ロードバイクの情報を発信しています!

ミゲルアンヘル・ロペスはレース出場がないのにディズニーランドでドーピング検査を受ける

海外情報
HenningEによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

なんと、ミゲルアンヘル・ロペスは家族でディズニーランドに旅行中にドーピング検査を受けている。

現在、ミゲルアンヘル・ロペスはUCIから暫定的なレース出場停止処分を受けている。

 

つまり、レースにも出場していないのに、ドーピング検査を受けたということだ。これは、ちょっとあまりにも理不尽では。

 

スポンサーリンク

朝から検査

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miguel Ángel López Moreno(@miguelsuperlopez)がシェアした投稿

 

ミゲルアンヘル・ロペスは、レース出場はしていないけれども、引き続きドーピング検査対象者だそうだ。

フロリダ州のディズニーランドで家族と旅行中にリゾート内のホテルでドーピング検査を受けたという。

ミゲルアンヘル・ロペスはInstagramで以下のように語っている。

「今朝起きた出来事に驚いている。このことを公の場で言いたくなかったが、長い時間が経ったのでその時が来た。

私が経験している状況、UCI から約 5 か月にわたる暫定出場停止処分を受けていること、そして今日の時点で私が自分の将来についてまったく何も知らないことは誰もが知っている。

今ディズニーホテルにいるが、私は協力し、彼らが私に求めたことを実行してきた。私は情報や統制と協力してきたんだ。

なぜなら、私は多くの出来事を乗り越えてきたからだ。彼らがわざわざここに来るのなら、私のために問題を解決するために同じ手間をかけさせて、急いで調査し、私の好きなことをする許可を与えて貰いたい。

なぜなら私は何も隠していないし、潔白だからだ。私はそれとは何の関係もありません。」

 

ミゲルアンヘル・ロペスは、2023年に在籍したTeam Medellin – EPMと2024年の契約は結んでいない。

つまり、2024年に走るチームさえ見つかっていない。UCIからの暫定出場停止処分が無くならない限り、宙ぶらりんな状態でいることになる。

しかし、ディズニーで遊ぶ前に検査を受けていたのでは、楽しさも半減するでしょうね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました