ロードバイクの情報を発信しています!

コロナウイルスから生還したEF Pro Cyclingのライダー レースは大丈夫なのか?

海外情報
Photo by engin akyurt on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

イェンス・クークレール(Jens Keukeleire)はコロナウイルスから生還したことを発表した。

長く熱が続いたらしく、自分の最高の脚でサイクリングしていないことを認識している。

彼の症状はどんな感じだったのだろうか?

 

スポンサーリンク

感染時期は

VRT

イェンス・クークレールが感染したのは、オープニングの週末(2月29日と3月1日)の約2〜3週間後に病気になっており、ロックダウンが始まろうとしている前だった。

 

熱はあったが、それ以外は臭いや味覚の喪失などのコロナ症状はなかった。しかし、ウイルスは私をうまく捕らえた。

長い間熱があり、体の中に異常なものがあると長い間感じた。長い間疲れていて、しばらくのんびりしていた。

私は約2週間前に血液検査を受け、抗体検査で陽性反応を示した。また、心臓と肺に対して追加の検査を行わなければならず、これらの結果は良好だった。

再び自信を持ってレースをすることができるが、過去の間に私がしなければならなかったことができなかった。自分の状態を自分のレベルに保つことができなかった。

 

イェンス・クークレールはサントス・ツアーダウンアンダーに出場したあと、

  • Race Torquay 1月31日
  • Cadel Evans Great Ocean Road Race 2月2日
  • Omloop Het Nieuwsblad Elite  2月29日
  • Kuurne-Bruxelles-Kuurne 3月1日

に出ているがレースは関係ないかもしれない。正確にはどこで感染したかはわかっていない。

 

私の心は私を心配した

photo sporza

イェンス・クークレールは、ウイルスの影響を心配していたことを否定しない。

 

もし私が心拍リズムの問​​題を抱えていたら、私は別の方法でここにいたでしょう。

私の心は私を心配させた。

私が心拍リズムの問​​題を抱えていた場合、状況は異なる。多くのコロナ患者が心臓に影響を与えており、多くのライダーが心臓疾患のために近年停止しなければならなかったことを知っている。

それについてあまり考えたくなかった。

私の病気の期間中、チームの医師と毎日連絡を取った。彼によれば、私に会ったりテストしたりするのに十分なほど悪くはなかったが、それでもインフルエンザや風邪よりはひどかった。

コロナ特有の味覚の消失などはなかったようだが、インフルエンザよりもひどい症状だったというのは恐ろしい。

 

後遺症がないのは自転車選手にとっては朗報だが、やはりかからないことが一番だ。

私は前を見ることができると安心している。私はすべてが正常に戻っていることを、この3週間感じている。

私の体は与える刺激に正常に反応する。足は再び上向きになった。何も残っていなくて良かった。

時期的に、ロックダウンの最中であったのも不幸中の幸いだ。レースに復帰するのも全く問題ないだろう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました