ロードバイクの情報を発信しています!

レムコ・エヴェネプールは、タディ・ポガチャルのワット数を上回るパワーを発揮 ブエルタのライバルとなるか?

海外情報
Photo by Wolfgang Hasselmann on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

レムコ・エヴェネプールは、ツアー・オブ・ノルウェー第3ステージの厳しい登りで、爆発的なパワーを発揮して勝利した。

 

この時、レムコは30分間で6.5w/kgを記録したと言う。

Quick-Step Alpha Vinyl Teamのチームボスであるパトリック・ルフェーブルは、今年タデイ・ポガチャルが出した記録よりも優れているという。

だが、これを手放しで喜んでいる訳ではないようだ。

 

スポンサーリンク

条件で異なる

 

パトリック・ルフェーブルは、自転車レースには多くの要素があり、体重1kgあたり何ワットのパワーを出せるかは、レースに勝つために必要な要素のひとつに過ぎないという。

しかし、それでも彼は、レムコの数字とポガチャルの数字を比較し、ベルギーの若きスターは、彼のキャリアの中で最も優れたライダーであるとも述べている。

 

レムコは今年最高のクライミングパフォーマンスを達成したと、あらゆるところで読んだ。木曜日、彼は30分間キロあたり6.5ワットを記録した。

これはタデイ・ポガチャルでさえ、今年は達成できなかっただろう。

レムコ自身も過去最高の値だと話している。それらのデータはライダーにとって参考となるものだが、私には喜びを感じさせない。

正確な体重がわからず、コース戦術や風向き、前回のコースも考慮しない場合、キロ当たりのワット数にどんな価値があるのだろうか?

あまり気にしていない。タデイ・ポガチャルより良い成績を残すことは、レースで彼に勝つことなんだ。

キロあたり6.5ワットだからといって、レムコがいきなりブエルタの有力選手になるわけではない。

 

走りについては称賛している。Alpecin-Fenixのジェイ・ヴァインとINEOS Grenadiersのルーク・フラップが後ろについていても慌てず、精神的にも安定していると。

まあ、これまでのレムコならば、前に出やがれとジャスチャーしたりしてましたからね。

さらに、スプリントで小集団を制したことも成長の証だと言う。

 

体重を絞るばかりではなく、バランスが重要で、レムコの太ももはかなり太くなっている。進化するレムコはブエルタではタデイ・ポガチャルのライバルとなるだろうか?

それは、すぐに結果がわかるはずだ。将来のライバルとしてタデイ・ポガチャルに一泡吹かせる場面も期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました