ロードバイクの情報を発信しています!

マーク・カヴェンディシュ記録更新ならず

海外情報
https://twitter.com/markcavendish
この記事は約5分で読めます。

マーク・カヴェンディシュは、キス病からの復活を目指して頑張っていた。

ツール・ド・フランスの前哨戦として、ツアー・オブ・スロベニアに出場して良いスプリントをチームに見せる必要があった。

 

しかし、ツアー・オブ・スロベニアの結果は良くなかった。

各国のナショナルチャンピオンシップが行われ、カヴェンディシュもイギリスナショナルチャンピオンシップに出場。

こちらの結果もイマイチだったのだ。

 

スポンサーリンク

復活を目指したレース結果

https://twitter.com/markcavendish

 

ツアー・オブ・スロベニア

まず、ツアー・オブ・スロベニアの結果

  1. Stage1  97位
  2. Stage2  108位
  3. Stage3  82位
  4. Stage4  61位
  5. Stage5  55位

総合88位。

スプリンターとして、まずスプリントに絡むことが出来ない。ゴールにたどり着けないのだ。

カリフォルニアツアーでも、そうだったが少し厳しい山岳になると遅れてしまう。以前のカヴェンディシュの力はまだまだ戻ってきてない。

しかも、全盛期の頃ならば3人くらい山岳でもアシストがついていたが、今は一人ついている程度。

実際、スロベニアのステージでは誰も彼のそばにはいなかった。

逆に、チームメイトのジャコモ・ニッツォーロはStage 1で2位。Stage5では優勝しているのだ。

Tour of Oman (2.HC)のStage6でも優勝しており、むしろ彼のほうにアシストがついていた。

 

 

イギリスナショナルチャンピオンシップ

こちらは、チームイネオスが暴れまくり集団スプリントにならない展開。それでも、カヴェンディシュはトップから3分50秒遅れの22位でゴール。

トップは、イネオスのベン・スウィフトだった。

 

記録更新はならず

 

マーク・カヴェンディシュは、ツール・ド・フランスで30勝しており、エディ・メルクスの34勝まであと4勝と迫っていた。これはベルナール・イノーと並んで歴代第2位の記録。

ようやく、キス病の症状も改善してきた所だったが、一気に元に戻れるわけではなかった。

スプリンターの仕事は最後にゴールで勝利を狙わなければならない。だが、ゴールまでたどり着けないのでは話にならないのだ。

当然、ゴールにつれていくアシストは必要だが勝利が望めないライダーに何人も割けない。

チームは、カヴェンディシュの記録よりも、ステージでの勝利を優先した。

 

Dimension Dataのスタートリスト

https://twitter.com/TeamDiData

 

マーク・カヴェンディシュの名前は、Dimension Dataのスタートリストになかった。

カヴェンディシュは2007年のレースデビュー以来、ツール・ド・フランスの出場を逃したのは今回が初めてだ。

 

Dimension Data uciiの規定
スタートリスト
  • エドヴァルド・ボワッソン・ハーゲン(BOASSON HAGEN Edvald)32歳 スプリンター
  • スティーブン・カミングス(CUMMINGS Steve)38歳 ルーラー
  • レイナルト・ヤンセファレンズバーグ(JANSE VAN RENSBURG Reinardt)30歳 スプリンター
  • ミケル・ヴァルグレン(VALGREN Michael)27歳 パンチャー
  • ロマン・クロイツィゲル(KREUZIGER Roman)33歳 クライマー
  • ジャコモ・ニッツォーロ(NIZZOLO Giacomo)30歳 スプリンター
  • ベン・キング(KING Ben)30歳 クライマー
  • ラースユティング・バグ(BAK Lars Ytting)39歳 ルーラー

 

Dimension Dataのスプリンターは、エドヴァルド・ボワッソンハーゲンとシーズン2勝をあげているジャコモ・ニッツォーロ。そして、レイナルト・ヤンセファレンズバーグが務める。

レイナルト・ヤンセファレンズバーグGP du canton d’Argovie (1.HC)で3位。ツール・ド・スイスでも10位以内でスプリントを3回果たしている。

その他のメンバーは、総合を狙うのではなく、ステージ優勝を狙っていく。

ベン・キング、ロマン・クロイツィゲル、ミケル・ヴァルグレンは、より厳しいステージでの勝利を目指すことになる。

 

3大スプリンターと呼ばれていたカヴェンディシュはツールに落選。

アンドレ・グライペルはツールに出場するが今シーズンはまだ1勝。

マンセル・キッテルはレースから遠ざかっている。

 

彼ら、3人が活躍することは、もうないのだろうか?   

3人がスプリントする場面をもう一度見てみたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました