ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第12ステージ ヨン・イサギレがゴールで耳たぶを何度も触った意味は?

海外情報
Holger KraftによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

第12ステージでは、最後の2級山岳からCofidisのヨン・イサギレがアタック。

見事に30kmの逃げを成功させた。後続にはJumbo-Vismaのテッシュ・ベノート、Groupama – FDJのティボー・ピノもおり、実力的には最強とは見られていなかった。

それでも、最後まで逃げ続けることに成功したのは、後続でチームメイトのギヨーム・マルタンが全てのアタックを封じ込めていたからだ。

これがなければ、追走が追いついていたことは容易に想像がつく。

 

スポンサーリンク

耳たぶを引っ張る

YouTube動画より スクリーンショット

 

第12ステージのフィニッシュ後、多くの人々が抱いた疑問……なぜヨン・イザギレはゴールの最中に耳を引っ張ったのか?

左の耳を4回、右の耳を4回。なんだったのか?

 

すぐにスペインのメディアが、その謎を教えてくれた。テレビ番組で司会者が解説してくれている。

「スペインでは、誰かの誕生日を祝うときに耳を引っ張る習慣があるんだ。今日はイザギレの小さな娘、イラヤの4歳の誕生日だったんだ。

だからヨン・イサギレは4回も娘の耳を引っ張らなければならなかったが、ツールでのステージ優勝もいい誕生日プレゼントだ。

娘さんの誕生日でなければ、彼は優勝できなかったと確信している。それは100%余分なモチベーションだった。

もしかしたら、彼は事前にこの走りをうながしたかもしれない。今日の逃げ集団に入るのは、かなりくじ運が良かったはず。

でも、いったん先頭に立つと、余分なパワーが生まれるんだ。」

 

これで、疑問が解けましたね。ゴールスプリントだったら、こんな暇はなかっただろうけど、たっぷりと時間があったので走りながら考えていたのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました