ロードバイクの情報を発信しています!

2022ブエルタ総合12位のUAE Team Emirates ヤン・ポランツが突然の引退表明に

海外情報
Photo credit: dvdbramhall on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

2020ツール・ド・フランスでタディ・ポガチャルの総合優勝をアシスト。2022ブエルタ・ア・エスパーニャではアルメイダをアシストしつつ、自身も総合12位でゴールしていたヤン・ポランツ。

この度、5月15日をもってUAE Team Emiratesから退団することになった。

 

スポンサーリンク

原因は

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UAE Team Emirates🇦🇪(@uae_team_emirates)がシェアした投稿

 

ヤン・ポランツはチーム公式サイトで引退に至った経緯について語っている。

まず最初に、このプロセスにおけるチームと関係するすべての医師のサポートに感謝したいと思います。多くの検査や経過観察が必要でしたが、チームは私のそばにいて、答えを見つけ、正しい決断をするために働いてくれた。

また、この間、私のそばにいてくれ、私のキャリアにおいて良い時も悪い時も常に私を支えてくれた家族や友人にも、特別な感謝を捧げます。

ライダーとしてのキャリアを終えたいと願っていた方法ではないことは明らかですが、振り返ってみると、とても幸せになれると思う。

私はプロのサイクリストとして10年、UAE Team Emiratesとはキャリアの初期から一緒にいて、素晴らしい瞬間を共有してきた。これからの道でも、何らかの形でこのファミリーの一員であり続けたいと思っている。

今のところ、私の人生には他にもたくさんの美しいことが起こっているので、将来が楽しみです。そのことと、すでに達成したすべてのことに、とても感謝しています。

 

キャリア4勝

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jan Polanc(@polancjan)がシェアした投稿

 

ヤン・ポランツは、2013年Lampre – Meridaのtrainee(研修生)としてスタート。チームは2017年UAE Team Emiratesと名前が変わっている。

キャリアでの勝利は

  • 2015 ジロ・デ・イタリア第5ステージ優勝
  • 2017  ジロ・デ・イタリア第4ステージ優勝
  • 2017 スロベニア選手権タイムトライヤル優勝
  • 2022 トロフェオ・ライグエーリア

 

最新の勝利は2022トロフェオ・ライグエーリアでのゴール前からの逃げ切りで勝っている。

 

心臓の問題ということで、2023年は全くレース活動をしてしなかった。チームの重要なアシストの一人だったのに残念な結果だが、自分の身体が最も大切だ。

31歳で引退というのは、とても早い。今後の予定については分からないが、次の段階に進まないといけない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました