ロードバイクの情報を発信しています!

リチャル・カラパスとイアン・スタナードがポーロニュから去る

海外情報
Photo by Mantas Hesthaven on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

ツール・ド・ポローニュ第3ステージで見事な登りスプリントでリーダージャージをゲットしたリチャル・カラパス。

第4ステージのクラッシュで、ジャージは破れパンツも破れるほどの落車。

結局、16位となってしまったが、第4ステージをスタートすることなく去ることになった。

 

スポンサーリンク

イネオスは5人で戦う

確かに、リチャル・カラパスのケガはヒドイ。ジャージは、肩も背中も破れている。

衝突による皮膚の喪失と打撲が腹部と右腰の右側にある。落車の際にハンドルバーでも打撲しているようだ。

大事を取って、最終ステージを走らないことになった。リチャル・カラパスの次のレースはイル・ロンバルディア。

9月7日からのティレーノ・アドリアティコに出場し、ジロを目指す。第3ステージを見る限り調子は良いみたいだが、最終ステージを走らずに去るのは残念なことだろう。

 

イアン・スタナードはリタイヤ

photo Ian Stannard twitter

イアン・スタナードも同じ場所でクラッシュしており、その場でリタイヤ。

肩を脱臼しており、病院に運ばれ専門治療のために英国に戻る。イアン・スタードはかってツール・ド・フランスの常連メンバーだったが、最近はツールにも呼ばれない。

昨シーズンはブエルタに出場したが、彼自身の勝利は2018ツアー・オブ・ブリテン以来ない。

33歳という年齢と、若手の突き上げがあり、来シーズンの契約を取らないといけない時期に離脱は厳しい。

 

しかし、それにしてもイネオスのメンバーの活躍は、このポローニュではエディ・ダンパーくらいではないか?

特に、ローハン・デニスはどうしているのか、全く力を発揮していない感じ。ジロに出場するメンバーが多く出ていたレースだったが、不安の残るレース結果となってしまいそうだ。

最終ステージは5人勝利を目指すことになるが、最後はフラットだし難しいだろう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました