ロードバイクの情報を発信しています!

ヴィクトール・カンペナールツが来シーズン狙うクラシックとは?

海外情報
Photo credit: dvdbramhall on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

ヴィクトール・カンペナールツは、2022年の目標として、3月25日と3月30日を書き込んでいる。

この2つの日は、彼がフラマンの春に秀でたいと思っている日だ。

昨シーズン、ヴィクトール・カンペナールツは、TTスペシャリストからクラシックライダーに変身した。その果敢な攻撃で多くのレースを彩っている。

来年はLotto Soudalの選手として、同じ道を歩みたいと考えている。

 

スポンサーリンク

200km以下のレースに焦点

 

ヴィクトール・カンペナールツはポッドキャスト「De Tribune」で来シーズンの目標について語っている。

 

私は自分の可能性を知っている。ロンド・ファン・フラーデレンのような200kmを超えるレースは、その一つではない。

他のフランドル地方のレースでも、私にはチャンスがある。多くのシナリオは、より短いレースで書くことができる。

また、ワウト・ファンアールトとマチュー・ファンデルプールが戦闘に参加しなかった場合のシナリオもある。

 

3月25日のE3 Saxo Bank Classicと2022年3月30日のドワルス・ドール・フラーンデレンは彼の計画では太字になっている。

それらを示したのは、予測して早めに攻めるというメッセージにもなる。

独走力のあるヴィクトール・カンペナールツならば、同調して一緒に走るライダーも誘えるということか。

 

ヴィクトール・カンペナールツは、パリ~ルーベを夢みるかと、聞かれると。

もちろん。来シーズンは普通に乗るが、決勝で決定的な役割を果たせれば驚きだね。

なぜなら、タイムトライアリストからクラシックライダーへの転向は、1、2、3ではできないからだ。

そんなエンジンはまだ持っていない。今はその耐久性を高めるトレーニングをしている。

 

TTスペシャリストから、クラシックライダーへの転換も時間がかかるということだ。

 

高度の新しい試みはない

 

アレックス・ダウセットがアワーレコードにチャレンジし、英国のダン・ビンガムも来シーズン、再度アワーレコードにチャレンジする。

また、本命とも言われるフィリッポ・ガンナも来シーズンのアワーレコードチャレンジを表明している。

クラシックライダーとなった、ヴィクトール・カンペナールツは、自身の記録を破られたとしても、すぐにアワーレコードの新たなアタックを計画しているわけではない。

 

仮にアワーレコードを検討するとしても、メキシコには行かないだろう。

そうすると、高地でしか世界記録を更新できないのか、とまた批判されてしまうからだ。

しかし、それは私のキャリアの中でのハイライトであることに変わりはありません。

 

折角、クラシックライダーとなったのに、またTTスペシャリストに戻るのは難しい。レースを盛り上げるには、アタックを繰り返して沸かせてくれるほうが見ている側も面白いというものだ。

ヴィクトール・カンペナールツが目標とする3 Saxo Bank Classicとドワルス・ドール・フラーンデレンは、注目して見ておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました