ロードバイクの情報を発信しています!

ミゲルアンヘル・ロペスがUCIから暫定の出場停止処分を受ける レースには出れない?

海外情報
UnsplashDrew Haysが撮影した写真
この記事は約2分で読めます。

2022年12月12日にAstana Qazaqstan Teamから解雇されたミゲルアンヘル・ロペスは、現在コロンビアのTeam Medellin – EPMで走っており勝利を重ねている。

 

ただ、ブエルタ・ア・サンファンを総合優勝してからは、プロレースには出場出来ておらず、2クラスのレースで勝利を重ねている。

だが、これもUCIによって暫定的な資格停止処分を受けたことで、レース出場は出来なくなりそうだ。

 

スポンサーリンク

今後は

 

国際自転車競技連合(UCI)は、国際検査機関(独立アンチ・ドーピング機関)の調査により、アンチ・ドーピング規則違反の可能性が指摘されたため、これを決定した。

UCIは、2022年ジロ・デ・イタリアまでの数週間、ミゲルアンヘル・ロペスが禁止薬物を所持・使用した可能性を疑っている。

最終決定まで、ミゲルアンヘル・ロペスは一時的に出場停止となった。

UCIの決定は、スペイン市民警備隊とスペインのアンチ・ドーピング組織CELADからの証拠に基づき、物議を醸した芸術家マルコス・メイナルに対するITAの最近の調査によって促されている。

 

ITAは世界アンチ・ドーピング計画(WADA)によって2018年に創設された独立したアンチ・ドーピング機関で、2021年1月1日からはUCIのアンチ・ドーピングプログラムの運営も担当している。

このような処置が出れば、ヨーロッパでのチーム探しは無理だろう。疑いが晴れるまでは、コロンビアで走り続けることになりそうだ。

ただ、それも出場停止となれば話は別だ。Team Medellin – EPMは、ロペスを見捨てないというが、果たしてどうなることか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました