninck – Quick Step20
95▼4
 DE LA CRUZ David
UAE-Team Emirates20
1011▲1
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo13

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 MOLLY Kenny
Bingoal Pauwels Sauces WB42
22
 SCHÖNBERGER Sebastian
B&B Hotels p/b KTM20
33
 VAN ROOY Kenneth
Sport Vlaanderen – Baloise8
44
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team8
5 
 HULGAARD Morten
Uno-X Pro Cycling Team8
6 
 VERGAERDE Otto
Alpecin-Fenix7
7 
 KING Ben
Rally Cycling6
85▼3
 DE VOS Adam
Rally Cycling5
98▼1
 ORONTE Emerson
Rally Cycling4
107▼3
 KIRSCH Alex
Trek – Segafredo4

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step17:20:44
22
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates0:46
33
 GAUDU David
Groupama – FDJ1:17
44
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team1:57
55
 GOOSSENS Kobe
Lotto Soudal2:11
66
 LAZKANO Oier
Caja Rural – Seguros RGA2:24
77
 VALTER Attila
Groupama – FDJ3:36
88
 MAAS Jan
Leopard Pro Cycling4:01
99
 COLLEONI Kevin
Team BikeExchange8:43
1012▲2
 BARCELÓ Fernando
Cofidis, Solutions Crédits12:30

※ハイライト動画はのちほど追加予定

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました