ロードバイクの情報を発信しています!

プリモッシュ・ログリッチ 私はサイクリングターミネーターではない!

海外情報
Photo credit: tnssofres on VisualHunt.com
この記事は約7分で読めます。

2021年、プリモッシュ・ログリッチはまたしてもジェットコースターのようなシーズンを過ごした。

2021ツール・ド・フランスで大クラッシュして棄権した後、東京オリンピックのタイムトライアルで金メダルを獲得。さらにクラッシュを乗り越えて3度目のブエルタ・ア・エスパーニャを制した。

勝利や幸せの瞬間と同じように、クラッシュや敗北がログリッチのキャリアを形成し、彼の性格を鍛えてきた。

レースに勝つ方法はロボットのように見えることが多かったが、敗北と失望は彼をより人間的にした。

今では、逆境に直面しても笑顔を絶やさず、自分を奮い立たせて再び挑戦する姿が広く称賛されている。

 

スポンサーリンク

私はターミネーターではない

 

彼はプロサイクリング界のターミネーターのように見えるが、回復力のある顔の裏にははるかに人間味があると主張している。

 

私はサイクリング・ターミネーターではない。それは私自身のことでは決してない。

私は人生の困難を問題としてではなく、挑戦としてとらえたいと思っている。レースも人生も、そうやって生きていくとうまくいくと思うんだ。

今、世界で起きていることは、私たちに人生を楽しむことの必要性を思い出させてくれる。もし、私がレースやトレーニング、痛みや苦しみを楽しめないのであれば、何か他の喜びを感じられることをするだろう。

また、私は声高に話したり、目立ちたがり屋ではない。私たちのスポーツでは、テレビではなく、路上で自分の脚を使って何ができるかを示さなければいけない。

あきらめずに戦い続ける姿が好まれるのだと思う。私は、あきらめないことについて、ある種のメッセージを伝えていると思うし、人々はそれを評価してくれると思うんだ。

 

2021年の高揚感と沈滞感

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Primoz Roglic(@primozroglic)がシェアした投稿

 

ログリッチは、2007年にジュニア世界タイトルを獲得したものの、プラニツァでひどい事故に遭ったこともあり、2012年にプロスキージャンプに背を向けた。

その後、デュアスロンを経て自転車競技の世界に入り、自転車のキャリアを加速させる。

ログリッチのキャリアは超高速。他のスポーツから自転車競技に参入した遅咲きで、すべてを素早く学ばなければならなかった。走り方を学ぶ必要があるし、苦しみ方を学ぶ必要があった。

2021年のシーズン、ログリッチは間違いなく苦しんだ。パリ・ニースの最終ステージで転倒し、総合優勝の可能性を失ってしまう。

 

しかし、その後立ち直り、イツリア・バスクカントリーでタディ・ポガチャルを破って優勝。

ツール・ド・フランスでは、第3ステージでソンニ・コルブレッリと衝突し、ボロボロになってしまう。

レースを続けようとしたが、重要なステージでタイムを失い、アルプス山脈でひびが入り、最終的にはティーニュへのステージでリタイヤした。

 

しかし、パートナーのローラ、幼い息子、そして熱狂的なファンが、高地でのトレーニング時によく訪れるスキーリゾートで彼を出迎えた後、彼は慰めのビールを掲げ、笑顔を見せた。

ツール・ド・フランスは彼抜きで行われ、同じスロベニア人のタデイ・ポガチャルが再び優勝。しかし、ログリッチは後ろを振り返らず、トレーニングを続け、レースを続け、再び勝利を手にする。

浮き沈みを多かった2021年のシーズンについて、ログリッチは次のように語る。

 

クレイジーだったよね。しかし、それは素晴らしく、楽しく成功した。私はそれを楽しんでいる。

シーズンはあっという間に終わってしまった。最初のレースのために空港に車で向かっているように見えて、2、3ヵ月後には最後のレースに行くことになる。その間には多くのことが起こり、浮き沈みがあった。

超ハードなトレーニングを行い、ツールに向けて準備万端だったが、運に見放され、転倒してしまい、最終的には棄権するしかなかった。その結果、最悪のツールとなってしまった。

オリンピックに間に合うように回復すると思っていたが、実際には、長い間乗れなかったため、出場を決めるのがとても遅かった。

出場前の最後の数日間は調子が良く、トレーニングも行ったが、ロードレースではレース開始時から梨状筋の痙攣と痛みに悩まされたんだ。

日本ではロードレースの前に、朝6時15分くらいに出発しなければならず、3時間もバスの中で座っていたので、やはり辛かった。

30kmを過ぎたあたりから痙攣や筋肉痛を感じるようになった。なんとか完走したが、タイムトライアル前の2日間は痛みがひどかった。

うまくいくとは思っていなかったが、タイムトライアル当日は痛みもなく、自分の好きな種目を走ることができて、ようやくハンマーを手にすることができたと感じた。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Primoz Roglic(@primozroglic)がシェアした投稿

 

ログリッチは、東京で3人しかいないスロベニア人の金メダリストの一人であり、帰国後は当然ながら祝福された。

しかし、彼はトレーニングを続け、前を向き続け回復を完了させ、ブエルタ・ア・エスパーニャに再び挑戦する。

2020年のブエルタがリチャル・カラパスとの接戦だったとすれば、2021年は彼とチームがより統制のとれた戦いを展開した。

第10ステージで、オドクリスティアン・エイキングにリーダージャージを着せ、その後、ログリッチがアストゥリアスの難関山岳で主導権を握り、最終タイムトライアルでも勝利した。

ブエルタ3連覇の偉業を成し遂げたログリッチは、シーズン最後のグランドツアーを制したことについて次のように語る。

 

シーズン初めにブエルタを走ることを計画したことはなかったが、いつも勝ってきた。それが物語っているね。

今年は完璧だったよ。最初から最後まで楽しめた。

 

ポガチャルは自分を押し上げる

 

ログリッチはオフシーズン中にパートナーのローラと結婚し、ビーチでの休暇を楽しんだ。

彼は間もなくサドルに戻るが、2022年のグランツールの目標は、12月にスペインで行われるJumbo-Vismaのトレーニングキャンプで決定されるだろう。

彼はJumbo-Vismaのツール・ド・フランス勝利に向けて再び先頭に立つことになりそうだが、執着はない。

 

でも、僕が学んだように、もしツールに勝てなくても、それが世界の終わりではないんだ。

ツール・ド・フランスでは、常に超一流の選手がたくさんいて、優勝したければ、その全員を打ち負かさなければならない。

それが自転車競技のルールであり、ツールのルールなんだ。もしタデイでなければ、大本命はエガン・ベルナルやクリス・フルーム、あるいは他の誰かになるだろう。

タデイは自分をベストな状態にするために、私を後押ししてくれていることを学んだ。

彼がいなければ、僕はここまで良くならなかっただろう。彼は私や私たち全員に挑戦を課してくれている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました