ロードバイクの情報を発信しています!

2021年のワールドツアーレースでの各チームの勝利数は?

海外情報
Image by Wokandapix from Pixabay
この記事は約5分で読めます。

2021年シーズンもイル・ロンバルディアでワールドツアーレースは全て終了。

ちなみに、プロレースは10月24日のロンド・ファン・ドレンテがヨーロッパツアーの最終レースだ。

ワールドツアーの統計を見ると、19のワールドチームすべてが最高のカテゴリーでレースに勝つことができている。

一方、11チームが5勝以上をあげることが出来ず、2階層になっていることがわかる。

 

スポンサーリンク

チーム別ワールドツアー勝利数

  1. Deceuninck – Quick-Step  25勝
  2. Team Jumbo – Visma 19勝
  3. Ineos Grenadiers 16勝
  4. Bahrain – Victorious 16勝
  5. UAE Team Emirates 14 勝
  6. EF Education Nippo 11勝
  7. Bora – hansgrohe 8勝
  8. Lotto Soudal 8勝
  9. Team DSM 5勝
  10. AG2R Citroen 4勝
  11. Astana-Premier Tech 3勝
  12. Team Movistar 3勝
  13. Team Qhubeka NextHash 3勝
  14. Intermarché Wanty Gobert 3勝
  15. Israel Start-Up Nation 3勝
  16. Trek – Segafredo 2勝
  17. Groupama – FDJ 2勝
  18. Team BikeExchange 2勝
  19. Cofidis 1勝

 

やはり、ウルフパックの強さは群を抜いている。マーク・カヴェンディシュが4勝。サム・ベット4勝、ファビオ・ヤコブセン3勝と3人で11勝をあげた。

3人だけで他チームの勝利数を上回るのだから、どれだけ強いと言えるのか。

上位5チームには、全国チャンピオンが集結しており、国際的タイトルも全て独占している。

  • オリンピックロードチャンピオン イネオスのリチャル・カラパス
  • オリンピックTTチャンピオン プリモッシュ・ログリッチ
  • 世界チャンピオン ジュリアン・アラフィリップが2年連続
  • 世界TTチャンピオン イネオスのフィリッポ・ガンナが2年連続
  • ヨーロッパ王者 ソンニ・コルブレッリ

わずかに、ヨーロッパTT王者にGroupama-FDJのシュテファン・キュングがなったくらいだ。

 

今年は、コロナの影響により4つのレースがキャンセルされた。

  • EuroEyes Cyclassics Hamburg
  • Grand Prix Cycliste de Québec
  • Grand Prix Cycliste de Montréal
  • Gree-Tour of Guangxi

そのため全体の勝利数は9ほど減っている。来年には全てのレースが開催されることを期待したい。

ちなみにプロチームでは、Alpecin-Fenixが14勝。EOLO-Kometaが1勝している。

 

全ての勝利数

#TeamWinsTop-3sTop-10s
1 Deceuninck – Quick Step65150288
2 Team Jumbo-Visma43101196
3 INEOS Grenadiers3378205
4 UAE-Team Emirates3294222
5 Bahrain – Victorious3079180
6 BORA – hansgrohe3074183
7 Groupama – FDJ2251133
8 Trek – Segafredo1958158
9 Israel Start-Up Nation1765182
10 EF Education – Nippo163397
11 Movistar Team1554154
12 Lotto Soudal1233104
13 Cofidis, Solutions Crédits1242128
14 AG2R Citroën Team1133140
15 Astana – Premier Tech1147142
16 Team BikeExchange935119
17 Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux933127
18 Team DSM836130
19 Team Qhubeka NextHash52588

 

こちらは、まだすべてのレースが終わってないので暫定だけど、勝利数トップはDeceuninck – Quick Stepで間違いない。

下位チームは、来シーズン相当頑張らないとスポンサー離れが加速してしまいそうだ。予算が減ると、それだけ良いライダーが集められないし勝つことも難しくなる。

プロチームトップはAlpecin-Fenixの32勝。ワールドツアーチームと比べて遜色ない活躍だ。こちらはAlpecinがスボンサー契約を2025年まで延長しており、チームも安泰となっている。

来シーズンに向けてチームの編成があるかもしれない。 Team Qhubeka NextHashはライダーに移籍先を探せと言っており、いまだにスポンサーの目途もたっていない。

チーム自体が無くなる可能性も高い。勝たなければ仕事もなくなる厳しい世界だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました