ロードバイクの情報を発信しています!

シクロクロスベルギー選手権でティボー・ネイスは練習仲間の勝利を涙で祝う

海外情報
Keith JohnstonによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

ベルギー選手権シクロクロスで、Lidl-Trekのティボー・ネイスは序盤からトップに立つこともあり良いペースで走っていた。

だけど、最終周回では4位から6位まで落ちてしまった。ゴール後のインタビューに答えていた時に、練習仲間のウィツ・マタイス(Mathijs Wuyts)がゴール。

彼のゴールに感極まってしまった。

 

スポンサーリンク

ゴール後のイタンビュー中に

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

 

6位でゴールしたティボー・ネイスはインタビューに答えていた。その時に、13位でウィツ・マタイスがゴール。

インタビューを中断してトレーニング仲間であるウィツ・マタイスを祝福している。

 

 

ウィツ・マタイスは、13位で、エリートの中で契約のないクラブライダーとしてベルギーチャンピオンとなっている。

 

こちらはウィツ・マタイスのベルギーチャンピオン報告
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mathijs Wuyts(@mathijswuyts)がシェアした投稿

 

ティボー・ネイスのコメント

長い間、4位でいいように見えたけど、あの2人に追いつかれたときには何も残っていなかった。フェアなクロスだった。スタートから思ったような脚が出なかった。

スタートは良くなかったが、2周目には断固として前に出てましたね。

ここでは、調子が良ければ自動的にトップに立てるんだ。長い間いい感じだったけど、ギアが足りなかった。ペダルを踏み込んでも思うようにいかなかった。

トレーニング仲間のウィツ・マタイスが最初のクラブ選手としてゴール。彼はベルギージャージを獲得ですね。

僕らは毎日一緒に外に出ている。これは自分が優勝したのと同じくらい嬉しいことだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました