ロードバイクの情報を発信しています!

Lotto Soudalの若きクラシックライダーがAG2R La Mondialeに移籍する理由とは?

海外情報
photo Stan Dewulf instagram
この記事は約3分で読めます。

若きスタン・デウルフ(Stan Dewulf) は12月末にLotto SoudalからAG2R La Mondialeに移籍する。

デウルフは、石畳のクラシックの才能があるとみられている。彼が、AG2R La Mondialeに移籍すれば、ヘッドマンのオリバー・ナーセンをアシストすることになるだろう。

パリ~ルーベのU23で優勝した才能ある若手を放出する理由はなんだろうか?

 

スポンサーリンク

クラシックの才能があるスタン・デウルフ

photo Stan Dewulf instagram

 

22歳のスタン・デウルフは、2018年のパリ~ルーベ・エスポワールを制した後、8月1日から研修生としてLotto Soudalへ。

パリ~ルーベ・エスポワールはパリ~ルーベのU23レース。2012年にはボブ・ユンゲルス(Deceuninck – Quick Step)、2016年フィリッポ・ガンナ(Team INEOS)。昨年はイギリスのトム・ピドコックが優勝しており、若手のクラシックの適性が試されるレースだ。

 

手術翌日 photo Stan Dewulf instagram

スタン・デウルフは、2019年からLotto Soudalに正式に移籍したが、膝の問題を抱えており今年初めに手術をしている。

今年で契約の切れるスタン・デウルフは多くのチームからオファーを受けていた。彼が移籍するのは、AG2R La Mondialeで契約延長をしたオリバー・ナーセンのアシストのため。

 

オリバー・ナーセンの契約延長の際には、補強が約束されておりスタン・デウルフが争奪戦のトップに立っていた。

Lotto Soudalとしては、クラシックの才能のあるスタン・デウルフを手放すのは勿体ないがチームの方針なのだろう。

膝の手術をして未知数ということもあるはずだ。手術は今年の初めに行われており、すでに半年たっている。是非完治させて来年は飛躍の年として貰いたい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました