ロードバイクの情報を発信しています!

アンドレ・グレイペルは、ランブレヒトの死後、サイクリングを「異なる方法で」見ている

海外情報
Photo Andre Greipel twitter
この記事は約2分で読めます。

アンドレ・グレイペル  (Team Arkéa Samsic)は、先週のツール・ド・ポローニュのステージ3でクラッシュした元チームメイトのビョルグ・ランブレヒトの死後、「別の方法で」サイクリングを見るようになると言う。

 

グレイペルは、22歳のランプレヒトの死がプロのサイクリングがどれほど危険であるかを再認識させたと言う。

 

アンドレ・グライペルは、ドイツツアーの前に記者会見で話した。

「人がいかに脆弱であり、スポーツがどれほど危険であるかを再認識します。
それを忘れることはできません。
このようなことが再び起こらないことを願っています 」

 

Photo BELGA

ヒョーグ・ランプレヒトは、2018年シーズンは、Lotto Soudalでアンドレ・グライペルとチームメイトだった。

グライペルは37歳、ランプレヒトは22歳と息子と言っても良いほど年は離れていた。

2019年にグライペルはTeam Arkéa Samsicに移籍。

 

火曜日にランブレヒトの葬儀が故郷のクネセラーレで行われ、グライペルも参列した。

「ヒョーグのような若いチームメイトを失ったとき、それは美しいものではありません。
しかし、サイクリングの美しさも忘れてはなりません」

とグライペルは付け加えた。

 

危険と隣り合わせの競技であり、別の方法、別の見方でこのスポーツを考えないといけないとアンドレ・グライペルは語っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました