ロードバイクの情報を発信しています!

Lidl – Trekに移籍したライアン・ギボンズが南アフリカの2冠王に

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約6分で読めます。

2024年シーズンに、UAE Team EmiratesからLidl – Trekに移籍した、ライアン・ギボンズ。

南アフリカ選手権個人タイムトライヤルのタイトルに続いて、3日後に行われた南アフリカ選手権ロードでも勝利を挙げている。

ライアン・ギボンズが同一年で、両方のタイトルを取るのは初めてのことだ。

こちらはライアン・ギボンズのTTバイク
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Arch Cycles(@archcyclesza)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

南アフリカ選手権ロード ミッドバール~ミッドバール 182km

 

ライアン・ギボンズは2017年Team Dimension Dataでワルードツアーデビューを果たし、2017ツール・ド・ランカウェイで総合優勝。

2019ジロ・デ・イタリアではトップ10フニッシュを3度果たしている。2021年の南アフリカロードチャンピオン。

NTT Pro cyclingの消滅により、2021年にUAE Team Emiratesに移籍。2021ブエルタでは総合36位でフニッシュしている。

チームは層が厚くなったので、それ以降グランドツアーに出場したのは2023ジロ・デ・イタリアだけとなっている。

今回は、Lidl-Trekに移籍して初めてのレース。独走で、チームに新たなナショナルチャンピオンの誕生だ。

 

 

ライアン・ギボンズのコメント

本当に暑い日だったし、常に目標を背負っていたから、チームメイトなしでレースをするのは少し大変だけど、幸運なことに、私には良い友達が何人かいた。

今日は私の隅にいた。逃げはかなり早い時間に行われ、何人かの強力なライダーが含まれており、その差は一時約5分まで拡大した。

残り75kmくらいで、プロトンの2人の味方にもう少し頑張って走るよう頼んだが、他の選手が一緒に走ってくれないのはかなりマイナスだった。

残り70kmで単独でスタートし、ゆっくりと一人ずつ逃げを捕まえ、残り約40kmで最後の選手を捕まえた。しばらく一緒に走ったが、残り20kmで私が彼にアタックして単独でゴールした。

勝利を手にすることができて本当にうれしく思う。特に、勝利を期待されているときにプレッシャーがかかると、それがさらに楽しいものになる。

ダブルを達成し、Lidl – Trekで今シーズンを成功裏にスタートできることは夢が叶ったことであり、残りのシーズンを通して南アフリカの国旗を身に着けることを本当に楽しみにしている。

 

スポンサーリンク

リザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 GIBBONS Ryan
Lidl – Trek 100 4:17:16
2
 NORTJE Tristan
Team Honeycomb Pro Cycling 75 2:10
3
 VAN NIEKERK Morné
St Michel – Mavic – Auber93 60 3:47
4
 TERLOUW Jaedon
  50 5:21
5
 STEDMAN Travis
Q36.5 Continental Team 40 ,,
6
 HATHERLY Alan
  30 5:23
7
 JANSE VAN RENSBURG Reinardt
China Glory – Mentech Continental Cycling Team 20 5:26
8
 PRITZEN Marc Oliver
Team Honeycomb Pro Cycling 10 5:27
9
 CRAUSE Pedri
  5 5:29
10
 KIECK Blaine
  3 8:31
11
 GEARY Dillon
  3 8:32
12
 SCHUTTE Ryno
  1 9:03
13
 HOFMEYR Francois
  1 ,,
14
 MATHEWS Daniyal
  1 9:05
15
 BASSON Gustav
CR4C Roanne 1 9:08
16
 BUTLER Reynard
    9:09
17
 KLEINSMIT Jose
    12:32
18
 BELL Nico
    12:37
19
 ORMISTON Callum
Global 6 United   12:40
20
 LOUBSER Daniel
    18:46
21
 HAVENGA Brendan
    18:47
22
 GORDGE Kieran
    20:49
23
 BUYS Philip
    21:29
24
 DIKE Joshua
    21:35
25
 COUTAUD Marius
    21:40
26
 VAN DYK Jacob Charles
Team Honeycomb Pro Cycling   21:42
27
 DOWNES Brandon
    ,,
28
 VAN NIEKERK Juan
    23:15
29
 SHELLY David
    25:11
30
 SWANEPOEL Justin
    29:36
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました