ロードバイクの情報を発信しています!

チーム・イネオスが大学在学中の18歳のカルロス・ロドリゲスと長期契約  

海外情報
Photo FundContaTeam twitter
この記事は約4分で読めます。

チームイネオスは驚きの発表をおこなった。なんと18歳の大学に通っているジュニアと契約したというのだ。

大学生は、スペイン人のカルロス・ロドリゲス18歳。ジュニアの経験しかなく、U23をスキップしてワールドツアーデビューを果たすことになる。

大学に通いながら、チームに合流するというのだが良くわからない??

 

スポンサーリンク

カルロス・ロドリゲス

カルロス・ロドリゲスが所属しているチームは、アルベルト・コンタドールが手掛け、イヴァン・バッソがマネージャーを務めるポーラテック・コメタ。スペインのコンチネンタルチームだ。

ロドリゲスは、スペインのジュニアタイムトライヤルを2年連続で獲得しているが、昨年の世界選手権ジュニアでの成績は、TTが34位。ロードが24位という成績。

今年のその他の成績は

主な成績
  • Gipuzkoa Klasika (1.1)  優勝 
  • Tour de Gironde International (2.1) Stage1優勝 総合優勝
  • Trophée Centre Morbihan (2.Ncup) 総合6位

 

一昨年、世界ジュニアでTTとロードの2冠を獲得した、レムコと比べると見劣りするような気がするけど。

 

 

photo Team INEOS

 

チーム・イネオスのスポーティフXabier Artetxeは

カルロスはスペインのレースでいくつかの良い結果を達成しており、過去2、3年で彼の年齢の最高のライダーではないにしてもその1人だ。

彼は将来的に大きく成長するはずだ。大きな一歩となり挑戦となるが、私達は彼の世話をする必要がある。

チームとしては育てていくつもりなのだろう。

ロドリゲスは、工学の学位を取得し、大学の研究とレースを組み合わせるという。大学に行きながらチームに所属するのだろうか??

ロドリゲスの脚質はオールラウンダーだと自らが言っている。チームとしては将来性を見込んでの契約なのだろうが、いきなり来シーズンからブロレベルで活躍出来るとは思えない。

これからプロの世界では、U23を通り越してブロ契約となる若い有能な選手が増えるのだろうか?

トレックでも、来シーズン世界ジュニアで優勝したクイン・シモンズがブロ契約を結ぶ。彼はすでに成績を出しており、プロチームのキャンプにも呼ばれるほどの実力がある。

 

チームイネオスは若い選手の発掘には余念がない。エガン・ベルナル、イヴァン・ソーサ、パヴェル・シヴァコフなど優秀な選手を早くから契約して開花させている。

逆に、チームの走りに合わないと思ったら1年で契約を切ったりするのだからシビアでもある。

カルロス・ロドリゲスは、将来大きく飛躍する可能性があるので4年もの長期契約を結んで育てていくつもりなのだろう。

ひょっとすると、スペイン人のグランツール制覇を将来見ることになるのかもしれない。

今後のカルロス・ロドリゲスの成長にも注目をして見ていきたいと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました