ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールは石畳でJumbo-Vismaを打ち破る!

海外情報
Photo by Avinash Kumar on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

マチュー・ファンデルプールがオランダ選手権ロードで超人的な働きを見せて勝利している。

なんとJumbo-Vismaは9人。対するマチューのチームメイトは兄のディビットとオスカー・リーズビーグの3人。

どうやって、マチュー・ファンデルプールはJumbo-Vismaを打ち破ったのか?

 

スポンサーリンク

勝負を分けた石畳み区間

photo NK Wielrennen

オランダ選手権は7.3kmのサーキットで行われた。これを25周回する予定だったが、途中の大雨により2周短縮。182.5kmから167.9kmに。

上のコースマップを見てもわかるようにテクニカル。しかも9%勾配の登りが毎週回に出て来るサバイバルコース。

ほぼ、クローズドなのでコロナ対策はばっちりだ。

 

photo sunweb twieer

スタートしてすぐに下っていく。この部分が石畳みのようになっている部分。

 

photo NK Wielrennen

スタートしてすぐには、かなり人数いたんですけどね。

 

お分かりだろうか、マチュー・ファンデルプールはとても細い石畳みでない部分を選んで走っている。これも凄いテクニックだ。

 

残り50km地点でアタックをかけたマチュー・ファンデルプールにおいつけたのは5人のみ。まだJumbo-Vismaが2人いた。追いついても交代を首を振っていやがるほど疲れていたけど。

マチューはとにかくJumbo-Vismaのメンバーを落としたかった。

 

そして、繰り出されたのが残り44km地点でのアタック。以下の動画が決定的な場面を見せてくれる。

Mathieu van der Poel, champion des Pays Bas sur route 2020

 

マチュー・ファンデルプールは

何度かアタックしたが、石畳が最も難しい場所だったので、一番いい場所だとわかっていた。Jumbo-Vismaライダーがさらに3人戻ってきたので決断した。

前に出て彼らを連れていきたくなったので、決定的な動きをした。

実際にはかなり早い時期だった。もちろんJumbo-Vismaからではなく、別のチームからのライダーを望んでいたけど、一人ですぐに30秒のすき間ができたので、そこからは私のすべてをぶつけて走った。

 

Jumbo-Vismaはマチュー・ファンデルプールの残り50kmのアタックには反応して追いついている。だが、最後のアタックでは誰も反応出来ていない。

Jumbo-Vismaは、マチュー・ファンデルプールには完敗だったと認めている。3位にティモ・ローセン(ROOSEN Timo)が入るのが精一杯。

Jumbo-Vismaが、9人いても止められない超人的な動きだったと言って良いだろう。

マチュー・ファンデルプールは2018年に続いて2度目のオランダチャンピオンとなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました