ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ラ・プロヴァンス第2ステージ 登りスプリントを征したのはあの人~!

海外情報
Image by 453169 from Pixabay
この記事は約10分で読めます。

ツール・ド・ラ・プロヴァンスの開幕戦は世界チャンピオンのジュリアン・アラフィリップが八面六臂の大活躍。

逃げて、そのまま先頭に残ってスプリントトレインを引き倒すなんて~。まさにアルカンシェルをまとった男だ。

第2ステージのゴールは少し登っている。スプリンターも頑張るだろうけどパンチャー有利なのは間違いない。そうなると期待するのはジュリアン・アラフィリップの走りだろう。やってくれるかな。

 

スポンサーリンク

Stage 2»Cassis›Manosque(174.7k)

第2ステージ photo tourdelaprovence.f

美しいカシスからマノスクまでの第2ステージには、公式の登山ポイントは3か所しかないが、後半に集中しているので第1ステージよりも難しいかも。

ゴール手前には、モンフュロン峠(4%で3 km)が待っているけど、これくらいの登りならばスプリンターもこなせるか。

最後も3.4%の勾配で2.7km登らないといけない。スプリンターチームは、トレインを組んで勝利を目指すだろう。

それを嫌うチームのライダーがどんどん逃げてくれると面白いのだけど。

 

逃げは5人

photo cycling todayストリーミングより 以下同様

リーダージャージは、ダヴィテ・バッレリーニ(Deceuninck – Quick Step)。あいにくフランスは雨が降っているようで、バッレリーニもベストを着ている。面白いリーダージャージなので是非、見せて欲しかったところだけど。

ジュリアン・アラフィリップも寒さ対策でレインウェアを上から羽織っている。

 

5人が逃げ乗っている。

  1. Baptiste Bleier (St-Michel-Auber 93)
  2. Samuel Leroux(Xellis-RoubaixLilleMétropole)
  3. Eduard Grosu(Delko)
  4. Filippo Conca(Lotto-Soudal)
  5. JérômeCousin(Total Direct Energy)

ワールドチームからはロットのFilippo Concaが乗っている。今年Biesse Arvediのコンチネンタルチームから移籍してきた22歳の若者だ。

さすがに、ビックネームがいないので、しばらくは逃がして貰えるだろう。

 

UAEがDeceuninck – Quick Stepの後ろについているけど、みんな着ぶくれ大魔王だ。よほど寒いのだろろう。あまり身体にフィットしているレインウェアではないようだ。アレクサンドル・クリストフはダルマさん状態だ。

 

ベルナルはなんか食ってる。イネオスはイバン・ソーサが総合を狙うようだ。ベルナルは山岳でアシストに回る予定。

 

先頭でようやく動きが。ロットのフィリッポ・コンカ(Filippo Conca)がアタックをかける。これ

は良い判断だろう。

 

集団は横に並んでタイム差をキープしながら追っている。ペースアップはまだかな。

 

フィリッポ・コンカは、10秒のタイム差で後ろの4人から逃げている。集団とは2分程度のタイム差。残り37.5kmだから、ゴール手前10kmくらいまでは逃げたいところ。

 

Quick Stepが引く

Deceuninck – Quick Stepが仕事を開始した。ミケル・モロコフの引きから2番手にはリーダージャージのダヴィテ・バッレリーニが引いている。このステージはジュリアンで狙うようだ。

ジュリアン・アラフィリップはレインジャケットを脱いでおり、アタックに向けて準備を整えている。一気にタイム差を縮めてきた。

 

逃げていた4人がまず捕まる。あとは前に1人となった。タイム差は1分25秒まで縮まったので少しキープしてから追うのかな。

 

集団はカスパー・アスグリーンが一人でタイム差を詰めている。右膝から流血しており落車したようだ。雨が降っているので当然滑りやすい。

 

フィリッポ・コンカは一気に追いつかれてしまう。良く頑張ったがラスト16.3kmで捕まってしまう。あとはゴール勝負となるかな。

 

ラウンドバウトで一気に前に出たのはジュリアン・アラフィリップ。 このまま行くのかと思われたが。

 

だが、すぐにカウンターを受けてしまう。

 

前に出たのは二人。ロットのフロリアン・フェルメルシュのアタックにマッテオ・ヨルゲンソンが反応。

  1. VERMEERSCH Florian(Lotto Soudal)
  2. JORGENSON Matteo(Movistar)

 

やっぱりTTポジションで逃げるよね~。しかし、10秒のタイム差は一気に縮まってしまう。

 

二人はラスト4kmで捕まる。そろそろ最後の登りが迫ってくる。位置取り争いが重要だ。

 

なんと、アスタナが先頭を支配だ。

 

あ~と、ここでアスタナ3人の後ろについていたジュリアン・アラフィリップが落車!

勿体ない!

 

ジュリアン・アラフィリップは大きなケガはないが、左膝から流血。前でこけたのはアレクサンドル・ウラソフかな。

 

アレクセイ・ルチェンコが先頭で駆け上がってくるが、それを抜いたのはリーダージャージのダヴィテ・バッレリーニだ。

 

ダヴィテ・バッレリーニは、追いすがるジュリオ・チッコーネを寄せ付けずにステージ2連勝!

ジュリアン・アラフィリップが落車した穴を見事に埋めた。

これで総合では16秒のリードを築いた。

 

ジュリアン・アラフィリップはカメラに向かって笑顔。無事を知らせている。チームメイトのカスパー・アスグリーンと共にゴールに。

それにしても、クイックステップは強い!  誰かがゴールを目指せなくなっても変わりの誰かが勝利する。まさにゴールを狙うウルフパックだ。

 

こちらはラスト1.3kmからのフル動画
Julian Alaphilippe Hits The Deck In Provence!

 

リザルト

第2ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 BALLERINI DavideDeceuninck – Quick Step20304:21:49
2 CICCONE GiulioTrek – Segafredo1018,,
3 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech512,,
4 TEUNS DylanBahrain – Victorious 7,,
5 KONRAD PatrickBORA – hansgrohe 4,,
6 LUTSENKO AlexeyAstana – Premier Tech 3,,
7 MOSCON GianniINEOS Grenadiers 2,,
8 OLDANI StefanoLotto Soudal 1,,
9 BYSTRØM Sven ErikUAE-Team Emirates  ,,
10 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo  0:06

11位はエガン・ベルナル、12位はイバン・ソーサとしっかりと前に位置している。ゴール前3キロ以内の落車なのでジュリアン・アラフィリップは同タイムでゴール扱い。

 

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 BALLERINI DavideDeceuninck – Quick Step59:04:52
219▲17 ARANBURU Alex
Astana – Premier Tech
 0:16
35▲2 ALAPHILIPPE JulianDeceuninck – Quick Step 0:17
46▲2 MOLLEMA Bauke
Trek – Segafredo
 0:19
57▲2 MOSCON Gianni
INEOS Grenadiers
 ,,
622▲16 KONRAD Patrick
BORA – hansgrohe
 0:20
728▲21 TEUNS Dylan
Bahrain – Victorious
 ,,
817▲9 HAIG JackBahrain – Victorious ,,
910▲1 SCHELLING IdeBORA – hansgrohe ,,
1025▲15 PARET-PEINTRE Aurélien
AG2R Citroën Team
 ,,

2位にはアレクサンデル・アランブルが上がってきいている。20秒以内に38人いるので、これからだ。

 

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 BALLERINI DavideDeceuninck – Quick Step30
214▲12 CICCONE GiulioTrek – Segafredo15
32▼1 DÉMARE ArnaudGroupama – FDJ12
43▼1 FERNÁNDEZ DelioDELKO10
5 ▼5 GROSU Eduard-MichaelDELKO10
64▼2 BOUHANNI NacerTeam Arkéa Samsic10
7 ▼7 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech10
85▼3 VENTURINI ClémentAG2R Citroën Team9
9 ▼9 TEUNS DylanBahrain – Victorious9
10 ▼10 KONRAD PatrickBORA – hansgrohe8

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 CALMEJANE LilianAG2R Citroën Team15
2 ▼2 CONCA FilippoLotto Soudal15
32▼1 FERNÁNDEZ DelioDELKO9
4 ▼4 LEROUX SamuelXelliss – Roubaix Lille Métropole6
53▼2 ALAPHILIPPE JulianDeceuninck – Quick Step5
6 ▼6 GROSU Eduard-MichaelDELKO3
75▼2 CICCONE GiulioTrek – Segafredo3
88 DAVY ClémentGroupama – FDJ2
9 ▼9 BLEIER BaptisteSt Michel – Auber932
106▼4 MOSCON GianniINEOS Grenadiers2

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました