ロードバイクの情報を発信しています!

Bombtrackからオールラウンドに使えるHOOK EXT C登場

機材情報
PIROによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。

BombtrackのHookシリーズは、毎日の通勤から長時間のサドルワークまで、あらゆるシーンに対応する。

グラベルのスピリットを体現するHookシリーズに、2024年、BombtrackはカーボンEXT Cモデルを追加した。

 

スポンサーリンク

HOOK EXT C

こちらはプロモーションビデオ

 

Hookシリーズの他のバイクと同様、EXT Cはカジュアルなバイクパッキングからグラベル・レーシングまで幅広く対応する。

2024年モデルでは、T800カーボンフレームにT47 BBシェルとフラットマウント160/180mmキャリパーマウントを採用。

また、UDH(ユニバーサル・ディレイラー・ハンガー)も装備されている。

 

このバイクの新しいフレームは、オプションのインターナルケーブルルーティングや多数のマウントポイントなど、あらゆる改造が施されている。

また、Seido MGVフォークは、大きなタイヤクリアランス、インターナルケーブルルーティング、各フォークレッグに沿ったマウントを備えている。

ジオメトリー面では、フックEXT Cは大型フレームに404mmのリーチを装備。その他、ヘッドアングルは70.5度、シートチューブアングルは74度。

チェーンステイは、スモールからラージまで425mmから434mmまで伸びている。650bまたは700cホイールに57cタイヤを装着可能。

 

コンポーネントは、10-42Tカセットと38Tダイレクトマウント・チェーンリングで構成されるSRAM Rival 1xグループセットが、BombtrackのLyerクランクと組み合わされる。

コックピットはSealedのTackleハンドルバーで、16度のフレアが特徴。ホイールは、Hunt 4シーズン・グラベル・ホイールに40mmのWTBベンチャー・タイヤが装着されている。

 

HOOK EXT C spec

 

  • フレーム: 東レ T800 カーボンブレンド
  • フォーク: Seido MGV フルカーボン、内部ハブダイナモケーブルルーティング
  • シフター: Sram Rival 1 double tap 1 x 11
  • クランクセット: Bombtrack Lyer forged aluminium crank
  • リアディレイラー: Sram Rival 1, clutch, long cage
  • チェーン:  KMC X11 EPT Anti Rust chain
  • カセット:Sram XG-1150 11-speed, 10 – 42 T
  • ローター:Sram Centerline 180 mm front and 160 mm rear rotor
  • ホイール : Hunt 4Season Gravel hoops
  • タイヤ : 40mm WTB Venture タイヤ
  • ステム : Bombtrack Roam forged aluminium stem, -7°
  • ハンドルバー :  Sealed integrated aheadset
  • サドル:  Bombtrack Dart saddle
  • カラー : METALLIC BLACK、LIGHT BLUE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました