ロードバイクの情報を発信しています!

ペリョ・ビルバオはツアー・オブ・アルプス2度目の勝利を亡くなったミケーレ・スカルポーニに奉げる

海外情報
Photo by Josh Hild on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

4月22日は、トレーニング中にスマホを見ていた運転手にはねられて死亡したミケーレ・スカルポーニの亡くった日として知られている。

スカルポーニの死から4年後、元アスタナのチームメイトであったペッリョ・ビルバオ(Bahrain – Victorious)は第4ステージで凄まじい下りのスピードによって勝利を得た。

勝利をミケーレ・スカルポーニに奉げるためにリスクを冒して下ったのだ。

 

スポンサーリンク

特別な日

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Bahrain Victorious(@teambahrainvictorious)がシェアした投稿

 

ペッリョ・ビルバオは、下り出す前にはサイモン・イェーツ、アレクサンドル・ウラソフ、ダン・マーティンよりも後ろだった。

かなり登りでは遅れていたはずだったが、下り出してからのスピードは凄まじかった。

これらの降下は毎日行うべきではない。毎日これらのリスクを冒すことは不可能だが、今日は特別な日だった。

この勝利をミケーレ・スカルポーニに捧げたかったので、全力でくだった。

自分にとって完璧なフィニッシュだと思っている。また、トップで数秒を失ったことで、フロントグループに戻ることができると確信した。

ペッリョ・ビルバオの鬼気迫る走りには、絶対に勝ってやるという強い意志があった訳だ。

ビルバオは、2018年にもツアー・オブ・アルプス第1ステージでミケーレ・スカルポーニに勝利を奉げている。この時には、天を指さしていた。

これは、ミケーレ・スカルポーニが、亡くなる前の2017ツアー・オブ・アルプス第1ステージで勝利したことの複製だ。

ペリョ・ビルバオにとっては、どうしても勝ちたい日で2度目の勝利もミケーレ・スカルポーニに奉げている。

 

ミケーレ・スカルポーニとフランキー

ミケーレ・スカルポーニは陽気な人でトレーニングではインコと一緒に走っていたことで有名だ。

こちらは一緒に走っている時の様子。

 

コンゴインコのフランキーは、ミケーレ・スカルポーニがトレーニングで通っている道で待っている。

ミケーレ・スカルポーニが亡くなった後も、ずっと3年間待っていたそうだ。最近はアントニオ・ニバリ(Trek – Segafredo)の背中に乗っているみたい。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Daniele Mangiaterra🇮🇹(@daaniele_20)がシェアした投稿

 

フランキーはよほどサイクリストが好きなようだ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました