ロードバイクの情報を発信しています!

軽量で空力的なレースバイク Wilier Filante SLR登場

機材情報
photo Wilier
この記事は約5分で読めます。

Wilierは、「実世界の空気力学」を念頭に置いて設計されたFilante SLRと呼ばれる新しいトップエンドロードバイクを発表。

これは電動コンポのディスクブレーキ専用モデルで、ホースとワイヤーは内部配線されており、フレーム重量は870gであると主張している。

Wilierの軽量ロードバイクであるZeroSLRよりも90g多いフレーム重量となっている。

 

スポンサーリンク

Wilier Filante SLR

photo Wilier

 

2021 Wilier Filante SLR
特徴
  • ディスクブレーキエアロロードバイク、電動専用設計
  • 通常よりも丸みを帯びたカットオフを備えたトランケートされたNACA翼型チューブプロファイル
  • 主張されたフレーム重量は870g、フォーク重量は360g
  • 完全内部ケーブルルーティング
  • HUS-Modカーボンおよび液体振動を低減するように設計された結晶ポリマー構造

 

Wilierは、既存のトップレベルのエアロロードバイクであるCento10 Proの場合と同様に、切り捨てられたNACA(National Advisory Committee for Aeronatics)エアフォイルをFilanteSLRのチューブプロファイルの基礎として使用。

ただし、違いはチューブ後部のカットオフにある。

 

photo Wilier

Cento10Proのような鋭いエッジはなく、柔らかいフォルムとなっている。実際に走る時には風洞実験のように綺麗な風ではない。

現実世界での走りを想定したフレーム形状でCento10Proと比べて大幅な空力の改善をしたという。

ただ、比較データは全く公開されていないので、どれくらい改善されたのかはわからない。

 

photo Wilier

FilanteSLRのフォークレッグはCento10Proのフォークレッグより7mm広くなっている。

 

photo Wilier

シートステイもフォークと同様に広がっている。この形状見覚えのある方もおられるかも。

ロータスとホープが協力して作成した、HB.Tトラックバイクに似ている。空力を追及するとこんな形になるのだろう。

 

 

photo Wilier

Filante SLRは、Zero SLRと同じ材料であるHUS-Modカーボンファイバーと液晶ポリマーでできている。

Zero SLRが発売されたとき、Wilierは、HUS-Modは「最高品質の繊維」のブレンドであり、液晶ポリマーが振動の吸収を改善するのに役立っていると説明している。

Filanteは、Cento10Proよりも11%軽量でありながら、非常に剛性が高いと言われているため、剛性と重量の比率が高くなっている。

 

内部ケーブルルーティング

photo Wilier

ブレーキホースとシフトワイヤー(ある場合)は完全に内部にあり、モノコックハンドルバー/ステムを通ってフレームに達する。

 

photo Wilier

統合されたステムサイズには5つの異なるハンドル幅に、ステム長:88mm、101mm、114mm、127mm、140mm、35mmのヘッドセットスペーサー(0mm、5mm、10mm、15mm、20mm、25mm、 30mm、35mm)の組み合わせが用意されている。

 

photo Wilier

フレームサイズは6種類。コンポは電動専用で、カンパ、Shimano、SRAMから選択。

最も高いモデルはCAMPAGNOLO SUPER RECORD EPS DISC 2X12がセットされ、ホイールはBORA WTO 33 DISC DARKが装備。価格は12400,00€(約150万円)。

最も安価なもので、Shimano ULTEGRA DI2 R8070がセットされ、ホイールはWHEELS SLR42KC DISCが装備。価格は8200,00€(約84万円)。

ただ、日本での販売は価格はフレームセット販売590,000円と、DURA-ACE DI2完成車1,200,000円とULTEGRA DI2完成車の販売のみとなっている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました