パワーライダーの練習方法

今日は休みを取って安野往復練に行ってきました。

ようやく朝方は涼しくなってきたようで、今朝は25℃ほどです。向かい風がきつくタンタンと先頭交代していてもまだまだ汗ばみますねえ~。

まあ、今日も刺激をいれる程度で途中区間はサイクリングペースです。

エンシェアチームに抜かれる

馬坂は、べらぼーに遅いので私が前でヒイコラ言ってあがります。だんだんとエンジンのかかりが悪くなってきてますねえ~。

下って先頭交代すると、ワンピースのエンシェアユニフォームのI選手に抜かれます。こちらも40キロは出ていたと思いますが、軽~く離れていきます。まあ、いいっかとスル―ですが正解でした。
I選手は、朝練でインターバルしてから勤務先に向かっていたようで足は終わっていたとか??

安芸飯室のワビさび道が通行止め

困ったことに、安芸飯室のワビさび道が工事の為に通行止め。止むなく国道を走りますが、ここは危険です。微妙な勾配と交通量も多いので通りたくない道です。

向かい風もきつくて、ペースあがらないので交代して貰うと登り勾配なので前に出れません。あまり後ろも振りむけないので難しい区間です。av

安野TT

いつものごとく、平坦区間に入ってからジワジワとペースを上げて40キロで巡航。

少し引きが長かったのか、最後は失速してしまいました。二人だと体調が良くないとペースを維持するのも難しいですね。少し登っているのもあるでしょうね。

パワーライダーインタビュー

安野で長い~休憩を取っていると、またまたエンシェアユニフォームのa選手が現れました。

ツールドゆうのヒルクライムを25分で上がるとか。40代の年齢別ではトップですね。

その練習方法を聞いてみると、平日はローラーメインのようです。

  • 10分アップ
  • 体重の5.2倍 300wで巡航40分
  • 10分クールダウン

パワーメーターと心拍計をつけて、かなり目一杯頑張っているようです。

ヒルクライムレースの長さと、空港のレースのラスト2周を想定しての40分という時間のようです。

今朝は、I選手と春日野でインターバルをして、これから吉和のほうを回って来ますとイツテました。足が終わっているとは思えないですよね。

私のようにリハビリの時にテレビみながらダラダラ流しているのとは訳が違います。

パワーライダーには科学の力がいるのか

パワーライダーと言えば、現在アンカーで走る東大工学部卒の西園選手が有名です。一度現役を引退してアマチュアとして再出発して2016年には全日本タイムトライアルチャンピオンに輝きました。

自転車競技が面白くて複雑なのは一本の方程式が説明してくれる
 僕はロードレースがとんでもなく面白くて、飽きないものだと思っている。だけどそれを人に伝えるのはすごく難しいことだとも実感することが多い。  これまでロードレースを見ていなかった人に面白さを伝えようとすると、大概YouTubeからレースの動画をひっぱってきて解説を試みる。これはアルデンヌクラシックとよばれるタイプのレ...

私は、西園氏のこの理論を少しみて、静かに閉じました。数式を見ただけで頭痛が~^^;

研究しないと、頭使わないと速くはなれないんですね!

彼が大学生の時には授業前に真っ暗な部屋でろうそく1本の光で1時間ローラーを回していたとか。何かの宗教なのでしょうか??  ローラー教?  神がやどらないと中々出来ないですよね。凄いです。

ネコポプラ休憩

また、国道を通らないといけないので久々にネコポプラで休憩です。

いつものごとく、全く愛想もスマイルもない奴であります。可愛い顔の子は前にコズ^^;

サイクルライダーは、エサをくれない事をわかっているのか暑いのか、今日は車のカゲから動きませんでした。

追い風TT

馬坂前も、メカニック師匠から大きく遅れてしまってたので、最後の太田川TTくらい頑張ろうと思ってました。

追い風なのですが、所々風向きが変わる部分があって微妙にギアが重くなります。スタートから43キロくらいで飛び出さないと4分切りは出来ないのですが、40キロしかでまへん。

次の交代で47キロにあげるのですが、どうもキープが全く出来なくてペースガタ落ちです。

やっぱりの4:01でした。

でも、まあ週の中日にこれくらいの距離走れたら、いい感じですね!
スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする